<   2013年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

b0122502_1648322.jpg

2013年も、今日が仕事納めとなりました。

このブログも、今日が今年最後の更新になります。

お客様、お世話になった皆様、関係者様に

心より御礼を申し上げます。

有難うございました。

皆様のお陰様で無事に一年を過ごすことが出来ました。

新しい年ももうすぐそこですね。

昨日は、尾道市にて「ki-bako musubi」の

お引き渡しがありました。
b0122502_9293471.jpg

K様、おめでとうございます!

また、出会いから工事中お引き渡しまで、

様々にお心遣いを頂き、心より感謝を申し上げます。

一緒に作り上げたお住まいはネーミング通り、

ご縁が積み重なって結ばれた結晶ですね。

自画自賛でナンですが、

本当に素敵なお住まいが出来上がったと自負しています。

ここで始まるご家族の新しい暮らしが、

K様らしく楽しく幸せな記憶をたくさん重ねて頂きたいと

願っています。

今後とも末永いお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。
b0122502_9291100.jpg

夕闇の中、温かい灯りが人のいることを教えてくれます。



さて、新しい年に向けて・・・・・

エヌテックが野池さんと出会い、

(超多忙な野池さんに無理やりお願いしたのも懐かしい。(笑))

直々にパッシブデザインを1年半かけて学んでから

早いもので、もう約4年が経ちました。

OMソーラー時代から自然エネルギー利用に取り組んで来ましたが

野池さんに教えてもらったことで、

”イメージではなく具体的に理解と手法を深める”ことが出来ました。

2011年には、あの震災が起こりエネルギー問題が顕在化し

パッシブデザインは、単に「太陽と風を取り入れた家」のイメージから

省エネの手法としても有効となり、

国も今年「エネルギーを使わない方向へ」と明確に舵を切りました。


表面的にみると、省エネ法の改正など、

つい最近具体的に大きな変化があったように見えますが

水面下では、建築的にも相当な前から自然エネルギーを取り入れ、

省エネルギーで快適な設計手法は研究され進化し続けてきたのです。

世界中の著名な建築家もいろんなトライ(&エラー)を重ねています。

一般には販売されていない為知られていませんが

2005年に出版された

「自立循環型住宅のガイドライン」(by独立行政法人建築研究所)
b0122502_9354752.jpg

も、その大きな成果のひとつです。

今でも、エヌテックでは重要な教科書のひとつです。


野池さん、自立循環型住宅研究会、に学び

お客様にご提供する「家」が、

快適で省エネなもの、それを形として現わすこと、

エヌテックは関わった全ての家づくりで

「快適と省エネ」をコンセプトに掲げ

実現すべく独自にチャレンジを続けて来ました。


2013年、3月にNCNの総会で出会った「原研哉」さんの

「家は全ての交差点である」

という言葉に始まり、

より広い意味で「家」の果たせること、出来ること、を

考えた年になりました。


「家」は、より広く深く、

人と自然とエネルギーとに関わって行きます。

長い時間軸で存在し、人や周囲、自然に影響を与え続けることを

改めてとらえ直し、

2014年、エヌテックはパッシブデザインという枠組みを超え、

より広く包括的な新しい取り組みをスタートします。


『本当の快適、それを省エネで実現させる』


目に見えるものだけで満足は出来れば良いのですが、

そう甘くはないのが事実ですよね。(笑)

「快適」もその一つ。


1月早々に上棟を迎える「kunugi002 五日市の家」は

新しい一歩となります。

家はどんな交差点になりえるのか・・・・・

私もとっても楽しみです。


「Beyond the Passive Design 2014」


新しい年もしっかり学び、がっつり楽しみ、

懸命に働く年にしたいと思います。

皆様にとって、新しい年も輝かしいものでありますよう

心より願っております。

来年もどうぞよろしくお願い致します!
b0122502_9241011.jpg

愛嬌たっぷりの「午」。

2014年”檪”の玄関で皆様をお迎えいたします。

(廿日市市Y様作。)






エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-12-29 09:33 | 取り組み | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

