好きの行方。その4

b0122502_1221144.jpg
めっきり日差しが明るく眩しくなりました。

月末近くには、桜も満開になるでしょうから、
どうりで花見弁当のチラシが多いわけです。

個人的には、寒い中でお花見は勘弁して欲しい方なので
(冷たいお弁当に冷えたビールとか、寒すぎる!)
お昼のランチがてらにお花見(とお弁当)が好ましいですね。


皆さんは、ご自分のファッションはどういう基準?で
選ばれていますか?

好みはもちろん、
体型などに似合うこと、
今の流行やTPOに合わせた配慮も必要ですね。

ファッションで重要なのが、


「人に与える自分の印象」


を演出する、こともあると思います。


「ステキですね。」


と、
言ってもらえる、
またはそう感じてもらい好感度がアップする、
ことは様々な自分のメリットに繋がります。


(流行りを押さえて横並びではなく、
”ちょっとだけ抜きんでる”こと
がポイントかと私は思います。)


このために必要なのが、
第三者目線ではないでしょうか。


ひたすら好きを追求するマイワールドではなく、
どう見えるかな?
を意識することで、
周りにも自分にも好ましい自分を演出できるような気がします。


「家」も同じ一面があるかと思うのです。


目立とう精神でパッと目をひく形も面白いですが、
選択した地域に最後まで住み続けることを前提とするなら、
「好ましい」
作り方を戦略として持つ方が、
ご入居されたその後がスムーズでしょう。


変わった形であろうが、
シンプル極まりない形であろうが、
間違いなく好まれるのは、


「清潔感」


ではないかと思います。
大事なことなので、太字&赤字で書きました。


清潔な印象の代名詞である「白」にしておけば
いいということではなく、
佇まい全体がクリーンであることで、ぐっと印象がアップします。


これって、ファッションも同様かと。


昨日参考としてアップした名作2点も、
(有利な敷地条件ではありますが)
クリーンな印象を受けませんか?


家を建ててそこに住むということは
地域の一員になることであり、
社会的な意味もあります。


周りに好まれる、
ことがいかにメリットをもたらすであろうことは
容易にお分かりですね。


まずは、一番最初から
無理なくクリーンを保てるような形と計画をしておきたいですね。



 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

[PR]
by ntecj-yoko | 2017-03-17 09:17 | 特別な家作り | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31