カーテンの選び方。

b0122502_1221144.jpg

おはようございます。

昨夜、チェックしていた気温予想通り
今朝も東広島市は氷点下になっていました。

b0122502_08482135.png
で、窓をチェックしたら・・・
下部分だけうっすらと結露があります。

う〜〜〜ん、忘れてた!

明日の朝は気温が下がると予報で確認した場合、
プリーツスクリーンを少しだけ”上げて”就寝するんです。

こうすると、結露が抑えられます。

昨夜はそれを忘れていたんですね。(泣)

結露の仕組みについてはこちらがなかなか分かりやすくまとめて
いらっしゃいますので、ご参考にして下さいませ。


新しいお住まいに入居される際に、
「カーテン」
を設置される方がほとんどではないでしょうか。

左右に引き分けができるこれですね。
b0122502_08583981.jpg
画像は、ディノスさんのサイトよりお借りしました。

下の画像は、プリーツスクリーンです。
画像は、TOSOさんのサイトからお借りしました。


b0122502_08515929.jpg
上下に動くため下を開けることが出来ます。

画像はかなりあげていますが、サッシの枠部分が見える程度で
いいと思います。


また、このタイプ(プリーツスクリーン、ブラインド、シェード)は
目線を遮るのにも有効です。

南側道路の場合が多いかと思いますが、
道行く人になんとなく見られてるような気がしますよね。

で、カーテンを閉めっぱなしになるケースも
お見受けします。

外から見えないミラーレースもいい選択ですね。


窓が大きいお住まいは特にですが、
インテリアとしての存在感も大きくなります。

また、光を取り取り込む役割がある「窓」に付随している性質上、
機能も求められます。


が、カーテン類は後々交換が可能です。


効果を考慮した上で選択し
お好きなデザインを楽しまれて、
また取り替えてもいいと思いますよ。


建築と違って、インテリアは取り替えが可能なのが
嬉しいですね。



 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

[PR]
by ntecj-yoko | 2017-02-26 09:11 | 特別な家作り

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30