美しく、合理的で、堅牢なキッチン。
b0122502_1442305.jpg

毎日、ずっと使うものだから

「ホントに好き。」

を大切にしたチョイス。
b0122502_14395139.jpg

好きだから大事に出来る。

”気分がアガル”キッチンです。

(by ki-bako musubi)






エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-12-27 14:41 | ちょっと注目 | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

尾道市にて工事が進行中の「ki-bako musubi」。
b0122502_1440215.jpg

昨日、お待ちかねのキッチンが設置されました!
b0122502_14403818.jpg

K様邸のキッチンは「トーヨーキッチン BAYシリーズ」。

アイランド型、深い3Dシンク、堅牢なステンレスが美しい。

料理、片付けは奥様にとって毎日毎日、ずーーーーーっと!

のことですから、

お気に入りのキッチンかどうかは大問題!ですよね。

トーヨーキッチンはちょっとセレブな?イメージですが、

元々業務用だったという硬派なメーカーさんで、

料理と作業を考え抜かれた美しくカッコいいキッチン。

アイランド型のため手元も明るく掃除もラク。
b0122502_14405396.jpg

大きい窓は、通風はもちろんピクチャーウインドウにもなりますね。

聖和セラミックスのタイルがチャーミングなオリジナル洗面所。
b0122502_14481626.jpg

いよいよ明後日はお引き渡しです!

現場は最後の追い込みで頑張ってます!







エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-12-26 14:15 | WORKS | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

「デザインが出来る盆栽士」(?)

として有名な・・・

は、冗談ですが(笑)、

広島ナンバーワンのグラフィックデザイナーと言えば

ペンギングラフィックスの「中村和人さん」。

知る人ぞ知る有名な盆栽家で、

ペンギンさんの事務所にもいくつか盆栽作品があります。

私は盆栽に関して全くの素人ですが、

その私が見ても

「おおっ!カッコいい!!」

と思いますし、盆栽の持つ生命力に圧倒されます。

お話を聞くと、中村さんの盆栽歴は小学生の頃から(!)

と、キャリアも本筋金入りです。

その中村さんの作品も展示される「早春盆栽展」が
b0122502_1547427.jpg

年明け早々の1月23日(木)~28日(火)まで
b0122502_15475591.jpg

駅前福屋「エールエール」9階催場で開かれます。

新年早々に相応しい、

人と時間が作る美、盆栽の造形美に触れてみてはいかがでしょうか?

おススメです!

もちろん、ご案内状は、中村さんのデザインです。

入場無料がウレシイ☆

ご希望の方にはご案内状が少々エヌテックにございますので

お申し付け下さいませ。





エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-12-25 15:53 | お知らせ | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

昨日は、完成見学会でした。

ご予約を頂いた皆様には全てご来場を頂き、

皆様、有難うございました。

また、ご入居前のお住まいをご提供頂いたK様に心より感謝です。

有難うございました。

丁度、12時頃の写真です。
b0122502_962285.jpg

深い軒の下から差し込む冬の日差しが、室内を温かく明るくします。

また、これからよくお目に掛ることになる『この表記』は↓、
b0122502_965559.jpg

「kunugi001」K様邸の1次エネルギー消費量を示したものです。

K様邸 = 418MJ/㎡・年 は、

次世代省エネ基準(712MJ/㎡・年)はもちろん、

低炭素基準(661MJ/㎡・年)もかなり下回る数値で

冷暖房・照明など家庭で使うエネルギーがかなり少ない建物だと

いうことを示しています。

つまり、言い方を変えれば、

将来、各種のエネルギー(電気・ガス・灯油)が高値になっても、

家計へのダメージを小さくする備えが出来ている、

ということでもあります。

これまでは、Q値(熱損失係数=熱の逃げにくさを示します)が

住宅の性能を示す値として使われてきましたが、

今後は、Q値とともに(しばらくQ値も併用されます。)

この”ものさし”が建築としての住宅の内容を示すものさしとなります。

1次エネルギー消費量?

