怠け者の家。その7

b0122502_1221144.jpg
今日も湿度が高く、
蒸し暑いですね〜・・・。

この湿気が西日本の夏の最大のポイントです!


さて、現在工事が進行中のお住いで打ち合わせが続いております。

電気の配線計画と合わせ、
照明のご提案もしています。

照明器具の選択にはそのお住いの
「コンセプト」
が見える、
と言っては大げさかもしれませんが、
その一端は見えます。


「家」
そのものを長く使う前提であれば、
照明器具を含む設備機器類はいつかは交換(取り替え)の
タイミングが訪れます。


冷蔵庫などの重量がある家電類やエアコンなど、
明らかに専門の業者さんに取り替えを依頼するものであれば
自分が動いたり手を下す必要はないのですが、


照明器具は、
ご自分で取り替えをされる方も多いのではないでしょうか?


今はまだ蛍光灯の器具を継続利用されているケースもありますが、
新規でのご提案は、
ほぼ間違いなく「LED」のものです。


ご存知の方も多いかと思いますが、
LED
の光源寿命は約40,000時間です。


ざっと計算して、
1日あたり8時間の使用であれば、
約13年間くらい使えますね。


(その時の世の中がどうなっているかは
分かりませんが)


自分も13年ほど年齢を重ねていますから、


その時の自分(お客様も同じ)に、
「取り替え(交換)」
をさせる時、どうか、を考えるわけです。


現在、LEDの器具は
蛍光灯や白熱電球でお馴染みの
「電球交換」
をするのではなく、


「器具ごと交換」


のものが多くなっています。

b0122502_09420516.jpg

b0122502_09415103.jpg

この二つの壁付け型照明器具は
たまたま、ダイコー照明さんのものですけど、
デザインがよく似ています。


立体的にまあるい形状と
取り付け部分が見えにくい点が
素敵なデザインで、私のお気に入りです。


が、

上は、
「LED交換不可」


下は
「LED交換可能」


となっています。


つまり、「交換不可」ってことは
イマドキは照明器具も
”使い捨て”
の時代なんですねー。


私は、
この点(交換できるかできないか)を
器具を選ぶ際の選択肢の一つにしているのです。


取り替え時期が来た時、
交換不可の場合、
ご自分での”電気工事”は基本的に不可です。


まずは器具を手配し、
電気業者さんに来てもらい
取り替え、となります。


補助的な照明であれば
タイムラグがあってもまあよしとしますが、
主要な照明であれば、
待つ間に不便を感じるかもしれませんし、


当然ですが、
コスト(主に人件費)もかかります。


なので、


「出来るだけご自分で”交換”が可能であること」


を重視して、
器具を選択・提案しています。


使い勝手が全てではありませんし、
全てが交換可能にすることも
なかなか難しいのですが、


こいう些細なようでリアルなことが
ストレス少なく、
リラックスして、
暮らすための下支えとなりますから、
大切に考えています。


あと、交換の際の面倒を減らすため
あまり多種多様な器具を選択しないことも
気を付けています。


いろんな種類の電球があるのは
メンドクサイ、って思うからです。


長く「快適」に暮らして頂くということには
こういうことも含まれると思うんですね。


時代の変化は目覚ましく、
もしかすると、
使い捨ての方が割安になっているかもしれません。


あ、もちろん、
気に入ったものには
交換・メンテナンスにコストを惜しみません!
という考えも、あり!ですよ!


最終的にどちらを選択するかは、
コンセプトをお話しし、
照明器具だけではない
トータルデザインを含めたご提案をご覧頂き
ご相談の上で決めてています。


本番の暮らしが始まって
いかに怠けることができるか、
準備段階が大事です!




 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

# by ntecj-yoko | 2017-08-09 10:04 | 特別な家作り | Comments(0)

台風養生

b0122502_1221144.jpg



台風5号が接近しています。

b0122502_10034300.jpg
8月7日(月)午前9時現在の情報です。↑

台風の進路予想に当たっている地域の皆様は
どうぞ十分にご注意下さいませ。


工事が進行中の現場では、「台風養生」をして備えました。
現場の皆さんに感謝です。

b0122502_10064228.jpg

b0122502_10064636.jpg


b0122502_10065093.jpg

建築は自然の中に存在します。

恩恵もありますが、時には脅威でもあります。


情報を得て備えることが大切ですね。




 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

# by ntecj-yoko | 2017-08-07 10:10 | 特別な家作り | Comments(0)

怠け者の家。その6

b0122502_1221144.jpg
いや〜、昨日は猛烈な暑さでしたね!

この夏一番の暑さだったのではないでしょうか?

この暑さも台風が近づいていることと無関係ではないと思いますが、
明日には広島にも台風が接近する予報が出ておりますので、
皆様、どうぞご注意下さいませ。

現場は昨日、台風養生の作業が行われ
備えは万端です。



結構いい年齢になって、
着るものも注意?をするようになりました。

プチプラ系も愛用しておりますが、


「それ一枚でサマになる」


ものが有難いですね。

本当はスタイリングなどが欠かせないのでしょうが
不足するファッションテクを補うのは、
やはり、元々のデザイン。


で、よくチェックするのが




b0122502_09064033.png


画像は、サイトからお借りしました。
(このジャケットが素敵!欲しい!)


