<   2014年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

b0122502_1648322.jpg

広島市佐伯区五日市で工事が進行中の、

ZEH(ゼロエネルギー住宅)『TK-House』K様邸です。

セルローズファイバーによる断熱工事も完了し、

先日、第1回目の気密測定も行われました。

測定結果は、エヌテックブログでもお伝えした通り、

「0.8㎠/㎡」

でした。

1.0を下回ることが目標でしたので、

現時点では満足できる結果でした。

K様邸の断熱工事は、「マツナガ」さんによるものです。
b0122502_9441977.jpg

ちなみに、右端に見えているダクトは「デシカ」の配管です。

マツナガは『断熱工事の品質』にずっとこだわっており、

『60㌔/㎥』

というすごい高密度で施工されています。

また、自身のスタッフによる直接施工で行われる点も

意識の現れですね。

断熱材の良し悪しについては、諸説ありますが、

エヌテックが重視する点は2つ

『断熱性』(当たり前ですね)

『遮音性』

です。

断熱性能については、商品そのものが持つ特性もありますが、

そこは、MSグリーンファイバーは問題なし、

もうひとつ現場の施工力(ここが品質)が大きいんです。

2つめの「音」は意外に感じる方もいらっしゃるかと思いますが

暮らしの上で、外の音が入ってこないこと、出て行かないこと、

は「快適」を左右する大きなポイントになります。

騒音が入ってこないことも重要ですが、家の中で発生した音が

漏れるのも近隣との関係を考えると困りますよね。

断熱材の持つ役割は、一番は断熱で当たり前ですが、

こんな(音)役割もあるんです。

家づくりを考える際に、断熱材の良し悪しをネットなどで調べる方は

多いかと思いますが、

家は「日常生活が営まれる」(寝る・食べる・寛ぐ・入浴するなど)場

であることを最優先に考えて選択することが重要と思います。

暑い寒いも、大きなストレスですが、

「音」

も、暮らす上で結構なストレスになります。

例えば、冷蔵庫は常時小さくモーター音がしていますが、

これも気になる方はキッチンのあり方を考えた方がいいですし、

ルームエアコンは運転時に音がしますよね。

となると、音の出ない冷暖房を検討する必要があります。

建材や設備に100点満点の正解がない以上、

自分達は何に対してストレスを感じやすいのか

考えておくと、選択の際に優先順位が付けやすいと思います。

近隣が接する街中の家、ピアノを弾かれる方や、音楽を楽しまれる方、

などは、断熱材として繊維系やセルローズファイバーはおススメです。






エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2014-02-28 09:48 | WORKS | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

今日からお天気が下り阪です。

冬場にお洗濯ものが乾かない時は、ホント困りますね。

さて、一般的に「自然エネルギー利用」というと、

設備のことを指す場合が多いように感じます。

太陽光発電はその筆頭でしょうか?

太陽光発電は「光」エネルギーを使用しますので

もちろん自然エネルギー利用であり、

エヌテックも、周辺状況がOKであればおススメしています。

家作りにおいては、

「パッシブデザイン」

も、自然エネルギー利用なんです。

① ~ ④ まで書いてきたように、

自然の力を利用できる「建築」にしておくことで、

太陽熱、太陽光(採光)、通風、が力を発揮してくれます。

暖房としての太陽熱は、取り入れたら温かさが持続できるように、

躯体を熱損失の少ないものにしておく(特に窓!ですね)、

そして「蓄熱」してやることも出来ます。
b0122502_15205815.jpg

蓄熱は、素材の持つ熱容量を利用する手法で、

高密度なものほど容量が大きく蓄熱に適しており

水、石、などが蓄熱材として使えます。

昼間、蓄熱素材に熱を溜めておき、

太陽が沈み夜になって外の気温が下がった際に、

熱の移動(高い方から低い方へ)を利用して

室内に放熱させ暖房の一助として使う、わけです。

パッシブってアナログなようで結構手が込んでいますよね。

「建築(家)」

は、自然エネルギーを上手く使えるように

素材のチョイスも含めて設計計画しておくと、

いろんな面白くてリアルに役立つことが出来るんです。

先ずは、自然の営みに素直な形にすることでしょうか?

太陽の軌道は明らかに分かっていますし、

雨は必ず上から(斜め上からも)降りますよね。

風はちょっとばかしややこしくてつかまえるのが難しいヤツですが、

”通風”させたいのであれば、入口と出口が必要ですし、

気象データで大まかに判断することは可能です。

敷地条件を踏まえた上で、出来る限りの自然利用を考え

実践した建築に加えて、

建物やライフスタイルに相応しい設備機器類を搭載する…、

計算やデータは知識や慣れが必要でややこしいですけど、

先ずは、周辺状況をよく把握して何が利用出来て、

遮るべきは何か、を検討することから始まります。

自然エネルギー利用の手順はシンプルです。





エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2014-02-26 15:21 | 取り組み | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

このところ晴れが続いていましたが

明日からやや下り坂になるようです。

曇天、もしくは雨天の場合は太陽は使えません。

採暖、採光、給湯、発電・・・いずれもアウトです。

晴れがずっと続くことがあり得ない以上、

自然エネルギー利用が出来ない場合を考えて

おかなければなりません。

ということから、安定的に使える暖冷房、給湯などを

まずは備えておき、

自然エネルギーは補助的な位置づけとするのが、

現状では安心できる利用方法となります。

で、利用するに当たり、

「自然エネルギーが力を発揮できる建物」

にしておくことが必須条件になります。

「うちは日当たりも風通しもすごくいい土地だから大丈夫。」

給湯、発電、採光、に関してはそれでOKです。

暖冷房に利用をする場合は、熱を逃がさない入れない風を通す、

建物になっていないと、せっかくのエネルギーも効果が活きません。

暖冷房に関しては、自然エネルギーだけでなく

人工的な機械設備であっても、性能が大切であることは同じです。

とかく、「イメージ」だけで好ましく感じる自然エネルギーですが、

”自然の恩恵”を十分に活かすには、

それなりのキッチリした計画が必須条件となります。
b0122502_17445339.jpg

自然の力は、本質的な快適さも与えてくれ、

暮らしの燃費向上にも寄与してくれる、

素晴らしいものです。

ちゃんと無駄なくとことん!使ってあげられるようにしたいですね。






エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2014-02-25 17:44 | 取り組み | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

ここ最近、いいお天気が続いています。

春の日差しを感じる太陽の明るさがウレシイですね。

「太陽」は使えるヤツ!

私の自宅では、太陽熱温水器で少しづつお湯が取れ

「給湯」エネルギーの補助になり、

先日伺ったお客様の家では、OMやそよ風が集熱し

部屋を温める「暖房」の底上げを担っていました。

昨日伺った安佐南区のお住まいでは

窓から直接入ってくる日差の温かさで

無暖房で過ごしていらっしゃいました。
b0122502_9273994.jpg

日差しはダイレクトに享受できる

暖房エネルギーのひとつです。

洗濯ものも乾かしてくれるし、

湿気た布団もフカフカにしてくれます。

太陽の「熱」は、暮らしにおいて最もダイレクトに

役立つエネルギーですね。

もうひとつ、太陽の光も「照明」として

室内を明るくしてくれます。

あと、「光」は発電も行います。

(太陽”光”発電)

太陽はずっと出てくれるわけではない為

安定的に得ることは出来ませんが

一年を通じて軌道も分かっていますし

利用したり遮ったりが比較的しやすいエネルギーです。

有難いことに、広島県内で地域差はありますが、

広島は日射量が豊富で太陽のエネルギー利用に適した地域です。

大体の予測を立て、熱、光をどのように暮らしに役立てるか、

計画段階から考えておけば、リターンも大きく受け取れます。

何はともあれ、「太陽の恵み」は利用しなきゃ!

です。




エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2014-02-24 09:27 | 取り組み | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

今日の午前中はお引き渡し後8年目に入った

廿日市市のU様邸にお邪魔しておりました。
b0122502_14123025.jpg

晴天もあってOMソーラーが稼働しており

屋根から取り入れた暖かい空気が床に送られ

補助的暖房(灯油ストーブ)はあったものの

家全体がほんのりあたたかく、

室内の湿度&温度も適切で、とても快適でした。

夏のお湯取りも相変わらず好調だそうです。

ただし、OMソーラーだけでこういう快適状態が

実現出来ているわけではありません。



『自然エネルギー”利用”』は、

暮らしにおいて、人が必要とするエネルギーである、

”暖房””冷房””給湯””採光”を

可能な限り自然エネルギーで”賄おう”、というものです。

賄う = 補助的な位置づけ  

ということです。


家づくりを計画する際、

ベーシックなエネルギーは、電気・ガス・灯油など

2次エネルギーで確保しておき、

立地条件を把握した上で


① 太陽の熱 = 暖房、給湯

② 太陽の光 = 発電、照明

③ 風(通風) = 採涼、換気

(雨 = 水として利用もありますね)


を組み合わせて利用する計画を立てるわけです。

これが「パッシブデザインの設計手法」です。

(くどいようですが躯体を高性能にすることが大前提です)


自然のエネルギーは人に本質的な快適さをもたらしつつ

2次エネルギーである電気・ガス・灯油の使用量を

減らす『省エネ』に役立ちます。


今後はどうか分かりませんが、

自然エネルギーは

2014年の今現在、日々の暮らしにおいて

安定的に確保できるエネルギーには成り得ていません。


主役ではなく、”結構目立つ”(?)脇役です。
 

自然エネルギーの最大のメリットは、

何もしなくてもそこに存在していることであり(無料)、

最大のデメリットは、

安定的に確保できない、ことです。


今日晴れたから明日も晴れる…ってわけに行きませんし

風はもっと難しくて、

今日こっちから吹いたから一年後の同日も同じ方法から吹く…

ってことは約束されていません。



しかし、①でも書いたように自然エネルギーは

人に本質的な快適さをもたらし、

(照明器具がどんなに進化しても、太陽の灯りには適いません。)

快適性を確保しつつ、人工的なエネルギーの削減(省エネ)に

役立つことは間違いありません。


自然エネルギーのメリット&デメリットを理解し、

2次エネルギーとの使い分けを考慮の上、

家づくりと暮らしに取り入れる必要があります。






エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2014-02-22 14:14 | ちょっと注目 | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

今日も気持ち良く晴れてますね。

お洗濯日和ですし、お湯取り日和です。

昨日、私の家では太陽熱温水器でお湯が取れていて

蛇口をひねると、太陽熱で作られたぬるま湯が出ました。

外気温は低くても、手が洗えるくらいのお湯になってます。

太陽が顔を出すと、気分的にも嬉しくなります。

明るい日差し、温かさ…

太陽は誰もが好きな自然エネルギーです。

太陽と並んで好ましいのは、「風」。
b0122502_13422311.jpg

家づくりに当たり、通風(風通しの良さ)をご希望される方が

ほとんどです。

風は太陽の日差しと共に、洗濯物を乾かすに必須ですし

さーっと通り抜ける際の心地良さは格別です。

家の中の澱んだ空気を一層してくれる風、

ぜひ利用したい自然のエネルギーです。

自然エネルギー利用は、

太陽光や風力発電と言った直接エネルギーを生み出す力利用や

パッシブデザインのように、採光、通風、採暖、採涼といった

受け身な利用方法もあります。

そもそも「ある」もの利用ですから「タダ(無料)」も魅力ですが、

皆さんにとってやはり

「自然そのものが持ち与えてくれる本質的な心地良さ」

が、最大の魅力ではないでしょうか?

よく言われるように、人も自然の一部ですからね。

今日から、数回に分けて自然の力を家づくりに利用すること

について、書いてみたいと思います。






エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2014-02-21 13:42 | ちょっと注目 | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

今日の午後から、広島県庁にて

ひろしま住まいづくりコンクール2013」の

授賞式が行われ、新築部門で優秀賞を受けたエヌテックも

列席いたしました。
b0122502_18133993.jpg

社長の野坂、設計者の谷口、

お施主様のT様にもご一緒頂きました。

有難うございました。

県庁にたま~~に行くことはあっても、

表彰を受けるような部屋に入るのは初めてです。

おおー!県庁にはこんな部屋があるのね~~!

すごいシャンデリア~~!!(笑)

思ったより職員さんがたくさんいらして、

皆さん、気配りも細やかに何かと世話をして下さいました。

さすがに出来てるなあ。

県産材で出来たネームプレートが印象的です。

さすがは県の職員さん!

今回の新築&リフォーム部門の受賞作品が展示されていました。
b0122502_1814488.jpg

エヌテックもちゃんと(?)あります!
b0122502_18141538.jpg

県庁に展示された後、巡回するそうです。

最後に列席者全員揃って記念撮影です。
b0122502_18143679.jpg

顔見知りの方にもお目に掛ったり、嬉しく楽しいひと時でした。

これもお施主様のT様のお陰様ですね。

重ね重ね有難うございます。<(_ _)>

2013年は、70件超の応募があったそうです。

結構多かったのね~、とビックリ。

次回は、知事賞を狙って行きたいと思います!






エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2014-02-19 18:19 | イベント | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

いや~~、今朝も東広島市は真っ白!でした。

今年は暖かいのかな?と思っていたのですが、

関東の雪の被害も甚大ですし、

まだまだ寒さが続きそうですね。

お気を付け下さい。

さて、今週末は恒例の「初めての家づくりセミナー」

略して”ハツイエセミナー”があります。

つまり、家づくり教室なのですが、

どんな内容なのかと申しますと、

エヌテックの”家づくり”におけるアツイ想いや理念を語る場・・・

ではなく、

また、皆様の「夢」の実現に向けて!・・・

と言う内容でもありません。

損をしない、失敗しない為に!

というネガティブさ(不安?)をあおる内容もありません。

先日、取材でお邪魔したK様(尾道市)がこうおっしゃっていました。

「家を考え始めた時、本屋に行ったんです。

すると、どの本を見ても”ステキな間取り””失敗しないために”

とばかりで、自分が知りたかったのは、

”その前”(間取りを考える前)のことだったんですよ。」

「いきなり、ステキな間取り、とか外観じゃなくて、

先に知っておかなきゃいけないことがあるはずだと自分は

思ってました。」

まさに、K様がお話されているような内容をお伝えする場です。

エヌテックも、お客様にとって一生に一度の大事業に関わらせて

頂く以上、アツイ想いも熱意も意気込みもありますが、

「家」

が、建築物であり、居住者に様々に多大な影響を与えるものであり、

国の施策とも関連している以上、

ステキなイメージを追い掛けるだけでは不足なのです。

こういった点は”楽しくない”部分なので向き合うのを省く方も

多いのではないかと思われますが、

楽しくなる前に、『大きな金額が動くことの意味』を

冷静になって考え、自分達で知っておくことはとても大切です。

何が大切か、は人によって違うこともありますが、

違わない点もあります。

それが「情報」です。

「失敗しない(損をしない)為に」

という不安をあおる表現は、私は好きではありません。

たった一つの絶対の正解はないのが家づくりです。

だからこそ、自分達にとっての正解を決定し選択するのも

また自分達であることも事実です。

エヌテックの「初めての家づくりセミナー」は毎月開催しています。

人生においての大きな決断になる家づくりです。

ご都合を合わせてぜひご参加下さいませ。

※スペースの都合により参加組数の制限がございます。

事前にお申込みをお願い致します。




エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2014-02-18 11:31 | イベント | Comments(0)

『取材に伺いました。』

b0122502_1648322.jpg

エヌテックHPのプチリニューアルを控え

デザイナーKさん、構成を担当して下さるSさん、

松下の3名でお客様のお住まいに伺いました。

お引き渡し直後や、10年超のお住まいなど、

4件様に取材のご協力を頂きました。

皆様、貴重なお休みにお時間を取って頂き、

誠に有難うございました。<(_ _)>

こちらは、2013年12月にお引き渡しをした
b0122502_9372525.jpg

尾道市のki-bako musubiのK様邸にて。

一番寒い2月に暮らし心地を聞かせて頂いたことも

すごく参考になりました。

HPプチリニューアルオープンは、3月の予定です!






エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2014-02-17 09:37 | 取り組み | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

先日、地鎮祭を執り行った、

廿日市市物見の「えんじゅの家」(2世帯住宅・長期優良住宅)こと

M様邸が着工します。

SE構法で耐震性(耐震等級3)を、光冷暖で快適を確保します。

2世帯が和やかに、にぎやかに暮らせる楽しい家となるよう、

スタッフ、関係者全員で取り組みます。
b0122502_108429.jpg

模型制作(まだ途中です)は”新人”市川が頑張っております!

勾配を低く抑えた大きな屋根が印象的な外観です。

玄関と並んで、屋根っていろんな意味で大事ですね。

屋根は、雨を遮り、日射をコントロールし、風を呼び込み、

住まい手に安心と快適さ届ける役割を担います。

完成は7月中旬の予定です!






エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2014-02-15 10:11 | WORKS | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31