『KM5』”うちは全部あったかい”全館冷暖房換気システムの家。その2

b0122502_1221144.jpg
いや〜、寒い日が続きますね。
運転中もレザーの手袋が手放せなくなりました。

そろそろ、タイヤ交換を予定しなきゃ、です。



さてさて、前回の続きです。

「KM5」
では、
2017年現在、
まだ珍しい(ほとんど普及していない)


”全館冷暖房・換気システム”


をご採用頂きました。


情報を集め、
複数の会社さんと相談。

しかし、
帯に短し、襷に長し・・・
ここはいいけど、これはイマイチかなあ・・・


最終的に「これだ!」と
行き当たったのが、
KM5にご採用頂いたシステムです。



今年の初めに遡ります。

KM5のお施主様と最初に家づくりのお話しをうかがった際、
ご希望にあったのは、


「耐震性」


でした。

地震や豪雨などの大きな災害は
いつ来るか不明であり、
特に地震は予測ができないとされています。

住まい手様が災害が起こる事を前提とし
それに”耐えうる家”をとご希望されるのは、

家は「シェルター」としての役割がありますから
当然の事だと思います。

耐震性に関しては、
地盤調査を実施し、
「SE構法」
をおすすめしてご採用を頂きました。


プランについては、
ご希望ご予算を踏まえた上で
比較してご判断を頂きやすいよう、2点を提示し、
そのうちの(私にとって)本命の方が採用となり、
いくつかの修正点を経て決定となりました。


本題となる”寒い、暑い”に対しても
ごく普通に、
寒くない、熱くない方がいいよね、
とお考えでした。



私にとっての課題は、


寒くない、暑くないをどの程度にするか、


です。


当初から私のイメージにあったのは


家中全部が寒くない、暑くないこと。


でした。


それは、
超高断熱高気密
でなければ実現ができないことも、
すでに分かっていました。



また、話しが逆算しますが(汗)、
丁度1年ほど前のこと、


きっとここには答えがあるに違いない
と、確信していた
2つの場所へ(無理やり)押し掛けました。






です。


場所は違えど2つのハイレベルな実践者のお話に
.38、
そして、
KM5
における答えのカギが見つかったのでした。



やはり、
ハイレベルで地道に真摯に実践をされている本物は全然違いました。
設計も、そして肝心の現場も。



それは、問題意識の持ち方、
実践されているからこそわかる課題、
そして解決補法。

なるほど、
ふむふむ、
こうなるんですね!?
やはり、そうですか!
素晴らしいっ!!


超ご多忙のお二方に無理をお願いして押し掛けたにも関わらず
とっても丁寧に、オープンにご対応を頂き、
感激しきりでした。
本当に本当に有難うございました。m(__)m


帰り道には、ちょっと軽くスキップしていたかもしれません。(笑)


そして、不思議なご縁に繋がって行くのです。


続きます。


<お知らせ>

スタジオエンネのHPが 2017年10月17日(火)OPEN!しました!


<インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

[PR]
by ntecj-yoko | 2017-11-25 21:25 | 特別な家作り | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31