<   2017年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

贅沢な暮らし。その3

b0122502_1221144.jpg
昨晩から今朝にかけて、
涼しかったですね。

特に今朝は、窓を開けて外気を取り入れたら
室内の湿度がぐっと下がりました。

郊外の住宅地という立地条件もあろうかと思いますが、
空気が乾燥して来ました。

午後も風があって、急に随分凌ぎやすくなったなー、
です。

関東では台風の接近によって豪雨となっているところもあるようです。
どうぞご注意下さいませ。



今日は午後から「.38」の現場に断熱材メーカーさんにお越し頂きました。

b0122502_15121952.jpg
↑”SE構法”の現場シート


施工した断熱・気密部分についてチェックをお願いしました。

本気で高性能で超快適な家づくりに取り組むにあたって、

断熱気密は本丸、
一丁目一番地
、です。


ほとんど合格を頂きましたが、
少し手直しをした方がいい部分もあったため
その適切な方法を教えて頂き、これでバッチリOK!


「.38」
で私が選択した断熱材は、
「MAG 高性能GW(グラスウール)16K」
です。

未だにネガティブ情報もあるGWですが、
総合的に検討して選びました。


何度も書いているように、
断熱材に求めるものは、「結果」です。


一番の目的である温熱、
(GWのいい点は、”増やして行く”のが容易な点もあります)
火災の事、
シロアリの事、
防音効果の事、
長年の使用に耐えうる素材であるかどうか。


パーフェクト!という断熱材は存在していません。


どれも一長一短があります。

目的達成のためにはどこを”長”として評価し、
”短”=欠点をどう克服するか、
が重要です。


もちろん、コスト=費用対効果も重要です。


上に書いた克服すべき点は、
安心して家で暮らしを楽しむための
地味ながら裏付けとなる重要な事ばかり。


だから、選ぶ時も慎重に、
そして正しい施工をしっかりとやることが大切です。


現場監督はむろんのこと、
そして
主に断熱施工を担当するのは大工さんですが、
職人さんたちに断熱工事のやり方を理解してもらい
正しく施工をしてもらってこそ、
狙った結果が出るのです。


「丁寧確実に段階を踏む」

ことが大事です。



ストレスフリーな贅沢空間
は、問題意識を持つことから始まって
問題克服のための地道な作業によって作られます。





 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-08-31 15:37 | 特別な家作り | Comments(0)

贅沢な暮らし。その2

b0122502_1221144.jpg
今朝の東広島市は、曇天でしたが
今(午前10時ころ)は、青空が広がっています。

今日も気温が上がりそうですね。

ただ、風があると少し涼しく感じます。
小さな秋見つけた!です。(笑)



ずいぶん前の話で恐縮ですが、
私が中学生の頃だったかと思います。

高校野球のファンで、
テレビに噛り付いて広島県代表を応援していました。

ある超高校級のピッチャー(後にプロ入り)を要する有名校と
県代表が激突することになり、


どう攻略するつもりですか?
という、記者からの質問に対し


「うちはどう攻略するか、より

先ずは、徹底的に相手に点を与えないことに専念する。」


どう攻めれば攻略できるか、ばかりが注目されていた時に、
私にとって”目からうろこ”、超ビックリ!でした。


鉄壁の守りが持ち味だった広島県代表は、
その言葉通り、点を与えず
ワンチャンスをものにして勝利を手にしたのです。


何故、こんな話を思い出したかというと、
良く聞く話で


「うちはオール電化、燃料電池、そして太陽光発電と蓄電池です。」


があります。


これは、”省エネを重視した”、
最先端設備による「攻め」の家づくりで、
使用するエネルギーを先端設備によって相殺もしくは
プラスに持って行くイメージです。
「省エネ」が目的です。


