2015年 03月 28日 ( 1 )

『花粉と気密。』

b0122502_1648322.jpg

来週の水曜日はもう4月ですね。

入学進学入社新しい部署・・・と、

4月はスタートの季節でもあります。

学生時代の感覚が残っているというか(汗)

私だけじゃないと思いますが、4月は気分が改まりますよね。



そんなウキウキの季節ですが、ひとつ難儀なのが

「花粉」

ではないでしょうか?

私自身は花粉症ではないのですが、

周りの人はほとんどそうであると言って間違いないほど

皆が皆、様々な症状に悩まされています。

決定的な治療が難しいらしい点も悩ましいですが、

外にいるときはマスクなどで防御するしかないとして、

家の中では、どうでしょうか?



「花粉を室内に入れない」



が、必須です。



室内に花粉を入れない対処法として2点考えられます。



「建物として気密性を高める(外部の空気が室内に入りにくい)」



「洗濯物を外に干さない(持ち込まない)」



あと、外出から帰ったら”外で”はらう、もありますね。

(なので、玄関ポーチにある程度のスペースがあると便利)


”気密”に関しては、

暮らしてみて初めて実感を頂けるかと思います。

お客様にも花粉症をお持ちの方は多くて

最初のヒアリングや計画時に花粉と気密の話をします。

半信半疑の方も多いようですけど、

実際に住んでみたら、家の中にいると楽!なのにびっくりされます。

比較的新しいコンクリートの賃貸を除いて

壁やサッシの隙間から侵入する花粉に悩まされていた皆さんが

「いやー、びっくり! 家にいると楽なので助かります!」

と、おっしゃって頂きます。



もう一つの”洗濯物”ですけど、

日差しが明るく暖かくなると、洗濯物を日に当てたいのが人情。

吹き渡る風に洗濯物がなびいているとすっごく乾いているようで

気分爽快、嬉しくなります。

実際、風があると水分が飛んで乾きが良いのです。

しかし、長時間風に当てると花粉が・・・・・

となります。

なので、室内に洗濯物を干せるようにしてあると助かります。

実際、花粉だけでなく室内洗濯物干し場は年中活躍すること間違い無し!

外出時に急な雨でも心配不要、

冬場の気温が低い時でも湿度供給を兼ねて干せる、

家事動線が短縮できる・・・・・

なんたって、洗濯物は花粉だろうが氷点下だろうが、

否が応でも年中絶対にありますしやらなきゃならない家事ですから。



一番おすすめなのは、

西日が当たるところに外と中に干せるようになっていることですが、

立地条件でそうもいかない場合でも

洗濯機からそう遠くない室内に考慮しておくと助かります。

作業軽減のためにも洗濯機と同じ階であることも大切ですね。



早く花粉の季節が過ぎ去ることを願いますけど、

春は一年で最も心地良い季節なのですから

せめて、家にいるときは症状のツラさを忘れて、

澄み渡った青い空、眩しい光、色とりどりに咲く花・・・・・・

前回の記事じゃないですけど、

重く鈍い色合いの洋服から明るく軽い木綿や麻などの質感へと変わるウキウキ感。

春〜初夏を満喫できるといいですね。






エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
[PR]
by ntecj-yoko | 2015-03-28 08:44 | ちょっと注目

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30