Q値といい、何だか聞き慣れない言葉かもしれませんが、

車や家電のスペックと同じように捉えて頂いて良いかと思います。

また、このブログでも詳しく解説を致します。

今日は、夕方からK様邸のお引き渡しです。








エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-12-24 09:07 | WORKS | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

昨日は、クリスマス前の日曜日とあって

ショッピングセンター、デパートなどは

軒並みものすごい人出だったようですね。

皆さん、クリスマスプレゼントのご用意はバッチリですか?

さて、そんなクリスマス連休の最終日の今日、

エヌテックでは、完成見学会を開催します。

SE構法で実現した、耐震等級3を確保しながらの大きな空間。
b0122502_922488.jpg

Q値=1.9W/㎡K(μ値=0.034)の高性能躯体は、

U値=1.5 の シャノンサッシ(樹脂)で実現しました。
b0122502_923441.jpg

何と言っても窓からの熱損失は約50%!(冬場)

「高性能な躯体が実現する、小さなエネルギーで快適な暮らし。」

K様邸こと、”kunugi001”は「ゼロエネ住宅」です。

ゼロエネと言っても、太陽光発電で力任せにゼロに持って行く

やり方ではなく、

先ずは、断熱気密を高めて熱の浪費を少なくし、

パッシブデザインの設計手法により冷暖房のエネルギーを削減、

太陽熱温水器で給湯エネルギーをカバー、

高断熱効果によって上下左右の温度ムラも少なく

快適な室内温熱環境が実現出来ることで、

冷暖房コストを大幅に削減しています。

一番のメリットは、何と言っても

「暑くないし寒くない、のに光熱費が安い!」

って、事かもしれませんね。

人は暑いのも、寒いのもイヤです。

でも、光熱費にお金が掛るのも、イヤです。

今後、エネルギーコストは値上がりする一方と私は予想しています。

性能の良くない家の場合、涼しくしたり、温かくするのに

高いお金を支払うことになるわけです。

エネルギーは貴重品になる。

だから高い。

でも買わざるをえない。

家は、ずっと住み続ける人生の基盤です。

高いエネルギーをたくさん買う暮らしを強いる家より

(しかも、暖冷房の効きが悪いので快適ではない。)

少ないエネルギーで暮らせ(光熱費が安い)、

しかも、床から天井までムラの少ない快適温度の中で

暮らして下さい。

家での暮らしは、健康にも直結しています。

「賢い家作り」

とは、高性能な家作りに他なりません。

おいそれと、やり直しが出来ないのも家です。

また、日々の暮らしを考えた設計もご覧頂きたい点です。

ぜひ、見学にいらして下さいませ。

「安心出来る性能の高い家を作って暮らす。」

ご家族の人生へ、一番大きなプレゼントかもしれません。

K様邸は密集した住宅街のため、駐車場に限りがあります。

事前のお申込みをお願い致します。

午前中は少し余裕があります。


●お申込先 : 082-509-5771 エヌテックまで






エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-12-23 09:02 | イベント | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

今日も、日差しはありながら小雨も降り、

空気が冷たく寒い一日でしたね。

これから、こんな日が続きそうです。

体調を崩さないように気を付けて下さいませ。

さて、尾道市で工事が進行中のK様邸こと、

「ki-bako musubi」

は、工事が最終段階です。
b0122502_1751862.jpg

外部足場も取れ、内部は大工さんの工事が完了、

設備の設置を待つだけとなりました。

シンプルな片流れ形状に焼杉の外壁です。

南の深い軒が雨と夏の強い日差しを遮ります。

じゃ、冬は?
b0122502_17512052.jpg

この通り、低い角度から差し込む陽ざしで採暖します。

窓にはキチンと窓上”庇”も必須がエヌテックスタイル。

完成まであと少し!

年末ぎりぎりのお引き渡しになりそうです!!





エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-12-21 17:52 | WORKS | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

今日は、予報通り雪が降りましたね。

山陽自動車道は事故発生のため大渋滞!

皆さん、運転には十分気を付けましょうね。

さて、来週早々はもうクリスマスなんですね。

土日月の3連休の最終日、12月23日(月)に

お施主様のK様のご厚意により

完成見学会を開催致します。

K様、有難うございます!

見学会の翌日にお引き渡しとあって、

現場は最後の追い込みです。

K様邸こと、「kunugi 001」は、

「SE構法+ゼロエネルギー+Q値=1.9W/㎡K」

の安心出来る快適なお住まいです。

SE構法ならではの大空間を活かしたシンプルな計画。

高性能な躯体+PV+太陽熱温水器で実現させたゼロエネ。

西日を遮る”タテ庇”と下屋根を付けたパッシブデザインの形。
b0122502_9412271.jpg

タテ庇は風を受け止める”ウインドキャッチ”にもなります。

外部サッシは「シャノン」の樹脂製を採用しました。

Low-eガラス+アルゴンガス入り空気層は16ミリ、

U値(熱還流率)は、1.4W/㎡K(縦辷出し)の性能です。

基本部分(構造+快適を作り出す高性能躯体)をしっかりと作り

ご家族の日々の暮らしを支えることが第一、

これ、がエヌテックの家づくりの流儀です。

やり過ぎないシンプルな空間構成、本物の素材、があれば

住まい手であるK様がご自分流にアレンジして楽しんで頂けます。

「自分流の住みこなしが出来る家」

というわけです。

自然災害に強いこと、適切な温熱環境で快適に暮らせること、

しかも省エネ(ゼロエネ)で省コストな暮らしが出来ること、

住まい手様ご自身にとってメリットが大きく、

地球環境にとっても優しい暮らしになります。

12月23日(月)の完成見学会は、立地条件により

事前にお申込みをお願い致します!


<kunugi001 完成見学会開催!>

●開催日 : 2013年12月23日(月)

●開催時間 : 午前10時~午後4時(16時)まで

●開催場所 : 広島市西区山手町※

※詳しい場所は、お申し込み後ご案内をさせて頂きます。

●お申込先 : ☎082-509-5771
        ✉info@ntecj.co.jp

●担当 : 松下(まつした)まで

 

「K様邸(kunugi001)物件概要」

●構造 : SE構法(耐震等級3取得)

●性能 : Q値=1.90W/㎡K μ値=0.034(省エネ等級4)

●PV(太陽光発電) : 3.3KW(自社計算によりゼロエネ)

●ゼロエネ : PV+太陽熱温水器+パッシブ補正

●快適設備 : エアコン(うるさら7:ダイキン)

●長期優良住宅認定取得(広島市)

●木造2階建て

●設計施工 : 株式会社エヌテック

●設計担当 : 谷口護+渡部良佑(+松下陽子)

●現場監督 : 土井長元気

 





エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-12-20 09:45 | イベント | Comments(0)

『家の中の危険!』

b0122502_1648322.jpg

先日のこと、

「床のコンセント(フロアコンセント)で骨折したんです。」

というお話を聞きました。

ビックリ!しましたが、足の指を骨折されたそうです。

確かに設置位置に気を付けないと、

掃除中や移動中、何気なく歩いたり走ったりしていると、

使用中の突起したコンセントに思いっきりぶつけることになり

かなり危ないですよね。

この他、ドア(開戸)の開閉時に指を挟みそうになった(挟んだ)、

(ちなみに、エヌテックは引戸のため蝶番側で挟むことはないです。)

柱や机の角に身体をぶつけた、なども、聞きます。

フロアコンセントの場合、テーブル下に設置するなど

通路には設置しないなど位置を考慮することで、

危険はかなり回避できそうです。

「檪(打ち合わせ室)」のフロアコンセント。↓
b0122502_11394490.jpg

大きなテーブルの下にあります。

柱や机は、角を少し丸くしてやることで、もしぶつけたとしても

大きなけがには至りません。

こちらも「檪」のキッズコーナーの角。面取りがしてあります。↓
b0122502_11395777.jpg

ドア(引戸含む)については、ゆっくり閉まる金具を採用するなどで

これも、リスクを低減できます。

家の中で最も危なそうなところと言えば、「階段」。

滑って落ちる危険防止に手すりは必須ですが、

実は、無垢板を使う階段板が要注意点!

降りる際に、板の境目が分かりにくく、

私を含む目が悪い人にとっては、踏み外しそうで恐怖です。

エヌテックでは、段板の識別が出来るようこんなことをしています。↓
b0122502_1140979.jpg

浅く彫った溝に着色をしています。

識別&滑り止め兼用の手法です。

階段に関しては、裸足になる夏場より、

靴下を履く秋~冬の方が、滑りやすく危険かもしれません。

家には小さなお子様を守る配慮も欠かせませんが

立派な大人の方がより大けがに繋がる危険も潜んでいます。

家づくりに携わるからには、

「人が暮らす。」

ということを、真摯に考えて「家」に向き合わなければなりません。









エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-12-17 11:46 | ちょっと注目 | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

いや~、昨晩から本格的な寒さに突入しましたね。

八本松の朝は、うっすら屋根に雪がありました。

さて、先日12月12日(木)に

「硝子繊維協会」さん主催のセミナーがあり、

前先生(東京大学)が講演をされるということで行って来ました。

(全国のエコハウスの調査をされた内容がすごく面白い!)

前先生のお話は業界人にとって分かりやすく面白く、

しかも、実証を元にされているため、具体的です。

笑いつつお話を聞き、スライドを見ておりましたが

1時間15分はあっという間!

終始「断熱気密の重要さ」を強く再認識させられました。

正しい知識で正しく工事を行うことの大切さについてもです。

先生のお話中にも、「家と健康」に触れた場面がありました。

こう寒くなってくると実感でご理解を頂けることと思いますが

皆さんの家の暖房冷房の効きの良し悪しは、

個人個人のオカネと健康の問題でもあり、

日本のエネルギーや健康保険=国の問題でもあるのです。


前先生のお話の中で

「建設業界の方は、木造、木に対する想いは人一倍なのに

断熱気密に対するアレルギー?が未だに根強くありますね。」

というような内容がありました。


「断熱気密(高気密高断熱)をすると、木が腐る。」(え?)

「昔の人なしで過ごしていたから必要ない。」(快適の否定?)

「気密断熱はほどほどでいい。」(マジですか!?)


などは私もエンドユーザーさんを通して聞きます。

どれも、正しい知識不足であり唖然とすることなのですが、

特に三番目は、唖然を通り越してプロとして最悪かもしれません。


断熱がされていないと寒いんだろうな、は、予想がつきますが、

気密がどうして必要なのかイマ一つ分からない方も多いようです。


「気密 = 外気の流入を防ぐ」(冬の場合)


ことです。

寒い日、室内でエアコン暖房をしたとします。

吹出される暖かい空気は軽いため上昇し天井付近に溜まります。

その分冷たく重い空気は下に溜まります。(足元が寒いのはこのため)

気密が甘い場合、温かい空気は天井から抜けて行き、

その分を補うため隙間から外部の冷たい空気が侵入してきます。

冷たい空気 = 重い ため、やはり足元に滞留します。

この繰り返しで、いつまでたっても部屋全体が温まることなく

寒さは解消されず、暖房を追加することになるかもしれません。

(暖房の追加 = ホットカーペット(足元対策)など)


断熱と気密はセットで行う必要があるのです。


外部の影響を受けにくくする

= 断熱

室内の熱(冷気)を逃がしにくくする

= 気密


気密は、風船をイメージして頂くと分かりやすいかもしれませんね。

膨らんだ風船に小さい穴があると、徐々に空気は抜けて行きます。

気密が甘い家は、これと同じです。


室内の「温熱環境を適切にする」ことは、

断熱気密の知識があって初めて可能になります。


どんな素晴らしい暖冷房設備であっても、家の性能あってのこと。


先ずは、家(建築)に適切にコストを掛けて下さい・・・

これは、前先生のお話にもありました。

全く同感です。


断熱一辺倒だった、これまでの基準から、

平成25年基準は、「一時消費エネルギー」が基準となり、

一年を通してのエネルギー消費が問われます。


では、どれだけやればどうなるのか?を判断するために

「数値」

が必須となるわけです。





エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-12-14 14:03 | 取り組み | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko