<   2016年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

特別な家作り その7

b0122502_1221144.jpg



いよいよ本格的に寒くなって来ましたね。

先週末に秋も深まった京都へ出かけて来ました。

京都は年中のことですが、
大勢の観光客の一人となって
著名なお寺、エルメスやシャネルの限定ショップ、大人気の蔦屋などなど
京都の秋をミーハー的にも満喫してまいりました。

こちらは、三千院近くの”宝泉院”。
b0122502_15273771.jpg

建築も、お庭も遊び心満載ですごく面白かったです。

さて、前回の続きです。


「エンネ基準」


のひとつに入れたいなと考えていることに

「バリアフリー」

があります。


中でも、”段差解消”ですね。。


今更?感がありますが、
室内の段差解消はほぼ一般的になった感があります。


今回は、さらに範囲を広げて、
玄関外から室内までバリアフリー(ほとんど段差なし)を実現したいと考えています。


社会的な一般認識として対象となる高齢者が身近にいて、
段差や階段の負担について痛感してるのですが、

高齢者だけでなく、
小さなお子様連れのベビーカーも同様ですね。

街中やお客様宅でベビーカーを見るたび、
う〜〜ん、これって大変だろうなあ・・・
と、常々感じていました。

ベビーカー利用は期間限定ではあるのですが、

お子様連れ(複数のお子さんだとさらに大変!)で
買い物の荷物、郵便物、などなど抱えるとなると、
玄関ポーチ、玄関内部の段差って、
結構大変です。

(あと、かなり場所をとるので相応の置き場も必要ですね)

で、
戸建住宅と違って
特に近頃のマンションは、
エントランスから自宅の玄関〜室内まで、
ほとんど段差がありません。


あれって、いいなあ、


と思っていたこともあって、
敷地他諸条件が許せば、基準に取り入れて実現したいわけです。


以前、恵まれた敷地条件のお客様に
長い緩やかなスロープ、
広いポーチと玄関内部土間、
段差を50ミリ程度とした玄関内部、
を提案したところ、


最初は、
「え?こんなに必要ですか?」

と、怪訝そうでしたが、
採用して頂いた結果、
「いやぁ、広い玄関っていいですね!」
と、とっても喜んで頂きました。

広い玄関(内部)土間には、ご家族の大切な自転車も入っています。
b0122502_1513716.jpg

広いポーチ(玄関外部分)もしっかりと屋根をつけたため
実用にもバッチリでしたし、
何より、外から見て家の風格が増して見えました。


段差解消には建築設計的な工夫が必須ですが、
うまく実現できれば、
小さなお子様から高齢者まできっと喜んで頂けるポイントになるのでは、
と、考えています。


もちろん、ゆったり玄関は印象もいいですしね。


          < お知らせ >
STUDIO ENNE 家づくり説明会開催決定!

エヌテックで新しい家づくりの部門がスタート!
新部門の名称は
”スタジオ エンネ(N)”です。

エンネが標準とする広島で最高レベルの性能提案は、
広島の工務店として「一番最初」の取り組みになります。

超高気密高断熱の温熱環境が作り出す別世界の快適、
京都のデザイン事務所や、断熱の専門家、インテリアデザイナーなど
様々なプロフェッショナルとのコラボも予定。

第一回目のコラボは、
日本の高気密高断熱住宅の第一人者である
西方里見先生の”西方設計”様を予定しております。

「最高の家、最高の暮らし」の提案にご期待ください。

「エンネが提案する家づくり”SUITE 9(スウィートナイン)”説明会のご案内」

日時 : 2016年12月17日(土) ※午前10時〜12時まで

場所 : エヌテック「Gallery 檪」

ご参加 : 3組様限定(お子様用のスペースもございます)

参加料 : 無料

事前お申し込みによるご予約をお願い致します。
お申し込みは、メール、もしくはお電話にてお願いいたします。

mail : studioenne@ntecj.co.jp

tel : 082-530-5482

担当 : 松下まで

ご参加の可否も含め、
お申し込みを頂いた方全てに松下から返信を致します。

ご興味がおありの方でこの度のご参加が難しい方は、
別途個別にご案内をさせて頂きます。
松下までご遠慮なくお申し付け下さいませ。

※ エンネでは、基本的に日曜日をお休みと致します。



「studioenne」
インスタグラムを始めました!

良かったらフォローしてくださいね。
by ntecj-yoko | 2016-11-30 15:34 | 取り組み | Comments(0)
b0122502_1221144.jpg



今日は冷え込みましたね!

東広島市八本松の午前6時は、
氷点下でした。

今年の冬は寒いらしい、との予測でしたから
いよいよ・・・・・ですね。

私は、個人的に喉が弱いので
首巻き関係を中心に装備して、冬を乗り切りたいと思います。



さて、前回の終わりに書いた


「エンネ基準」


についてです。


お約束の?温熱環境は、さらなる進化をさせること
は重要な基準の一つですが、
他にもいくつか考えています。


その一つは、


「外構」


に関することです。


自分のこれまでの経験上、
「外構もほどほどに」
「手間を掛ける範囲を見定める」
「手間が掛かりにくい計画をする」
を基準に入れるつもりです。


何度か書いたと思い間ますが、
うちの母親(2016年現在で89歳)は、
無類の山野草好き。

狭い庭が、山野草で埋め尽くされており、
冬ともなると、家の中にも(鉢タイプを)避難させて
家中が山野草で埋め尽くされていたほどです。


そんな母も、年をとるにつれ十分な世話が出来なくなりました。
すると、当然ながら、
植物は伸び放題となり、庭はあっという間に山野草だけでなく
雑草で見るも無残なことに・・・・・


ご存知のように、
植物が勢い良く伸びるのは、初夏から初秋までで、
特に猛暑の真夏に雑草むしりは、
「難行苦行」
と言っていいでしょう。


夏は、シルバー人材センターの雑草取りの予約が取れません。


うちも今年は無理と判断し
プロに頼みました。


キレイさっぱりとなったのは束の間。
根絶しない限り、無限ループなわけですね。
(ちなみに、ラウンド⚪️ップはかなり効果がありました。)


また、植物で近隣にご迷惑をおかけしていないか、
も考えなければなりません。


某役所で実際に聞きましたが、
近隣関係の苦情ナンバーワンは、


「植栽(落ち葉・枝などの侵入)」


だそうです。



良好な近隣関係があってこその素敵な暮らしです。



提案する側も、
図面が素敵になるし、
グリーンに囲まれた豊かな暮らし、
も大切ですが、


リアルな暮らしに立脚した提案も大切です。


エンネでは
情緒面をやたら強調するのではなく、


「自ら手入れが可能な範囲の提案をする」


美しいお庭とは、
手入れが行き届いていることも条件の一つではないかと思います。
(自然な形に見えても、手を入れて作られた自然形のはず)


とすると、
難行苦行になるお手入れでは挫折し美しくなくなる可能性が高く
そして近隣関係にもヒビが入る可能性も・・・。


継続可能であることを大切にして、提案したいと考えています。



<おまけ>
ミーハー話をひとつ。
b0122502_11124093.png

こちらの写真の彼女は、大人気スパーモデルのひとりで
「カーリー・クロス」です。

モデルとしても超一流であり、
女子のためのコーディング講座を自ら主宰するカッコイイ女性でもあります。

で、こちらの写真は”カレシ”である「ジョシュア・クシュナー」との写真。
b0122502_11131123.png

名前でピンときた方もいらっしゃるかも?

そう、カーリーが長年付き合っているカレシは、
次期大統領に決まった「ドナルド・トランプ」のお嬢さんである
イヴァンカ・トランプの旦那様であり、
超やり手経営者でもある「ジャレッド・クシュナー」の弟さん(も、やり手経営者)なのです
b0122502_11133580.png

イヴァンカとジャレッド。↑

政権の中枢とも繋がった(?)カーリーの今後に、個人的に注目しています。



「studioenne」
インスタグラムを始めました!

良かったらフォローしてくださいね。
by ntecj-yoko | 2016-11-26 11:30 | 取り組み | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg


今日の関東地方は初雪だそうですね。
11月としては相当久しぶりとか。

冬支度もまだ十分とは言えない時期ではなかったでしょうか?
足元に気をつけて下さいね。



さて、念願の西方先生を訪ねることができて
ますます、超快適な温熱環境の実現に向けて納得感と意欲が高まった私です。(笑)


みなさん、家作りにあたり


「素敵」


にしたいと、ウキウキされていると思います。

雑誌を買ったり、
街中で店舗を参考にしたり、
主に、「デザイン」と言われる見える部分に力が入りますよね。


私も長年建築業界にいて、
「素敵」
な家や店舗他を多数見て来ました。


その中には
超有名建築家さんが手がけられた作品もあります。


確かに、素敵だし、カッコイイし、
ウキウキと高揚感をもたらしました。


しかし、やっぱり温熱環境が軽視された物件は
家に限らず、
「残念だわ〜〜〜〜。」
と、毎度感じます。


お客様のご予算なのか、
ご希望にないのか、
設計側(工務店含む)の考えなのか、
はたまた、
知識不足なのか、
(ないと思いますが、あえて?)
分かりませんが、



「私はこうはしない。」



どんなにデザイン的によく出来た設計であろうと
温熱レベルが低い環境は、
住めば住むほど、使えば使うほど、後悔を生むと思うんです。
経験から。


冷暖房費はもちろん、
健康面もそうですし、
そこに居て居心地が良くない。
居心地のよくないところにずっといたくない。


だから、
エンネ(ENNE)では、
デザインも超快適を創造する温熱環境も
両立したお住まいを提供しよう、と考えました。


しかも、


「”超ハイレベル”な温熱環境が作る”別世界”を目指す」


と決め、
温熱を筆頭に他の幾つかの決め事も含め


「エンネ(オリジナル)基準」


を設けることにしました。



<おまけ>
少し前から、ジャザサイズに通って
ダイエット&体力維持!のため頑張っております。

最近、何とか慣れてきてウエアもカッコ良くしたいと思うようになり(笑)
こちらを検討中。↓
b0122502_15565174.png

addidas + ステラマッカートニー」
ある方がここのバッグを持たれていてすんごく素敵だったんです。

シューズにウエア・・・いろいろと、欲しいなあ。




「studioenne」
インスタグラムを始めました!

良かったらフォローしてくださいね。
by ntecj-yoko | 2016-11-24 16:00 | 取り組み | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg



昨日、訪問地であった秋田から帰ってきました。


ご存知のように、東北〜関東にかけて地震が発生し、
大きなニュースになりました。

私が居た能代市では大きな揺れも感じませんでしたし
交通も特に乱れはありませんでした。

日本各地、いつどこで大きな地震に遭遇するかもしれず
災害への備えの大切さをひしひしと感じます。


災害への備えといえば、
西方先生がお話をしてくださった中で印象的だったのが


「断熱化された建物は災害にも強い。」


という内容でした。

現場にご案内頂く途中、
西方設計さんが手掛けられた「小学校」がありました。↓
b0122502_1431024.jpg


木造の素敵な建物です。

こちらは、体育館です。↓
b0122502_1434955.jpg


木造というだけでも羨ましい学習環境ですが、
そこは西方先生のお仕事だけあって、
学校全体に
「十分な断熱気密」
がされています。


個人的に一番、いいな!と感じたのは、体育館が寒くないことですね。


学校は、大きな災害時に”避難所”となり、
体育館は寝起きの場になります。


大きな災害が発生する度、私がいつもつくづく感じるのは、
「避難所生活って本当に大変だろうな。」
ということです。


皆さん卒業式、入学式などで経験済みかと思いますが、
体育館って、ものすごく寒いですよね。


体育館が寒くなければ、避難生活もどれほど助かるか。


電気が止まってしまい、エアコン暖房が使えなくても
火災危険のリスク回避から灯油ストーブが使えなくても、


最低温度が、15〜18℃ あれば衣服の調節でしのげますし、
就寝時に大層な寝具も不要です。

夏の場合も同じです。


避難生活という多大なストレスに加え、
暑さ寒さは、身体的精神的ダメージを大きくし人を弱らせます。


避難所も一般住宅も、同様です。


災害はもちろん、毎日使用するにあたって
暑さ寒さをどうするか、きちんと考えられた建築は、
「人」のことをきちんと考えた建築なのです。


災害は、一時のことかもしれませんが、
たった一時のために後々長く続く苦労を背負わなくてもいいように・・・


毎日をいかに機嫌よく暮らし、
HAPPYでいられるように・・・


建築ができることはたくさんあります。



<おまけ>
今週末は、秋田に続いてお楽しみにしている京都行き!

で、以前お知らせした「エルメス」に加え、
「シャネル」も京都でイベント”ル ルージュ エ アカ”を開催中!(11月30日まで)
b0122502_14212930.png


エルメス、シャネルといえばハイブランド中のハイブランド = 老舗 ということもあって、
古都”京都”との親和性がいいようです。

メイクアップ体験ができるのですが、
すでに予約で一杯。(泣)


・・・・・・・・・・・・・・・

インスタグラムを始めました。(studioenne)

よかったら、フォローしてくださいね!


エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
「エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。」
by ntecj-yoko | 2016-11-23 15:00 | 特別な家作り | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg


11月21日(月)、22日(火)の二日間で、
こちらにお邪魔してきました。
b0122502_1812553.jpg

日本の高断熱高気密住宅の先駆者であり、第一人者である
西方設計(西方里見先生)の事務所です。

築後25年だそうですが、今でも様々に斬新です。

外付けブラインド(ヴァレーマ)がカッコイイ!


超多忙の中にも関わらず、
先生はじめ皆様にとっても親切&丁寧なご対応を頂きました。

感謝感謝です!

西方先生、スタッフの皆様、現場の皆様、
本当に有難うございました。


完成間近の物件を見せて下さいました。
いや、マジでスゴイです。

長年真摯に取り組んできた方だからの「答え」を目の当たりにして超感激。

やはり、性能もここまでくると温熱的な別世界です。

まさにエンネの目指す世界がここにありました。




エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
「エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。」
by ntecj-yoko | 2016-11-22 18:16 | 特別な家作り | Comments(2)
b0122502_1648322.jpg



今日は、11月というのに暖かいですね。
終日暖房いらずで過ごせそうです。



さて、前回の続きです。

(以前の内容と重複しますが)
家づくりのご相談を頂く方の多くは、
「RC造」の賃貸マンションに住んでいらっしゃいます。

私が住んでいたものと同様に、
分譲と違って、断熱レベルはそう高くないと思われますが、

そこは、RC(コンクリート)なので、
「超高気密」
に自ずとなっており、
木造に顕著な隙間風に悩まされることはほとんどないでしょう。

なので、
求めていらっしゃる「木造戸建」での断熱気密の大事さに
意外と関心が低いのは、
現在ご自分が住まれている環境が考えのベースにあるから、
も、大きいようです。

なので、住んでみてびっくり!

こんなに寒いの!?

となるようですね。

中層階で角部屋ではない場合、
上下左右を囲まれていて外気の影響をほとんど受けない環境になっています。

マンションなどの集合住宅の場合
廊下に面した玄関側(マンションの廊下はほとんど北側)と、
開口部があるリビングなどの南側のみ、窓があるのが大部分です。

ようするに、


南北にしか窓がない。


なので、
最大の熱的弱点である「窓」が少ないわけで、
4方向を外気に囲まれた戸建とは、
全く環境が違います。

しかし、
人は「体験」がないと実感が出来ません

幸か不幸か、
オンボロ(失礼!)な社宅や賃貸などに住んでいた方は


「寒い!  暑い!  もうイヤ!」


と、悩まされたツライ経験をお持ちのため、
ご納得頂くのも早いです。

理論や話だけでは、正しく想像するのは難しいのが、
「温熱環境」
なんです。


住んでみるまでこんなとは分かりませんでした・・・


では済まない部分でもあるわけで、
でもわ実感として掴みにくいわけで
なかなか悩ましいですよね。


実際に暮らしていらっしゃるお住まいが
生活熱もあり、温熱環境的人も十分こなれているため
適切に把握して頂きやすいかと思います。


これからちょうど寒くなります。


何はともあれ体感が一番!
ですから、
住まい手様のお住まいを見せて頂ける機会があれば
ぜひ、足を運んでみてください。


前振りがやたら長くて恐縮でしたが(汗)
次回からは、
エンネがご提案したい温熱環境の話です!



おまけ : 明日からちょっと遠方へ出張してきます!

うまくいけば、現地からレポートができるかも?!

お楽しみにしてください。

(あ、今回は京都ではないです。笑)



エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
「エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。」
by ntecj-yoko | 2016-11-20 16:00 | 取り組み | Comments(0)

特別な家って何?その2

b0122502_1648322.jpg


今現在(11月下旬に差し掛かる頃)
私の住んでいる東広島市八本松では、
起床時(大体6時頃)の外気温が、4℃前後です。

今日のような雨天の日はもう少し高い気温になりますが、

広島市に比べて、大体「4℃」くらい低いですね。

通勤に使っている山陽自動車道に備え付けてある温度計を
チラ見(運転中のため)しておいて、
祇園新道(広島市安佐南区)の道路にある温度計をまたチラ見すると、
その差が大体4℃なんです。

4℃って、
結構な温度差ですよね。


そんな、冬が厳しい、夏も厳しい盆地気候の東広島市で
「断熱性能」
の低い家に住む厳しさは、身体にもお財布にもダメージを受けます。


お財布への影響はまたの機会にしますが、
身体的に厳しいのは、年々年を重ねるごとにツラさが増します。


ありったけの暖房器具を出して暖を取っていた頃、

まず、
リビングとなっていた和室の畳の上に電気毛布を敷く、
その上に電気こたつを設置、
室温上昇には不足なので、コタツの側に小型灯油ストーブ
続き間となっている隣の和室にはエアコン
隣の台所(キッチンというおしゃれなシロモノではなかった)では
灯油ファンヒーターを稼働させる。

が、
北側にある
脱衣室、浴室、トイレには暖房器具はない極寒。
(脱衣室には、小さな電気ストーブを置いていたこともありました。)


まあ、よくあるパターンですかね。


むろん、誰かが部屋を出て行こうものなら、


「ちゃんと閉めて!」


の声が飛ぶ、
と。


寒さのあまり、コタツに入って寝転び、そのまま寝てしまっていたなあ・・・。
動きにくくて身体が痛くなるんですけど、
厚着をしていようが肩まで入らないと寒くて・・・。
なので、一旦コタツに入ると出られなくなるんですよ。(笑)


これが当たり前だった長い年月だったのですが、
「どうやら違うらしい。」
と、リアルに気付いたのは、RC造マンションで一人暮らしを始めてからでした。


賃貸のため、ビル自体に断熱工事はされていなかったと思います。


マンションも決して暖かいというわけではなく普通に寒いんですけど、
実家からマンションに帰ると
全然室温が違うことにビックリしましたね。


地域による気温差を考慮しても、
あまりの違いに、賃貸に帰り玄関ドアを開けた瞬間に
”ホッ”
としたもんです。(笑)


温度のストレスがどれほどか、を身を以て知ったわけです。



これは断熱性能だけじゃなく、気密も大いに関係があったのも
後日知りました。




<おまけ>
月末に予定している京都行きでは、こちら ↓ にも。
b0122502_16441887.jpg

蔦谷書店・京都モダンテラス

大規模リノベ物件ってところに注目!
と、
天井と床の亀甲模様が目出度くてステキです。

あと、椅子が座りやすそうなのが高ポイント⭐️



エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
「エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。」
by ntecj-yoko | 2016-11-19 12:00 | 特別な家作り | Comments(0)

特別な家って何?その1

b0122502_1221144.jpg


11月も中旬を過ぎ、
朝晩は冷え込む毎日ですが、
日中は20℃近くまで気温が上昇するため、

カーディガンやベストの軽いはおり物、巻き物が重宝しますね。

首など肌に直に触れるとなると、
やっぱりとカシミアの肌触りが心地よいです。



さて、
このブログは特別な家づくりと題して再開したわけですが、


じゃ、その特別って一体何?


を、近況報告も交えつつお伝えして参ります。



話は、私の自宅を大規模リフォームしたことに遡ります。


約5年ほど前に、
築後30年弱だった木造2階建てを大規模にリフォームしました。

そこはエヌテックの設計施工ですから
当時としてはかなり頑張って、「温熱環境」(暑い寒い)の改善のため
断熱強化に力を入れて工事をやりました。


入居当初、以前との住環境(特に暑い寒い)の大幅な改善ぶりに
年老いた両親も大喜び。


寒いも暑いも大嫌いな私も

「全然違う!よかった!!」

と、喜んでいたのですが・・・



今、一番思うことは、



「もっと性能をアップさせておけば良かった」



ですね。


ま、当時としては古い在来工法木造住宅のリフォームで
Q値換算として、2.7W/㎡K くらいの性能は出ている予想ですから
そこそこのレベルだったわけで、


実はこれって、「次世代省エネルギー基準」並みなんです。


業界の方はお分かりと思いますが、
ほんの15年位前まで、この次世代省エネルギー基準は
最先端の基準でした。


しかし、今(2016年現在)は。


平成25年基準(Q値 1.9)が、2020年には「義務化」されることになり


この目標値も、つい数年前まで


「出来るわけない。必要ない。」


と、言っていた会社さんも多かったことを考えると、
感慨深いです。




<お知らせ>

さて、スタジオエンネのロゴが決まりました。
(タテバージョンが正解なんですが、ヨコバージョンもありということで。)

b0122502_11475125.jpg



デザインして下さったのは、私が絶大な信頼を寄せる、
「ペンギングラフィックスさん」

大好きなブライトオレンジでデザインをして頂きました。
有難うございます!

これから、いろんな媒体でロゴにお目に掛ることがあろうかと思います。

よろしくお願い致します。



エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
「エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。」





エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
「エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。」





エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
「エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。」





エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
「エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。」





エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
「エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。」





エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
「エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。」





エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
「エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。」





エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
「エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。」
by ntecj-yoko | 2016-11-17 12:00 | 特別な家作り | Comments(0)
ご無沙汰しております。

ほんの一ヶ月の間に、すっかり秋も深まり冬の足元がそこまで来ましたね。

皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか?
体調管理には十分なご配慮をお願い致します。


さて、この度エヌテックにて新しい部門を立ち上げました。


「studio eNne」(スタジオ エンネ)


と、言います。

少しづついろんな枠組みも固まりつつあり(汗)、
皆様には、

クリスマス前には、お披露目出来るかな?
ですね。


これまで培った経験と想いを踏まえ、
「特別な家」
を、ご提案して行きたいと思います。


どうぞお楽しみに、ご期待下さい!


先立って、今日からブログを再開致します。


よろしくお付き合いください。


今後ともよろしくお願い致します。


<おまけ・追加>
今月末に、ここへ行く予定です。

b0122502_11420579.jpg

b0122502_11423397.jpg

あの「エルメス」が京都で期間限定ショップをオープンしています。

町家を改装してショップにしているところが、さすがですよね。

2016年11月3日 〜 2017年7月31日 までです。


by ntecj-yoko | 2016-11-09 11:13 | お知らせ | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30