ここの洋服は、
着た時のフォルムがカッコイイのです。


パッと見て分かる装飾性でなく、
”形”がカッコイイ。


着ていると、たいてい褒められます。


私はシャツが好きなのですが、
素材や縫製に関するこだわりは、

単にいいもの(高級素材)を使っているということでなく、

どうカッコよく見せるかという視点から
選択されていると思います。


いい大人になると、
肌や髪のツヤが減少し、
着るものの素材や形を選ばないと

「あれ、お疲れですか?」

と、言われてしまったりします。
ハイ。


いいもの着てますね!
素敵ですね!
と言われる時、
多分、いや間違いなく、
トータルで判断されているはずです。


トータルのために、
上記のような細かい配慮がしてあるわけですが、
だから、一枚でサマになるものは
有難い。


よく、
50代なのに、30代に見える・・・
というキャッチコピーを見たりしますが、
私はそれは望まない。


若く見えたいわけじゃなくて、
カッコイイ、素敵な50代と言われると嬉しい。


マディソンブルーの洋服は
いい大人が”大人として素敵”に見える。
で、着ていても心地いい。


私も大人が素敵に映える、
そんな家を提案したいと思っています。




 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

# by ntecj-yoko | 2017-08-06 09:08 | 特別な家作り | Comments(0)
b0122502_1221144.jpg

週末に入って、今日からお盆休みの方も多いのではないでしょうか?
今朝の山陽自動車道はそれなりに混み合っておりました。

天気予報を見ると、
少し雨マークも出ていますが、
概ね晴れて暑さが厳しいようですので、

体調に気をつけつつ楽しいお休みをお過ごしくださいませ。



昨日は、
の勉強会が大阪であり、参加して来ました。

b0122502_09203596.png

b0122502_09210609.png


最初の講師は
野池さんです。

b0122502_08572023.jpg

快適な室内温熱環境を提供したいと考える会社さんで
知らぬ人はいない超有名な方ですね。

安定の分かりやすさと面白さ。

工務店業界だけでなく、
住宅業界に理系の考え方を持ち込んだ第一人者といっていいと思います。

野池さんご自身は現場でモノを作る人ではなく、
これは非常に珍しいケースなんですね。

大抵の場合、作る人が考えて実践するパターンです。

ご自身が作る人ではないからか、
様々な形態と考え方の会社さんに、
(押し付けでなく)
それぞれ柔軟に接していらっしゃる印象です。

昨日のお話も基本的なことでありながら
改めて勉強になりました。

有難うございました!


その後は、事例発表があり
実践されていらっしゃる会社さんたちの実施報告は
具体例としてものすごく参考になります。


「いい家」

とは、
目で見ていいなと感じるだけではダメで
体感も伴ってこそ、
と考える真摯な会社さんは、
建築と設備の最適解を求めて真摯に取り組んでいらっしゃいます。


造形ありきで、
設備は”後から(適当もしくはちょっと大きめに)付けるもの”では、
より良い快適な室内環境は出来ません。


省エネも、
暑いも寒いも我慢すればランニングコストを抑えることは可能ですが、


建築が温度環境を左右することが知れ渡っていなかった
20年ほど前ならともかく、
今は、そこ(我慢)はすでに終わり、
いかにより快適にするか、
にステージは移っています。


基本的な知識や技術をすでに習得した先進的な会社さんたちは、
もうもっと先に進んでいて、
進んだ先の話が、ごく普通に当たり前になっているんだな、


を、感じた日でした。


私も負けないよう
日々進化、日々勉強!
あるのみですね!




 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

# by ntecj-yoko | 2017-08-05 09:23 | 特別な家作り | Comments(0)

怠け者の家。その4

b0122502_1221144.jpg
相変わらず気温・湿度の高い日が続きますね。

が、気のせいかもしれませんが・・・
今朝の出勤時に、朝の陽ざしが何となく秋っぽい?ような
感じがしました。

気分的には8月いっぱいは真夏です。


工事が進行中の
「.38」
で、いろんな意味で重要なポイントである
「エーデルフェンスター」(ドイツ製サッシ)
が設置されました。


大人(男性)が5人がかりという、
かなり大変な作業となりましたが、お陰様で無事に設置完了。

皆さん、有難うございました!

b0122502_09440560.jpg

5人がかりでFIX部のガラス(トリプルガラス)を移動中。↑


.38 では、
エーデルフェンスター(U値:0.7W/㎡K)の他は
YKKの「APW430」(トリプルガラス:U値 0.91W/㎡K)を採用しています。

Low-eガラス、アルゴンガス入りです。
(日射取得型と遮蔽型を使い分けています)


熱の出入りをできるだけ抑えることで、
設備(.38ではエアコン)によって
室内温度環境をコントロールしやすくします。


そのためには、「窓」が最大のポイントなのです。


最重要ポイントである「窓」には、
コストを十分に掛けて頂く。


家づくりの”本番”である暮らしがスタートして
最小限の努力(?)で快適を得るための必須条件です。


暑い、寒い、に煩わされることなく
ゆったりとのんびりとリラックスが出来ること。


カンのいい方はお気づきかと思いますが、
怠け者ほど、
楽をしてメリットを得るための配慮を怠らないのです。



そのために、

「性能の(超)高い窓」

は、絶対的な条件です。





 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

# by ntecj-yoko | 2017-08-04 09:52 | 特別な家作り | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko
カレンダー