続・照明器具の選び方。

b0122502_1221144.jpg
梅雨入りして雨が降らないまま、
気温がじわじわ上がってきましたね。

今日も暑くなりそうです!



昨日に続いて照明器具の選び方です。

近頃は、ほぼすべての器具が”LED”になっており
省電力化はもちろん、
価格もこなれており、
それに加え、

光源としてのLEDの寿命が 
約40,000 時間のため
(一般的な蛍光灯で、約6,000~8,000時間。)
一日10時間使用したとして、
約10年間使用可能と予想されます。


しかし、長寿命になったとはいえ
いつかは交換の時期が来るわけで、
「その時」
を考えておかねばならないのは、どんな光源でも同じです。


こちら ↓ は、


b0122502_09142896.jpg
パナソニックのシーリングライト(天井付け型)の概要です。


一番下に小さく書かれている文字にご注目下さい。


「LED交換不可(LED内臓)」


とありますね。


これは、LED自体の寿命が尽きた時点で
器具ごと交換するタイプです。


もうひとつ、こちら。 ↓


b0122502_09175821.jpg
同じく、パナソニックのペンダントです。

こちらは左下に青に白抜きで


「LED交換可能(LED電球)」


とあります。

器具はそのまま、LED電球だけ交換すればOKです。
(ただし器具が劣化する可能性はあります)


どちらが適切か、
器具の使用箇所によって選択されるのがいいと思います。


概ね、
狭い場所での小型の器具類は電球交換タイプで
広いスペースの器具類は器具ごと交換でもいいかと思います。


ただし、
ご自分で交換が可能な位置に器具が設置されていることが
前提条件ですね。



私は、交換が可能である器具を中心にご提案しています。




 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

# by ntecj-yoko | 2017-06-19 09:25 | 特別な家作り | Comments(0)

照明器具の選び方。

b0122502_1221144.jpg

午前中は涼しいんですけど、
午後になると、じわじわ暑くなってきますねー。

今日もお天気が良さそうですので
暑さ対策をしっかりとしてお出かけ下さいませ!



週末は、現在進行中のお住いで打ち合わせが続きます。


進行に合わせて順次いろいろと決めていきます。


コンセント、スウィッチ、など電気関係を決める際
照明も一緒に決めるのが私のやり方。


ご存知のように、
照明器具には、
壁付け、天井付け、ペンダント、埋め込み・・・
など、取り付け方法に違いがあります。


取り付けによって配線も変わります。


では、照明器具(照明)の決め方ですが
住宅は「リラックスする場」が大前提ですから
やすらげる灯がいいと思います。


やすらげる雰囲気に加えて
もうひとつ重要なのが、
照明器具も設備である以上、
メンテナンスの時期が必ずやってくるということを
念頭に置く必要があるということです。


以前もこのブログで書いたので
覚えていらっしゃる方もあるかと思いますが、


マンションリフォームのご依頼を受け
事前調査に伺った際、
かなり高い天井に、シーリングライト(天井付けタイプ)が設置されており
とっくに切れた電球(その当時は蛍光灯)交換が出来ずに、
長い間そのままになっていらっしゃいました。


高い天井は開放感があっていいのですが、
「その後」
を考えた時、
脚立に乗って、不安定な足元で上を向いての作業が
どうであるか、
考えていた方が無難です。


余談ですが、
うちも、父が台に乗って天井の電球交換をしようとして
転げ落ちたことがあります。
ま、幸いに大きな怪我はしませんでしたが
高齢者だけでなく、誰でも起こりうることです。


解決手段として
手助けを請うのもテですが、
後々はそれでいいとして
(手助け = 費用は掛かりますが)
すぐに来てもらえないかもしれませんし
まずは、自分たちで何とか出来るようにしておくことが必要でしょう。


雰囲気も大事、
だけど、
もう一歩踏み込んで考えておくのも大事、
ですね。




 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

# by ntecj-yoko | 2017-06-18 09:10 | 特別な家作り | Comments(0)
b0122502_1221144.jpg
今日もカラリと晴れたいいお天気ですね。
週末とあって、
山陽自動車道も朝から車が多かったです。

日中の気温は高めとなりそうですので
特にアウトドアを楽しまれる方は
強い日射、紫外線などにご注意下さいませ!


某ファッションサイトをチェックしていたら
こんなテーブルに遭遇!

b0122502_08350668.jpg

うわ〜〜、ナマケモノには理想的。(笑)





リビング用のテーブルといえば、
ソファや椅子に合わせて、ちょっと小さくて低めのものが一般的です。


ほぼ毎日使うリビングテーブルの用途はまさに多様。


くつろぎながら”コーヒー”などのドリンク類を飲む、
食べ物も置くし、
雑誌や本も広げる、
イマドキはパソコンやタブレット、スマホも身近に置いておく方も多いのでは?


このソブロのテーブルはそんな今を生きる糸にとって
必要な要望を満たしていますね。


デザインも洗練されていてスタイリッシュな空間にマッチしそう。


特に、冷蔵庫機能とコンセントがあるのがいい!
(電源がどうなっているのかは未確認。充電式?)


ちょっと欲しいなあ(笑)


日本円で約7万円ちょっと(+送料)、とのこと。


リビング(だらだら)ライフを充実させたい方にはオススメ!


しかし、ますますソファから動けなくなりそう・・・



 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

# by ntecj-yoko | 2017-06-17 08:39 | 特別な家作り | Comments(0)

おもてなし、その2

b0122502_1221144.jpg
いいお天気が続きます。

現場で作業をされる皆さんにとっては、
すでに”熱中症”に注意が必要であるため、
日除け対策をしっかり取られているようです。


こちらは、これから始まる現場の様子です。


現場の進行には順番があります。
本格的な工事作業に備えて、
まずは仮設トイレ(ご覧頂いてすぐにお分かりと思います)、
仮設電気、
仮設給排水、
が準備されます。


b0122502_08410357.jpg


仮設トイレの横に見えるグリーンの小型の箱は
「保安ボックス」
です。

完成まで現場に必要なモノをしまっておきます。

ヘルメット、掃除用具、スリッパetc・・・

モノは位置が決まると片付くのは
ご存知の通り。


現場を運営する監督にとって
いかに片付いているか、も力量の一つです。


「片付けやすい」


ことが、キレイの基本。
現場は職人さんたちの仕事場です。

オフィス同様にいつもキレイでありたいですし
キレイだと作業もスムーズ、事故防止にも役立ちます。


また、トイレの位置も重要です。
閑静な住宅街では近隣の皆様にとってどうであるかを
考えて配置します。


トイレの位置一つで気遣いが見えますから
これも監督の力量、采配ですね。



整理整頓・些細な配慮は、
お客様、
職人さんたち、
そして近隣の皆様にとっても
大切なおもてなしです。




 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

# by ntecj-yoko | 2017-06-16 08:50 | 特別な家作り | Comments(0)

おもてなし。

b0122502_1221144.jpg
からりと気持ちのいいお天気が続きます。

梅雨入りしてから雨らしい雨が降っていないような気がしますが、
これからが梅雨の本番でしょうか。



「おもてなし」

という言葉は様々なところで見聞きしますね。

主に、接客業で使われているかと思いますが、
家づくりにも当然該当します。


私が一番のおもてなしだなって思うのは、


「メンテナンス」


ですね。

家を作るときはある種テンションも上がっていますし
勢いもあります。

作ることは楽しいことですから
あまり苦になりません。


本番は住んでから。


入居時の嬉しさ楽しさは
日が経つにつれ、どうしてもトーンダウンしてきます。

どんなに奇抜な設計デザインであろうとも、
「住んでいる」 = 日常の暮らし
ですから、
繰り返しのルーティーンの一部、もしくは背景となって来ます。


ド派手なファッションも見慣れると
刺激が薄れ、慣れて来ます。
それと同じではないかと思います。


モノに寿命がありお手入れが必須なのは
家も同じ。


しかし、
メンテナンスに掛けるコストと手間は
作るときとは大違い(笑)

豪華キッチンはワクワクでも
修理に多大なるコストって、

ワクワクどころか、
”イラっと”しませんかね?


「メンテナンスがしやすいように」

「できるだけメンテナンスリスクを低く」


は、コストだけでなく
手間、
面倒、
も軽減できます。


設計時、施工時にできる
住んで頂いて後からわかるおもてなし。


メンテナンスは、
適正なタイミングで適正な方法で行うことが重油なポイントです。


虫歯と同じで
経過とともに悪化はしても、
治る可能性はほとんどありません。


定期点検もおもてなしの一つ。


作った側がその責任において点検を実施する。


当たり前のようですが、
なかなかできないおもてなしなのです。


もちろん、エヌテック(&エンネ)は実施していますよ!


適切なタイミングで点検、
適切なメンテナンスの実施。


ご家族と一緒に人生を歩む相棒である「家」を
長く元気に使って頂くための、
大切なおもてなしです。





 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

# by ntecj-yoko | 2017-06-15 13:21 | 特別な家作り | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko