頑張らない暮らしのために。(KM5)その2

b0122502_1221144.jpg
毎日氷点下の朝を迎えている東広島市です。

b0122502_07182407.jpg


これは、このブログでお馴染みのアメダスデータの”表形式”です。

時間ごとの計測データが表示され、
計測ポイント地域の気温などが分かります。

これでみると、広島市と大体5℃近く差があります。

私は起床後このデータをチェックするのが習慣となっており
ここ最近は、毎朝
「うわ~・・・寒っ!」
からスタートする感じですね。(笑)

すぐそこの外気温が知りたい方は
自宅の外気温が室内からでもわかる温度計もありますよ。



さて、更新が滞ってしまいすみません!

「KM5」

は、お引き渡しに向けて最後の追い込み作業中です。


先日は、KM5の 冷暖房+換気 を賄うシステムの
チェックが行われました。


b0122502_09452757.jpg

チェックを実施して下さったのは、
ガデリウスの担当者さん。

有難うございます!

見えている機械は、「RKDR-KS」(全熱交換型換気システム)です。
室外から取り入れた空気を熱交換して室内へ給気、
室内から集めた空気を排気します。


エアコンに直結して連動しているのがこのシステムのキモです。


清浄化された空気が冷暖房されて、
ダクト配管により各部屋に運ばれます。


これによって、各部屋にルームエアコンを設置する必要もなく、
空気清浄機を各部屋に置く必要もありません。


せっかくの外観が台無しになる、
エアコンの外部配管も一つだけ。
(KM5では、正面から見えないところに配管を設置してあります。)


おまけに、全熱交換のため、
暖房で悩まされる”極度な乾燥状態”
にならないのです。


状態、風量共に問題なし。
あとは、工事中で冷え切っている室内の温度ムラを
少なくするため、しばらく試運転を続けます。



エアコンだけでなく、冷暖房は省エネの敵!
(特に暖房エネルギーは省エネの最大の敵!!)
小まめに操作する、
または、
我慢する、
などして省エネルギーに勤しんでいらっしゃる方も多いかと思います。



しかし、家の本来のあるべき姿は
心身を休め、
本来の自分を取り戻し、
明日への英気を養う場所のはずです。



最も快適で、ストレスとは無縁の場所であるべきですね。



その大切な場所が、
身(主に家計)を守るために我慢を強いられるのでは本末転倒。



特に、家では睡眠、入浴が行われ
最も無防備な状態になる場面があります。



中でも「睡眠」は、まさに無意識状態であり、
起きたらのどが痛かった・・・
という経験をお持ちではありませんか?



無意識の睡眠中こそ、
最も快適な(温度湿度)状態であるべき。




だと思うわけです。



寝るだけだからもったいないからと、
(灯油、ガスなどの燃焼系は危険だから、もありますね)
暖房を止めて就寝すると、
外気の影響で徐々に下がる室温の影響を受けるのは
人にとって大事な頭部です。



また、寒いからと布団を重ねて暖かくしていると
布団の中と室温との差は大きくなる一方。



夜中にトイレに行く際、
体温で暖められた寝具から出て、
冷えた室内~トイレ(基本は無暖房)への
温度差は約20℃近くにもなります。



室温が適度な状態でキープされていると、
布団も薄くて済み、
寝具の中と室温との差も小さくて済み、
温度差の影響を受けにくいわけですね。



寝る、入浴する、
無防備な状態で
頑張らなくて済むようにしたい。



だから、
外気の影響を最小限にすることが大前提なのです。



特別な設備は二番目に考えることであって、
高断熱高気密が一番大事、なのは
自分の身を守るためなのです。



頑張らなくても省エネはついてきます。
はい。



続きます!




<お知らせ>

スタジオエンネのHPが 2017年10月17日(火)OPEN!しました!


<インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

[PR]
by ntecj-yoko | 2017-12-23 07:51 | 特別な家作り | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31