翻って、
躯体を超高性能化することは、
「守り」の家づくり
のイメージですね。


夏の場合は徹底的に熱を入れないことに専念し、
最小限のエネルギーで最大の効果=快適を得る。
「快適」が目的です。


快適を得るためには(しかも最小限のエネルギーで)どうすれば良いか
であり、
攻めの家とは逆の発想です。


攻めの家と守りの家。


一番の違いは、
「求める効果(ベネフィット)」
でしょうか。


野球と違い、
家づくりに勝敗はありません。


求めるベネフィットを得るために
何を選択して、どうするか。



住宅が暮らしを営む人生の基盤である以上、
「快適」も「省エネ」も大事です。



「温度湿度がちょうどいい、という快適」
があってこその省エネです。


ちょうどいい温熱(+湿度)環境で得られるベネフィットとは、
一年を通じて温度のストレスがなくフレッシュな空気によって
ほぼ均一化された住空間で
自由に動け、温度を意識することなく
我が家をまんべんなく使えることです。


省エネのベネフィットは、
出ていくおカネが少ない(もしかしたら入ってくるおカネもある)ことであり
通帳を見ると嬉しい!でしょうか。
いや、これも大事ですけどね。(笑)


最先端設備をこれでもか!と導入して省エネを得ても
「寒い」
「暑い」
「蒸し蒸しする」
は、上手く解決できないのです。


個人的には、
守ること = 高性能躯体 が先ず最初にあって
攻めの設備投入、がいいと考えています。


住めば住むほど、
守りの家で得られる
快適であることの贅沢さはご実感頂けると思います。


勝敗はないと書きましたが、
長い目で見て「満足」という結果を考えたら
それはあるのかもしれませんね。


勝ち負けを目指しているわけではないですけどね。




 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-08-30 10:30 | 特別な家作り | Comments(0)

贅沢な暮らし。その1

b0122502_1221144.jpg
8月末になって、ぐっと朝晩が涼しくなりましたね。
助かるなあ(笑)

今朝も、アメダスデータをチェックすると、
東広島市では、20℃でした。


皆さんにとって、
家づくりの中で「贅沢をしたい」部分はどこですか?

お料理が好きな方は迷うことなくキッチンですかね?
キッチンそのもの、コンロ、周辺のインテリア・・・
ワクワクしますね!

木がお好きな方は素材そのものの質感でしょうか?
材種によって表情が違う木材の楽しみ方は、
古来から伝統的に建築に取り入れられています。

先進技術に興味がおありの方は
燃料電池や”自動系”など、進化した技術による省エネや省力化を
取り入れられるかもしれませんね。

また、車好きな方は”車庫系”(ビルトイン含む)でしょうか。
愛車を守るだけでなく家で愛でることも可能です。


それぞれの方の想いがあり、
「我が家」にはこれは絶対!
という部分をお持ちではないかと思います。


皆様のご希望をぜひとも実現して頂くよう、
力を尽くしたいですね。


皆さんの趣味嗜好が違えども、
私が同様に必ず提案することは


「快適な温度湿度空間の実現」


です。


人生の基盤となる「我が家」において、


「うちは、全部が気持ち良い。」


は、最高に贅沢だと思うのです。


ビルトイン車庫や
贅を尽くした材料、
オリジナルキッチンは、
見ることができます。
が、
これ(温湿度)は、見えないのは無論のこと、
入居してみないと分からないのが
なかなか難しい。


しかし、暮らしてみて最も喜んで頂けるのが
「温度湿度の快適さ」
です。
(逆を言うと、最も不満を感じるのが温度湿度ということです。)



続きます。


<おまけ>
超ミーハーを自認する私は、
秋冬のファッションをチェック済み。

毎回楽しみにしている「ユニクロU」の発売日である
9月22日は今から臨戦体制?です。

今年の流行りのひとつは、ベルベットやシルクなど。
光沢があり柔らかさを感じる素材が戻って来ているみたいですね。

こちらは、狙っている「ダウンコート」↓

b0122502_09020490.png


ルメールのデザインによってシンプル&洗練されている上に、
軽くて暖かそう。

ユニクロダウンの品質は年々向上していてスゴイです。

争奪戦になるかも?!




 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-08-28 09:06 | 特別な家作り | Comments(0)
b0122502_1221144.jpg

今朝、目が覚めたら涼しいじゃないですか!
というか、肌寒いほどでした。

アメダスで確認すると、

b0122502_09115695.png


午前6時で約18℃だったんですね。
もう秋の空気が張ってきているのかしらん?
と思ったほど。

予報では、今日の最高気温が広島市内で33℃とのこと。

が、徐々に湿度が下がってきているので
季節は確実に秋に向かっているようですね。

冷房不要の季節まであと少し!
ですね。


7月に訪れたイタリアは、強烈な熱波におそわれて
ものすごい暑さでしたが、
どうやらヨーロッパ戦隊が同じだったみたいですね。

ヨーロッパで少し北の地域でも同様だったそうで、
エアコンがない(!)住宅も多く灼熱地獄だったらしいです・・・。



日本の西日本の高温多湿の暮らす私たちには、
エアコン冷房は当たり前ですが、
同じく、暖房も必須ですね。


そんな必須設備である冷暖房について、
昨日、上棟を迎えた

「KM5」
は、躯体と主な設備はこんな仕様になっています。

① 構造 : SE構法(耐震等級3)

② 全館空調 : 第1種換気システム(全熱交換型)+エアコン(アメニティタイプ)

③ エネルギー : オール電化(給湯はエコキュート)


「.38」
は、

①、③は同じで

② 第1種換気システム(全熱交換型)+エアコン(ルームタイプ)

の、「機種選定」を変えています。
第1種換気であることは同じです。


これは居住される方のライフスタイルによる家のプランの違い、
によって選択しているからです。


具体的には、

個室化された場合と、
ほぼ一室空間の違い

です。


単一のシステムが全てではなく、
家の計画が住まう人の暮らしのスタイルによって
違うように、
暖冷房のあり方も適切に選択してご提案します。


リフォームの場合、
ご新築の場合、
2階建、3階建の場合と、平家の場合でも
選択肢が変わってきます。


冷暖房は暮らしに不可欠である以上、
どういう選択をするかが大切です。


これしかない!
ではなく、
いくつかの選択肢の中で暮らしのあり方によって最適なものをチョイスすること
をお勧め致します。




 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-08-27 09:36 | 特別な家作り | Comments(0)

祝!上棟!!(KM5)

b0122502_1221144.jpg
午後から日差しが戻り、
蒸し暑さ全開となりましたが、

「KM5」

が、無事に上棟を迎えました。
おめでとうございます!!

b0122502_15132899.jpg

棟が上がり、一部耐力壁の「モイス」が張られた状態です。↑


現場監督の土井長の万全の段取り、
大工さんたちの的確な動きによって、
私の予想より早く進みました。


さすがは土井長と棟梁だなあ。


工事が進行するなかでも現場にゴミが落ちておらず、
作業後の片付けが楽そうだな、は見て分かります。

その場その場で片付けていることもあるのですが、
やはり、事前の段取りですね。
作業がスムーズに進むためにはどうしたらいいか、
が、よく考えられた現場ということです。
素晴らしい。

こういうところに監督の手腕が出ます。

感謝です。


お昼には、お客様にご用意を頂いたお弁当を囲んでお祝いです。
今日のお弁当は、広島人なら皆大好き!
むすびのむさし
に、お願いしました。

b0122502_15134670.jpg

やっぱり美味しいわ。


今日は、私からご挨拶をさせて頂きました。

超高性能+全館快適空間を目指すため、
断熱気密工事を本気で徹底的にやります!と宣言。

広島で初めてのタイプの
「全館空調+換気システム」(エンネオリジナル)も導入するため、
もうとことんやりますよー!


お客様からも様々にお気遣いを頂き、
本当に有難うございました。
本日は誠におめでとうございました。


工事はこれから本格的に木工事が進みます。
並行して建設評価、瑕疵保険、確認申請関係の検査もあります。


ますます気が抜けませんが、
ますます楽しみです。


お客様と現場と一緒に、
作ることを楽しみながら
ひとつひとつ着実に進めていきたいと思います。


本日は、誠におめでとうございました!


現場の皆様、スタッフの皆さん、
有難うございました。
(とは言っても、夕方まで現場は作業中です。)


今後とも引き続きよろしくお願い致します。



 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-08-26 15:18 | 特別な家作り | Comments(0)

いよいよ上棟。(KM5)

b0122502_1221144.jpg


今朝の空に雲はありますが、
朝方の雨も止んで、終日安心できそうです。

今日は、

「KM5」

の上棟の日です。

昨日の様子はこちらです。↓

b0122502_08045257.jpg

朝方の雨の予報に備えて、万全の養生がされています。
さすがは、デキる現場監督土井長&息のあった棟梁の仕事ですね。


地鎮祭の次に行われる
注文住宅ならではの大事な節目の「上棟」は、
設計図面などの二次元から、
リアルな三次元へを体感できる日となります。


こうやって
職人さんたちが力を合わせて作っていくんだな、
を目の当たりにしてご実感頂ける日でもあります。


この日を迎えるには、段階があります。
順番にいい仕事をして力を尽くしてくれた
他の業者さんたちあってのこと。


設計段階で協力を頂いたSさん、Aさん、
SE構法(NCN)のスタッフ、
協力業者さん、
エヌテックスタッフ、
皆様のお陰様です。
心から感謝です。


お施主様にとって、いい記念の一日となるようにしたいと思います。


ちなみに、今日のお弁当はお施主様と相談してチョイスしました。
現場の皆さん、お楽しみに⭐️


では、現場に行って来ます!




 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-08-26 08:15 | 特別な家作り | Comments(0)

性能は、身体。その3

b0122502_1221144.jpg

今日の蒸し暑さは凄いですねー!

空を雲で覆われていると、こんなにも湿度が高いのね、
と、感心する?ほどです。

が、曇りであっても外歩きの時は日傘を忘れませんよ!



さて、明日はいよいよ「KM5」の上棟です。

現場では、蒸し暑かろうがカンカン照りだろうが、
大工さんたちが、着々と作業を進めて下さっています。

屋根のない場面での作業が当たり前の
基礎屋さん、給排水屋さんの仕事にも、
本当に頭が下がります。

皆様、有難うございます。


前回、長袖姿の大工さんの写真を掲載しましたが、
基礎屋さん、給排水屋さんも、日射防御のため夏は長袖着用です。

この時、着用しているのは
「UVカット&汗の発散が良い繊維」
の機能があるものです。

皆様も、特にアウトドアの時に着用されていらっしゃるかと思います。

近頃はいろんなメーカーさんからいい商品が出ていますよね。

長袖が綿100%でも素肌を出しているよりマシですが、
ちゃんと機能を備えているものの方が効果が期待できます。


つまり、目的に応じて


「適切な素材を選び、適切に取り扱うこと」


が大切です。

家は、室内にいる人を守るために
室内側から、内装材、下地材、構造材、窓、断熱材、通気層、外装材、
の順に重なっています。

一番中(内装)と外(外装)は、好みによる部分が大きいですが、
(洋服と同じ?)
構造材、
断熱材(とそれに関係するもの(気密材など))は
好み(定性的選択)より機能と効果(定量的選択)が必要かと思います。


構造材は、災害から人を守る主目的があり

断熱材(+α)は、一年を通じて外気温の変化から人を守ります。


構造材では、未だに”集成材”に対して
「どうもあの接着と線(ラミナの重なり)が苦手で・・・」
とおっしゃる方もありますし、

断熱材では特にグラスウールに対して
「湿気で腐るんでしょ?」
というイメージを持たれている方があります。


素材には、必ずメリットデメリットがあります。


私たちが素材に対して求めるものは何か?

「結果」

です。

職人さんが着用するシャツですと、
紫外線を防ぎ、汗を発散させ、生身の身体を守ってくれるもの、
ですね。

すると、綿100%のものは目的にとってどうなのか・・・。


家の場合、
いつ来るか誰にも分からない大きな地震の際に
命を守り、避難所生活を送らずに済むには、
どういう「構造材」の選択をして
どう作ればよいか?


暑さ(年々厳しくなるような・・・)、寒さを防いで
室内を快適温度空間にするには、
どの「断熱材」を選択しどのように”施工”すればよいか、


熱の出入りのキモである
「窓」に求めるものは、
「熱の出入りを最小限にしてくれるもの」
ですから、
おのずと素材(フレーム)の選択は絞られます。
(熱伝導率の低いものですね)


素材から選ぶのではなく、
求める結果から冷静に選択していくことで、
「結果が得られる」
と思います。


集成材は構造計算によって正しい数値が出せますし
経年変化が非常に少ない安定した材です。
入居後に、割れたりそったりがほとんどありませんから
接合部分の金物のゆるみも起きにくいのです。


ネガティブなイメージのあるグラスウールも、
高い断熱性能を求める場合に最適であり、
(重ねることが可能なため)
湿気に弱いという弱点を理解し、しっかりと施工すれば
快適温度空間だけでなく、
遮音効果も期待でき、
日常生活に多大なる恩恵を与えてくれます。


イメージだけで判断するのは、
もったいないことです。


運動も先生に習った方が効果が出るのと同じ、
建築もプロ(本気で取り組んでいるプロ)に意見を聞いて頂き、


運動と食事によって得られる
健康な身体と同じく、

正しく高性能な躯体を手に入れて、
「多大なる恩恵」
を、ぜひ受けて頂きたいと思います。

b0122502_15194862.jpg

ダイエットに近道なし!


高性能躯体にも近道なし!


結果を求めるための勉強、
適切な材料+正しい現場の施工、
の地道な努力があって、


やっと「結果」が得られます。





 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-08-25 15:26 | 特別な家作り | Comments(0)

性能は、身体。その2

b0122502_1221144.jpg



今日もいいお天気!
最高気温の予想も、広島市で35℃!と、
8月下旬になっても、猛暑が続きます。

気持ち的には、もうすぐ9月なんだからちょっとは涼しくなるはず・・・
なんですが、
まだまだそうはいかないようですね。

特に、外にお出かけの方は
引き続き高温に気を付けて下さいませ。



外がこう暑いと、
ついつい、冷たい水分を取りすぎて体調を崩されている方も
多いのではないでしょうか?


家ももちろん、外気温の影響を受けています。

熱は「高い方から低い方へ移動する」性質があり
外壁、屋根、窓など、
外部に接している部分から室内へ熱が侵入して来ます。



b0122502_09075387.jpg
こんな感じですね。↑
右が夏の図です。

暑くなると、エアコン(冷房)で冷やすわけですが、
外から侵入する熱の量と
室温の差が大きいほど冷やすのにエネルギーを消費します。


現場の大工さんや、板金屋さん、給排水屋さん、基礎屋さんなど
外仕事の職人さんたちは、夏は


「長袖」


を着用して(外で)仕事をされています。
ずっと以前、この暑いのに大丈夫ですか?と聞いたところ、


「この方がいいから。」


とのことでした。
今となっては、当たり前ですが
日射を素肌に当てないようにしているわけです。

b0122502_09260363.jpg


長袖着用で高温+強い日射の中的確に仕事をされる大工さん。↑
頭が下がります。


家の外周部を身体と考えると
「外で熱をシャットアウトしてやる」
ことは、人と同じです。


最大の弱点である、「窓」

表面積が最も多い、「外壁」

直下に熱を受ける、「屋根」


生身の身体を長袖で守るように、
室内を守るために
これらを日射から防御してあげる必要があるのです。





 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-08-24 09:30 | 特別な家作り | Comments(0)

性能は、身体。その1

b0122502_1221144.jpg

蒸し暑さMAXだった昨日から打って変わって、
今朝は、青空が広がっています。

が、蒸し暑さは変わらないですね。(笑)

今週末の「KM5」の上棟を控えて、
準備に追われております。

上棟の日を良い一日にするためには、
事前の計画、準備が大切です。
頑張ります!!


さて、本題です。

皆さん、健康には気を遣っていらっしゃいますか?

