新しい年、新しい始まりに向けて。

b0122502_1221144.jpg

今年も、今日が仕事納めとなりました。

一年が過ぎるのは本当に早いですね!

お客様、仕事関係者の皆様、大変お世話様になりました。
有難うございました。

いい年越しをして、いい新年を迎えて頂きたいと思います。


今年は、かねてから念願であり、
去年から準備を続けていた
「超高性能住宅」
に、取り組み、
実現が出来た記念の年となりました。


断熱気密を向上させ
ある特別な設備を導入すればイッチョ上がり!


では、
本当の快適と省エネが実現できません。


敷地に対するパッシブデザイン的な設計から始まり。
躯体性能、
暖冷房設備、
換気の手法、
これらに伴う日常の設備(キッチンなど)の決め方、
そして暮らし方。


ひとつでも欠けていたら
ノーストレスな室内環境は作れません。


そして、
家は、温熱環境だけでもなく、
というか、温熱環境はあくまでも背景であって、
(でも、この背景は入居後最も良かった!と思えるものです)
日々の暮らしを支える
細やかな設計やデザインが重要です。


ここで、ちょっとお目汚しで失礼致します。


b0122502_14303918.jpg


b0122502_14303658.jpg


この2枚は、私の自宅のデッキ部分で、
素材は、セランガンバツ(デッキ)、
レッドシダー(手摺:いずれも無垢材+自然塗料塗)です。

約6年が経過しています。

手摺(2枚目)の部分に屋根がなく、
紫外線、雨によって劣化が甚だしいです。

ものぐさな性格もあって
ほとんどお手入れをしていません。(汗)



b0122502_14305078.jpg


こちらは、
同じ年月(約6年)紫外線や風雨にさらされている
外階段の手すり部分です。

既製品の樹脂製です。

ほとんど劣化していません。
雨にぬれても、雑巾でサッと拭けばOK。

はい。




何を良しとして、何を選択するのかは
住まい手様側、作り手側、の主観によるところが大きいです。


私が、自宅の大規模リフォームを行って6年超が過ぎ、
50代も終わろうとする年代になった今、


何が何でも自然素材(自然エネ含む)命!


は、もう違うかな?


その自分の変化を年齢とみるか、
熱気が過ぎ去ったと感じるか・・・


ちょっと”大人な提案”が出来るようになったとは思います。(笑)


ケースバイケース、
使い分ける、
自分も無理をしない、
こだわり過ぎない
(結果お客様に無理をさせない)、
美しく”見せる”、


力を入れるところ、抜くところ、を見極める。


しかし・・・・・


温熱環境のクリエイトにはこだわり続ける。




それが、
省エネや最も重要な(でも目に見えにくい)健康に直結していることを
知っているからです。


新しい年も引き続き、
温熱環境づくりでは
より高いレベルを目指して
わき目を振らず邁進して参ります!


今年一年の感謝を込めて。
皆様にとっても新しい年がより素晴らしい一年になりますよう
心より願っております。


では、よいお年をお迎えくださいませ!!


SEE YOU NEXT YEAR!!



<お知らせ>

スタジオエンネのHPが 2017年10月17日(火)OPEN!しました!


<インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

[PR]
by ntecj-yoko | 2017-12-29 15:07 | 特別な家作り

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31