<   2017年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

b0122502_1221144.jpg

今年も、今日が仕事納めとなりました。

一年が過ぎるのは本当に早いですね!

お客様、仕事関係者の皆様、大変お世話様になりました。
有難うございました。

いい年越しをして、いい新年を迎えて頂きたいと思います。


今年は、かねてから念願であり、
去年から準備を続けていた
「超高性能住宅」
に、取り組み、
実現が出来た記念の年となりました。


断熱気密を向上させ
ある特別な設備を導入すればイッチョ上がり!


では、
本当の快適と省エネが実現できません。


敷地に対するパッシブデザイン的な設計から始まり。
躯体性能、
暖冷房設備、
換気の手法、
これらに伴う日常の設備(キッチンなど)の決め方、
そして暮らし方。


ひとつでも欠けていたら
ノーストレスな室内環境は作れません。


そして、
家は、温熱環境だけでもなく、
というか、温熱環境はあくまでも背景であって、
(でも、この背景は入居後最も良かった!と思えるものです)
日々の暮らしを支える
細やかな設計やデザインが重要です。


ここで、ちょっとお目汚しで失礼致します。


b0122502_14303918.jpg


b0122502_14303658.jpg


この2枚は、私の自宅のデッキ部分で、
素材は、セランガンバツ(デッキ)、
レッドシダー(手摺:いずれも無垢材+自然塗料塗)です。

約6年が経過しています。

手摺(2枚目)の部分に屋根がなく、
紫外線、雨によって劣化が甚だしいです。

ものぐさな性格もあって
ほとんどお手入れをしていません。(汗)



b0122502_14305078.jpg


こちらは、
同じ年月(約6年)紫外線や風雨にさらされている
外階段の手すり部分です。

既製品の樹脂製です。

ほとんど劣化していません。
雨にぬれても、雑巾でサッと拭けばOK。

はい。




何を良しとして、何を選択するのかは
住まい手様側、作り手側、の主観によるところが大きいです。


私が、自宅の大規模リフォームを行って6年超が過ぎ、
50代も終わろうとする年代になった今、


何が何でも自然素材(自然エネ含む)命!


は、もう違うかな?


その自分の変化を年齢とみるか、
熱気が過ぎ去ったと感じるか・・・


ちょっと”大人な提案”が出来るようになったとは思います。(笑)


ケースバイケース、
使い分ける、
自分も無理をしない、
こだわり過ぎない
(結果お客様に無理をさせない)、
美しく”見せる”、


力を入れるところ、抜くところ、を見極める。


しかし・・・・・


温熱環境のクリエイトにはこだわり続ける。




それが、
省エネや最も重要な(でも目に見えにくい)健康に直結していることを
知っているからです。


新しい年も引き続き、
温熱環境づくりでは
より高いレベルを目指して
わき目を振らず邁進して参ります!


今年一年の感謝を込めて。
皆様にとっても新しい年がより素晴らしい一年になりますよう
心より願っております。


では、よいお年をお迎えくださいませ!!


SEE YOU NEXT YEAR!!



<お知らせ>

スタジオエンネのHPが 2017年10月17日(火)OPEN!しました!


<インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-12-29 15:07 | 特別な家作り | Comments(0)
b0122502_1221144.jpg

KM5のクリスマスのお引き渡しが終わって
早いもので、2日ほど経ちました。


「温かいです!毛布一枚で寝ています。」


という連絡を頂き、ホッと一安心。


そうなんです、
ちゃんとした高断熱高気密であって、
暖房計画もきちんとなされていれば、


床壁天井ともにムラのない状態で
部屋が満遍なく暖かいため、


少ない寝具、
薄い寝間着でOK。



なんです。


これって、寝るのにすごく楽ですよね!
重い布団で肩が凝る・・・という話も良くお聞きしますし。


そして
少ない寝具、薄い寝間着、
となると、
収納(押入れ)に布団がぎっしり!状態
は不要、


よって・・・

収納が少なくてOK、ってことになります。


追加で、室内での厚着も無くなります。


気流なし、温度ムラなし、
の快適さは
文章でお伝えしようとしてもなかなか伝わらないのが
歯がゆいところ。


百聞は一見(体験)にしかず!
ということで
KM5のお住まいをお借りしての見学会
お施主様にご相談中です。


決定致しましたら、
また、ブログ、HPでお知らせ致します!


今年は明日が仕事納めとなります。


このブログも、明日で一年の締めくくりです。


ではまた明日!!



<お知らせ>

スタジオエンネのHPが 2017年10月17日(火)OPEN!しました!


<インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-12-28 16:51 | 特別な家作り | Comments(0)
b0122502_1221144.jpg
毎日寒い日が続きます。

今年も残り少なくなりました。
ラストスパートですね!



さて、
クリスマスの日、
「KM5」
のお引き渡しがありました。


少し工事が残ってしまいましたが
お施主様のご厚意で、先にお引き渡しをさせて頂く事が出来ました。
有難うございます!


完成したお住まいの様子を少しお披露目です。


b0122502_17081182.jpg



b0122502_17080263.jpg



b0122502_17075991.jpg




b0122502_17075347.jpg


浮いて光るトイレ、レストパル。何となく幻想的ですね。↑
玄関収納(下駄箱)もフロートデザインにこだわったのは、
お掃除がしやすいだけでなく、軽やかに見せたかったからでもあります。



b0122502_17075036.jpg




b0122502_17092832.jpg




b0122502_17074624.jpg

タテにスッと入った明かりが見えるのは、玄関引戸。(YKKAP:断熱ドア、コンコード)

スマートキーといって、車と同じように
タッチ、もしくは、リモコンで開閉が出来ます。

鍵穴がありませんので、防犯性も高いです。

手荷物が多い時など、
車から鍵を開けて玄関に入れます。
テストした時から、これは便利!と感激!

ハイテクは人をラクにしてくれますね。
私は、最新技術は積極的に取り入れる派です。




エアコン+全熱交換換気システムの冷暖房も
試運転を継続した結果、
1階~2階の温度ムラが大分解消されてきました。


もう少しすると、ほぼ温度差はなくなると思います。


高断熱高気密の最大の利点は、
上下左右の温度差がかなり少ない点です。


今のような冬時期ですと、
窓や壁の断熱性が悪いと、
”冷輻射”があり、
いくら暖房をしても、体感温度が下がってしまいます。


人は、暖房器具の温度だけを感知しているのではなく、
床壁天井からの影響を受けて、

「寒い」

を判断しているのです。


床壁天井の断熱性の高さ、
高性能な開口部(窓:KM5は、APW430と、トリプルシャノン)
が必須なわけです。


躯体や屋根だけ、窓だけ、では
いまひとつ快適性に劣ります。


やるならちゃんととことん!ですね。


KM5は、
本物の高断熱高気密にする!
頑張らない暮らしが出来る家にする!


と固く決意してスタートし、


基礎断熱を精巧に作ってくれた基礎屋さんから始まって、
初めて取り組む断熱施工に真摯に取り組んで下さった大工さん、
気密性を取るため初めての部材を使いこなして下さった電気屋さん、
同じく給排水屋さん、
家具屋さん、
建具屋さん、
畳屋さん、

本格的な断熱施工の指導に当たってくれたHさん、

特に今回は、初めて取り組んだこともあって
試行錯誤の現場となって苦労を頂いた
エアコンとシステムの配管施工を担って下さった業者さん、
ガデリウスさん、
その代理店さん、


多忙な中、熱心に現場の采配に取り組んでくれた
現場監督の土井長君、
そして、頻繁に現場を訪れて下さった野坂社長。
陰ながら尽力を頂いたエヌテックスタッフの皆さん。


また、
毎週の打ち合わせで、
工事期間中はお休みがほぼなかった状態だったはずの
お施主様。


皆様、本当に有難うございました!


ホコリを溜めたくないとか、
スッキリシンプルにしたいと言って
面倒な作業をお願いしましたが、
お陰様で、予想以上の出来になったと自負しております。


建築は、順番にしかできません。


いきなりキッチンが設置されるのではなく、
順番を経て、ゴールに辿り着くものです。


私が一人張り切っても出来ません。


初めから完成まで、誰一人でも欠ければ出来ませんでした。


お施主様の暮らしは始まったばかり。
これから、データを採取させて頂くなどして
検証をしたいと思います。


家中どこでも温度差なく、
気流感なく、
温度ストレスがほとんどない暮らし。


日常生活のストレスも出来うる限り排除するよう
考えました!


住まい手様には、


何も意識せずに暮らして欲しいです。


ストレスがない状態とは、
無意識であるということ。


だから、
奇抜なものも、
強い自己主張も入れませんでした。


KM5は、
これから徐々に住まい手様の色に染まっていくでしょう。
その変化が楽しみです。


温度湿度環境を含めたお住まいを背景として
皆様が映えることが一番です。


長い間楽しい家づくりをご一緒させて頂き、
有難うございました!


これからの
「KM5」
が、実力を発揮する本番です。


高断熱高気密の家で
全館冷暖房換気の暮らし、
正直言って、うらやましいです!!(笑)


お引き渡しはひとつの区切りですが
お付き合いはこれから長く続きます。


とりあえず、年明けにご様子を伺うためお邪魔させて頂きます。


今後ともどうぞ末永くよろしくお願い致します!




<お知らせ>

スタジオエンネのHPが 2017年10月17日(火)OPEN!しました!


<インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-12-27 17:46 | 特別な家作り | Comments(0)
b0122502_1221144.jpg
今日はちょっとだけ寒さが緩みましたね。

とはいえ、やはり冬本番、
今年も残り少なくなり、
クリスマス(今日ですね!)、年末年始と行事が盛りだくさんです。

体調を崩さないようにして、
楽しみながら一年をしめ括りたいですね。



さて、

KM5

は、ほぼ完成、
写真でご紹介です。


b0122502_17171728.jpg



b0122502_17164073.jpg


土間と床の段差を10センチ(標準の半分)とした玄関。

段差が少ないのは、年齢問わず使いやすいと思います。



b0122502_17163697.jpg


玄関収納は、”フローデザイン”(浮いてます)。

掃除がしやすいだけでなく、軽やかさが最大のポイント。

天井もふさいで、ホコリの溜まる部分なし!


b0122502_17164386.jpg

引戸を開けると、

先ずは、ちらっと見えるアイランドキッチンでお出迎え。



b0122502_17162919.jpg

うす暗くてすみません!

プリーツスクリーンから漏れる光が優しいリビング。

ダイニン、キッチン、畳スペースと一体になった
皆が集う空間です。


b0122502_17163242.jpg

1階のトイレも、浮いてます。

こちらも、軽やかで、
掃除のしやすさは抜群!
タイルの床でキレイをキープしやすいトイレになりました。



b0122502_17162528.jpg

2階のリビングは、日当たり抜群!



全体的に

「軽やかさがあること」

「シンプルでインテリア(家具類など)を邪魔しないこと」

を目指しました。


「KM5」は”木の家”ですが、
木の家であることにこだわり過ぎない”ことを提案しました。


私が感じる木の家の良さは、
”床の足触り”
が、最も心地よく、
次に木の香り、
そして、木目や色合いの持つ視覚的な柔らかさでしょうか。


しかし、傷や汚れがつきやすいのも事実です。


家で営まれる暮らしは、
”ハレ”より、”ケ”が大部分を占めます。


お手入れに追われる暮らしは
年々、月日を重ねるごとに
住まい手様の負担となります。


最初は、やるぞー!
と、張り切っても、
徐々に続けることがストレスになっては


リラックスするための家が
元も子もありません。


自分たちが自分たちで続けられることを大切に、
末永く気持ちよく暮らして頂くこと。


創るのも、暮らすのも頑張り過ぎないこと。


KM5 は、
ステキ、というより、



「チャーミングな家」


になったのではないかと、自負しています。

いよいよ、明日はお引き渡しを迎えます。





<お知らせ>

スタジオエンネのHPが 2017年10月17日(火)OPEN!しました!


<インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-12-24 17:44 | 特別な家作り | Comments(0)
b0122502_1221144.jpg
毎日氷点下の朝を迎えている東広島市です。

b0122502_07182407.jpg


これは、このブログでお馴染みのアメダスデータの”表形式”です。

時間ごとの計測データが表示され、
計測ポイント地域の気温などが分かります。

これでみると、広島市と大体5℃近く差があります。

私は起床後このデータをチェックするのが習慣となっており
ここ最近は、毎朝
「うわ~・・・寒っ!」
からスタートする感じですね。(笑)

すぐそこの外気温が知りたい方は
自宅の外気温が室内からでもわかる温度計もありますよ。



さて、更新が滞ってしまいすみません!

「KM5」

は、お引き渡しに向けて最後の追い込み作業中です。


先日は、KM5の 冷暖房+換気 を賄うシステムの
チェックが行われました。


b0122502_09452757.jpg

チェックを実施して下さったのは、
ガデリウスの担当者さん。

有難うございます!

見えている機械は、「RKDR-KS」(全熱交換型換気システム)です。
室外から取り入れた空気を熱交換して室内へ給気、
室内から集めた空気を排気します。


エアコンに直結して連動しているのがこのシステムのキモです。


清浄化された空気が冷暖房されて、
ダクト配管により各部屋に運ばれます。


これによって、各部屋にルームエアコンを設置する必要もなく、
空気清浄機を各部屋に置く必要もありません。


せっかくの外観が台無しになる、
エアコンの外部配管も一つだけ。
(KM5では、正面から見えないところに配管を設置してあります。)


おまけに、全熱交換のため、
暖房で悩まされる”極度な乾燥状態”
にならないのです。


状態、風量共に問題なし。
あとは、工事中で冷え切っている室内の温度ムラを
少なくするため、しばらく試運転を続けます。



エアコンだけでなく、冷暖房は省エネの敵!
(特に暖房エネルギーは省エネの最大の敵!!)
小まめに操作する、
または、
我慢する、
などして省エネルギーに勤しんでいらっしゃる方も多いかと思います。



しかし、家の本来のあるべき姿は
心身を休め、
本来の自分を取り戻し、
明日への英気を養う場所のはずです。



最も快適で、ストレスとは無縁の場所であるべきですね。



その大切な場所が、
身(主に家計)を守るために我慢を強いられるのでは本末転倒。



特に、家では睡眠、入浴が行われ
最も無防備な状態になる場面があります。



中でも「睡眠」は、まさに無意識状態であり、
起きたらのどが痛かった・・・
という経験をお持ちではありませんか?



無意識の睡眠中こそ、
最も快適な(温度湿度)状態であるべき。




だと思うわけです。



寝るだけだからもったいないからと、
(灯油、ガスなどの燃焼系は危険だから、もありますね)
暖房を止めて就寝すると、
外気の影響で徐々に下がる室温の影響を受けるのは
人にとって大事な頭部です。



また、寒いからと布団を重ねて暖かくしていると
布団の中と室温との差は大きくなる一方。



夜中にトイレに行く際、
体温で暖められた寝具から出て、
冷えた室内~トイレ(基本は無暖房)への
温度差は約20℃近くにもなります。



室温が適度な状態でキープされていると、
布団も薄くて済み、
寝具の中と室温との差も小さくて済み、
温度差の影響を受けにくいわけですね。



寝る、入浴する、
無防備な状態で
頑張らなくて済むようにしたい。



だから、
外気の影響を最小限にすることが大前提なのです。



特別な設備は二番目に考えることであって、
高断熱高気密が一番大事、なのは
自分の身を守るためなのです。



頑張らなくても省エネはついてきます。
はい。



続きます!




<お知らせ>

スタジオエンネのHPが 2017年10月17日(火)OPEN!しました!


<インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-12-23 07:51 | 特別な家作り | Comments(0)
b0122502_1221144.jpg
いや~、毎日寒いですね!

東広島市八本松の朝は、毎日氷点下が続きます。

日中の最高気温も5℃程度、
極度の乾燥も加わって、
インフルエンザなどに要注意ですね。

皆さん、年末まであと少し、
お互いに気を付けましょう。



さて、
工事完了まであと少しになった

「KM5」

です。


b0122502_08221260.jpg

アイランド形式のキッチンも設置完了!

床は、水・汚れに強いサーモタイル(LIXIL)。
ヒヤッと感がかなり軽減されています。


こちらのキッチンは、
「タカラスタンダード」の”レミュー”をご採用頂きました。


タカラのラインナップの中で、最上位機種であり
もちろん、ホーロー製です。



ちなみに、浴室もタカラスタンダードの
”プレデンシア”で、こちらも最上位機種になります。


ホーロー製の浴槽の使い心地は抜群!!

浴槽自体の熱伝導率が良く、
お湯の熱がフチまで温めるため
樹脂、アクリル人工大理石、ステンレスと違って
フチが冷たくありません。

裸で触れるフチのヒヤッと感は、入浴中のストレスの一つですね。


また、ホーローは表面がガラスコーティングですから
汚れ落ちも抜群!!



この度、KM5では、



「木の家であることに、
こだわり過ぎない。」




こともコンセプトに上げていました。


一体、何のために木の家がいいのか、
当然、
住まい手様のためです。


伝統的に木造建築が愛され続けていること、
無垢の木が持つ柔らかく温かみのある質感と触感、
ほとんどの方が好感を持つ香り、
経年変化の味わい、
建材としての扱いやすさ・・・・



しかし一方で、
水、紫外線による劣化、
傷つきやすいこと、
によるメンテナンスの頻度、手間が求められます。
(気にしないという手もありますけど)



手間暇を厭わない方は例外として
”家”という存在は数十年という長い時間軸の中で
人と共にあり、
家も時を経るにつれて、
人と同じようにメンテナンスが必要になるのです。



ほとんどの人は手入れが行き届きた空間を心地よく感じます。
(美しく暮らしたいための、収納のご要望ですよね。)




心地よくあるための木の家、
心地よくあるためのお手入れ、



この二つを共存させるため
頑張らずに続けられることが必要かな・・・、
と、考えたわけです。



どんなに素敵なデザイン、
高価な素材でも、
重すぎるコートには手が伸びなくなり、
結局は断捨離される運命に・・・



ファッションと同じですね。



続きます!


b0122502_08221749.jpg






<お知らせ>

スタジオエンネのHPが 2017年10月17日(火)OPEN!しました!


<インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-12-18 08:46 | 特別な家作り | Comments(0)
b0122502_1221144.jpg
毎日寒いですねー!

いよいよ冬も本番、
現場用のアウターはダウンが軽くて重宝します。



全館冷暖房換気システムを導入した
「KM5」
では、お引き渡しに向けて工事が最終段階です。


いよいよシステムも試運転開始!


b0122502_17341147.jpg

天井にあるのがアメニティエアコン、
手前の天井に見える小型の円形のものは、
冷暖房の吹き出し口となります。

収納の最上段にちらっと見えるのが、


「RKDR-KS」(全熱交換型換気システム)

です。


機械で給気、
機械で排気 を
する、
第一種換気になります。


室内の空気はここ(RKDR-KS)へ集められ
熱交換素子を通って外部へ破棄されます。


排気されたと同じ分だけ外気がここへ導入され、
また熱交換素子を経て
(夏は熱を奪い、冬は熱を加えて)
熱交換を行った後、
エアコンを通って暖められたり冷やされたりして、
各部屋やスペースに運ばれます。


全熱交換型換気の仕組みはこうなっています。↓


b0122502_17392908.jpg


b0122502_17393227.jpg

熱交換をするだけでなく、
内蔵されたフィルターによって、

外から持ち込まれる汚れ(ホコリ・チリ・花粉など)を
相当除去してくれるのも
大きなポイントですね。


つまり、
”清浄になった空気”
をエアコンに送り込み、
冷暖房して
家中に届けているわけです。


室内・外部の汚れは RKDR-KS でキャッチしており、
ダイレクトに室内の空気を吸い込むルームエアコンに比べ
フィルターの汚れは、格段に少なくなります。


試運転中の現場で
作業を行ってくださっている皆さんから


「あったかい!」


と、喜んで頂いております!


まだまだ試運転中であり、
本来の実力発揮ではありませんが、



あったかいって、幸せ。”

と、つくづく感じます。


十分な高断熱高気密、
トリプルガラスの高性能窓、


確かな高性能躯体があっての冷暖房システムです。


当然のことながら、
キッチンのレンジフードは、”同時給排型”を採用しています。


外構工事も進行中。


玄関廻りに無垢の杉板(無節)も張って頂きました!
(後日外壁に近い色に塗装します。)

b0122502_17545692.jpg

寒い中、皆さん有難うございます!


玄関には断熱玄関引戸をご採用頂きました。
鍵は、スマートコントロールキー(車のカギのようにタッチレスで界壁可能)。


使いやすさにも抜かりはありません!


ご入居へ向けて、着々と進んでいます。




<お知らせ>

スタジオエンネのHPが 2017年10月17日(火)OPEN!しました!


<インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-12-14 18:06 | 特別な家作り | Comments(0)
b0122502_1221144.jpg
おはようございます。

東広島市八本松の朝は、雪でした!


b0122502_09545826.jpg


高速道路では事故が発生して通行止めとなっているようですので
ご注意下さいませ!



さて、
無事に断熱気密工事が完了した
KM5
で、中間の気密テストを実施しました。


b0122502_09583553.jpg


結果は、

0.8㎠/㎡

でしたので、
目標とする数値である、0.5には届きませんでしたが
中間でこの結果はまずますでしょう。

竣工時に再測定を実施します。



年末にお引き渡しを控えて、
現場は、各種設備機器類、電気・給排水工事など
が行われています。


内部をちらっとご紹介。


b0122502_09571159.jpg


サーモタイル(LIXIL)で仕上げたトイレ・洗面の床。↑

冷たくないというより、ヒヤッとしません。


b0122502_09570245.jpg




b0122502_09565980.jpg


ホコリを溜めない!のコンセプトの元、建具枠をこの納まりにしました。↑

大工さん、クロス屋さんの丁寧なお仕事に感謝です!



冷暖房換気システムの試運転も間近です。



こんな冷え込んだ日には、
暖かい家、しかも家中があったかい・・・


って、本当に嬉しいですよね。



大工さんによる本格的な断熱気密工事、
高性能なトリプルガラスのサッシ、
だからこそ、実現できた
1台で可能な冷暖房と換気(+ある程度の湿度の調整)。



エアコンが1台でOKって、
いろんなメリットがあると思うんですけど、


一番は、メンテナンスが将来に渡って楽、
ってことではないでしょうか。

エアコンも機械モノですから、
いつかは交換の時期が来ます。


その時に、
KM5では、
ひとつだけ交換すればいいので
コスト的も手間も、一か所分です。


もうひとつ、
家の外観がキレイになるってことです。


どんなにカッコいい・素敵な家を計画しようとも
エアコンのダクト配管が外壁を這う様は、
残念としか言いようがありません。


KM5のダクト配管は、ひとつだけ。


しかも、丸見えにならないところに配置されています。



デザインを大事にしたいから
設備も一緒に考える。




設備と建築は、別々に考えると、
あとからどうしようもない結果になります。



ぬくぬくと、
ゆったりと、
のんびりと、
だらだらと。




全部まるごとあったかいから
家でアレコレやりたくなる。



本当に快適な家って、
人を元気にアクティブにするんですよね。



「とにかく、うちが大好き。」



は、五感で感じる結果です。



確かな高断熱高気密が実現する
別次元の快適さが出来上がるのも、もうすぐです!





<お知らせ>

スタジオエンネのHPが 2017年10月17日(火)OPEN!しました!


<インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-12-12 10:24 | 特別な家作り | Comments(0)
b0122502_1221144.jpg
おはようございます。

師走の週末も今回を含めてあと2回。
やることが満載で気ぜわしいのですが、
街はクリスマスを飛び越して、既にお正月商戦ですね。

何年か前から、デパートやスーパー、
ネットでおせちのオーダーが目に付くようになりました。

材料費、手間賃(換算)を計算すると、
高級おせちオーダーの方が割安かもしれません。

手作りも良し、
オーダーするもよし、
選択肢が増えるのはいいことだと思っています。



さて、昨日の続きです。


材料、道具(工具)、も準備万端。

実際の施工を担当して頂くKM5の棟梁さんの他に
数人の大工さんにも集まってもらい、
何のためにこういうことをやるのか、から始まって

実際にGWをカットし、
隙間なく詰めて行くコツをHさんにレクチャーして頂いて
いよいよスタート。


この日用に準備した専用カッターで
ほんの少し大きめにカットし、
押し込むように詰めてから、
ヘラを使って”起していく”のがポイント。


聞いてはいたけど、これは結構大変だなあ・・・


事前にHさんから、


「大工さんに相当嫌がられますよ。」


と、聞かされていたのも納得。
丁寧かつ根気かつ、体力が求められる作業です。


参加してもらった大工さんたちも
これは大変だなという雰囲気がありありと・・・。


しかし、
現場を任された棟梁は、不平不満を口にすることなく
やり方を確認しつつ、
時にはHさんからのダメ出しも受けつつ、
黙々と作業を続けて下さいました。


本当に頭が下がります。


本格的な高断熱高気密に取り組んでいらっしゃる会社さんの話を
お聞きしたり、
記事を読んだりしても、


普通に断熱するより現場の作業が大変であるため
職人さんが作業に慣れること、
手間賃(コスト)、
の問題は、皆さん共通のようでした。


ただ寒い地域(北海道や東北)は、
こういうやり方が当たり前なのですが、
慣れるまでは大変であるのは、変わりません。


壁に充填していくだけでも
結構な重労働であることを確認したわけですが、
大工さんの大変さを慮った社長から、


「屋根は断熱材を変えよう。」


という提案があったのです。
そう提案してくれた
社長の気持ちも分からないではないのですが、


ここで妥協し、
引き下がったのではダメ!と、思い、
必至で(しつこく)社長を説得。


結果的に、
棟梁からの、


「やりますよ!」


との言葉のお蔭様で、充填で出来ることになったのでした。(泣)
本当に、本当に有難うございました。
m(__)m


特に屋根(断熱)は上向きの作業になりましたし
315ミリ(105ミリ×3枚)を先ずは真っ直ぐ、
次は横方向に、と、互い違いに充填してもらいます。
これは、木材が熱を伝えてしまう部位になる


”熱橋”を消すためです。


GWを充填した後は、
気密テープを地道に張る作業が続きます。


壁、窓、屋根・・・
隙間なくキッチリ貼るのは、大変です。


やはり大工さん(職人さん)ってすごいですね。
慣れるほどにスピード、施工精度が上がります。


大変な作業も棟梁と助っ人さんのお蔭様で
無事に完了!


b0122502_14393695.jpg


b0122502_14392434.jpg

ついにやったー!!! \(^o^)/
有難うございましたーーー!!!
感謝、感謝です!!!!



いよいよ、気密テープだけの状態で中間の気密測定です!





<お知らせ>

スタジオエンネのHPが 2017年10月17日(火)OPEN!しました!


<インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-12-09 14:41 | 特別な家作り | Comments(0)
b0122502_1221144.jpg

今朝は東広島市八本松でも氷点下にはならず、
でしたが、

終日曇って、日差しもなく気温が上がらない一日になりそうです。

冬はこんな日が結構あるからこそ、
『確かな暖房』を備えておきたいですね。




さて、


建材会社の営業マンであるHさんは、
超高断熱高気密のエキスパートでした。


そこらの普通の設計士など足下にも及ばない知識と
並外れた行動力があり、


「高断熱高気密に対する熱意」


は本物でした。


ものごとを進めるには、
”熱意ありき”だと常々考えていた私にとって
同じベクトルの人とタイミング良く出会えたわけで、
KM5にも、私にも、
本当に代えがたい幸運でした。


Hさんに出会うまで
悩んでいた断熱の施工方法とは・・・


これまで
標準採用している4寸(120ミリ)柱に、
3.5寸(105ミリ)用のGWを
施工していましたが、


15ミリほど、外壁側に隙間が出来ているわけです。


実は、お施主様からも同じ疑問を呈されていました。
(実に鋭い!)


隙間は(気流止めがされており)静止空気であって、
決して間違いではないにしろ、
ウールのセーター同様に、
密着してこそ断熱効果がより期待できるというもの。


しかし、世間一般では4寸柱自体が少数派のため、
いつも使っている”フィルム付き”120ミリ厚のGWがない。


そもそも、フィルム付きって
(大工さんの施工の問題でなく、製品として)
キッチリ隙間なく断熱材が入っているのだろうか?
という疑問もあり、


KM5で目指すのは、
「本物の高断熱高気密住宅」
です。


それなら
西方先生や、
pureさん(は、木質繊維+気密シートを採用されています)のように
フィルムに包まれていない
”裸”のGW + 気密シート
でやるしかない!!


Hさんからは、
断熱気密のより詳しい情報、
施工の方法だけでなく
断熱材、各種気密材の入手もサポートしてもらい


断熱材(高性能GW24K、16K:北海道仕様、4寸柱対応のもの:パラマウント硝子工業)
気密材(気密シート、ダクトや電線などを覆う気密材:ドイツ製)


も、手配完了、
教えてもらった施工に使う工具類 ↓ もホームセンターで入手!


b0122502_09105136.jpg

b0122502_09105445.jpg


こんな仕上がり ↓ を目指します。


b0122502_08530331.jpg

(西方先生設計による現場写真よりお借りしました。m(__)m)


Hさんとの出会いによって
断熱材の施工実施に光が見えた
「KM5」
でしたが、

そうすんなりと事が運ばないのが常というもの。

テキは意外なところに居ました。(笑)



閑話休題。

断熱材の選定について、ちょっとだけ。
エンネではグラスウール(GW)を採用しています。

未だにネガティブな情報が多いGWですが、

長期間の使用において最もへたらず、
無機質のためシロアリ被害も心配なく、
安価で入手しやすい建材です。

良くないイメージが流布した原因のほとんどが、
知識不足と施工不良によるものであって
素材が悪いわけではありません。

ただ、現場での施工時にチクチクするなど
扱いにくい点もあります。

今年の10月には、
マグから、イゾベール・コンフォートという
チクチクを抑えた製品も出ています。



話を戻して・・・


いよいよGWを4寸柱にきっちりと施工する日がやって来ました!


続きます!




<お知らせ>

スタジオエンネのHPが 2017年10月17日(火)OPEN!しました!


<インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-12-08 09:29 | 特別な家作り | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31