私も、50代後半になり、
無理無理が無理(?)となった今、
細長く元気を維持できるよう、
無理せず、でも、ちょっとだけ頑張っています。

具体的には、
バランスよく食べること、
適度な運動、
良質な睡眠、
清潔のキープ、
ですね。

毎日の暮らしの中で、
ルーティンでできることばかりがポイントです。

運動は出来るだけ歩くことと
最低でも週に一度ジャザサイズに行くこと
としています。

ジャザサイズは、
インストラクターの先生のお手本にならって
やっています。

自己流ではなく、
先生が教えてくださる動きのポイントを押さえつつ
やるわけですね。


この、”教えてもらいつつ”、が重要かと思っています。


効果を出したい場合、どこがポイントなのか
自己流では判断ができないわけです。


で、前置きがやたら長くなりましたが(汗)、
家(建築)において、


「性能とは、身体」


に似ているのかな?
と、思うわけです。

ただし、
建築は本当の身体と違って”鍛えて変える”ことはできませんが
健康にしろ、
オシャレにしろ、

スタイルの良し悪しや
好みは千差万別、それぞれでも
まずは(健康な)身体が基本かと思います。


家の場合、
完成後にビジュアルとして見て


「わ!ステキっ!❤️」


と、テンションがあがる仕上がりにすることは
重要ですが、
(そこは建築の醍醐味でもありますしね!)


「脱いでも(装飾性を排除しても)すごい。」


だと、もっとすごいし、もっといい。
って思うわけです。


<おまけ>

皆さん、Instagramは利用されていますか?
エンネもインスタを利用して情報を更新中です。

そのInstagramで、
フォロワー数世界一!なのは
主にミュージックシーンで活躍中の

「セレーナ・ゴメス」

フォロワー数、なんと、1億2千万人!!
(私もその一人)
ちなみに、第2位はテイラー・スイフト。(だったかな?)


セレーナのちょっとエッジーな攻めの姿勢が好きです。


若干25歳の彼女は
まさに世界の超パワーセレブ。
(ファッションブランド”コーチ”との巨額の契約が有名ですね)


b0122502_09263803.jpg


この秋の”コーチ×セレーナ・ゴメス”のキャンペーンビジュアル。↑
画像はコーチのサイトからお借りしました。m(_ _)m


そんな彼女ですが、
去年ダウンしてツアーを途中でキャンセル、
一時の休養を経てカムバックしました。

一般人には窺い知れない大変さがあるのでしょうね。

やはり、活躍も身体もメンタルも健康であってのこと。

セレーナには、自分を大切にしつつ
これからもファンを楽しませてもらいたいと思います!



 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-08-23 09:33 | 特別な家作り | Comments(0)

EIZOがやって来た!

b0122502_1221144.jpg
おはようございます。
今日は、蒸しますねー!

外気温だけが高い日より、湿度が高い方がツライです。

カラッとした秋の空気が待ち遠しい!


仕事柄、机に座ってPCを使っている時間が長いため、
ディスプレイ(モニター)をずーーーっと、見ていることになります。

そのためか、
夕方近くになると、目の疲れがひどく
(老眼でもありますし。笑)
しんどいなぁ・・・
でした。


前々から、
「目にも優しく、映りも素晴らしい。価格以上の価値あり。」
と、評判が高かった、
噂の


EIZO


を、思い切って導入。
価格的には決して安くはないのですが、
いや、これはいいです!

b0122502_07372954.jpg

写真の切り取りがイマイチですみません。m(_ _)m
ほぼフレームレスですごくスッキリしたデザインです。


導入したサイズは、24.1インチ。


取替え前よりかなりサイズが大きくなって作業性もアップ、
一番の問題だった”目の疲れ”も(老眼でも)全然違います。
目がしばしばするような眩しさがないなあ。
デジタル疲れ用目薬が不要になりそうで、嬉しい。


もっと早く採用すればよかった・・・。


やはり、いいモノはいい!


で、メカ関係に決して強くない私。
取り付け自体は至って簡単だったんですけど、
どうも、画面の端っこが切れている?


自分でアレコレ設定をやってみても直らない。


自分のスキルに早々に見切りをつけ、
EIZOの問い合わせ先に電話しました。

すると、とっても丁寧に対応をしてくださって
あっという間に問題解決!


こういった(ダメな人に対する)対応が良い点も高評価ですね。


これで、疲れも大幅軽減!
仕事の効率もアップ!
内容もアップ! ← ここ一番大事。


のはずですね。
(頑張らなくっちゃ。)



 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-08-22 07:50 | ちょっと注目 | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko