<   2013年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

b0122502_1648322.jpg

おはようございます。

今日、無事?『Garelly檪(kunugi)』がオープン致しました。
b0122502_10313234.jpg

午前10時~午後4時(16時)まで開けています。

曇りで肌寒いため、ペレットストーブに火を入れてます。
b0122502_10325237.jpg

あったかいです☆

ご自由に見学にお越し下さいませ。






「広島住宅総合館」にエヌテックも登場しています!

エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-03-31 10:33 | お知らせ | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

『Garelly檪(kunugi)』は、いよいよ明日、

オープン致します!

未だにセッティングが終わっておらず…
b0122502_18522073.jpg

ギリギリまで頑張ります!

■Garelly檪(kunugi)

■3月31日(日)午前10時~ OPEN!

■当日は、午後4時(16時)までお越し頂けますよ!

■3月31日(日)~4月7日(日)までオープニングWEEKとして

 毎日、先着10組の方に、「森のべーぐる団」ベーグル、

 もしくは、「木の箸」

 のどちらかお好きな方をプレゼントいたします。

■オープニングイベント : 

 4月3日(水)~ 『キンカンの工作室』さんの作品展示!

■場所 : 広島市西区大宮2丁目13-7 株式会社エヌテック

■お問合せ先 : 082-509-5771

■担当 : 松下・ぶつざき 


家作りのご参考にして頂けるご提案でまとめました。

ぜひ、お気軽に遊びに来て下さいね!!

お待ちしておりまーす☆





「広島住宅総合館」にエヌテックも登場しています!

エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-03-30 18:54 | お知らせ | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

なんだかんだとバタバタしてしまい、

ブログの更新が滞ってしまいました・・・。

失礼致しました。

遅れつつも進んでいた隣のNEW事務所。

やっと、オープンにこぎつけそうです。

二転三転した名称も、「Garelly檪(kunugi)」で決定し、

あとは、3月31日(日)のオープンに向けてラストスパート!

となりました。

塗装のプロフェッショナル!蓮池さんがトイレの壁を塗装中。
b0122502_18104017.jpg

『檪』のもう一つのシンボルとなる、

大工の松林さん作「どでかいダイニングテーブル」もう少しで完成!
b0122502_18105150.jpg

照明も設置完了し提案したい「休息の場所、元気を作る場所」の

イメージが出来上がりつつあります。

本日、お客様へ向けたご案内状も発送の予定です。

3月31日(日)午前10時~オープンし、4月6日(土)までを

オープニングウィークとして10時~16時まで解放いたします。

また、毎日、先着10名様(10家族様)に

森のべーぐる団」さん(西区楠木町4-5-21)のべーぐるをプレゼント!
b0122502_18114790.jpg

もしくは、

「木(欅、桜など)の箸」(40限定)の、どちらかをプレゼント!

特に「森のべーぐる団」さんのものは当日焼立てをご用意します!

(こっそり、いただいちゃおうかな~~(笑))

プレゼントは数量限定の為無くなり次第終了ですので、お早めにっ!

そして、「キンカンの工作室」さんのミニチュア作品展示も決定!

4月3日(水)~6日(土)まで、驚き&楽しいミニチュア作品の

実物をご覧頂けますよ!
b0122502_1820215.jpg

作品のひとつ「お好み焼き」。↑これ、全部ミニチュアなんです。(驚)

(キンカンの工作室さんは4月2日(火)TSS満点ママに登場予定!)

ギリギリまでバタバタになりそうですが

全員で頑張ります!!

事務所玄関横の鉢植えに春が来てました☆
b0122502_1813145.jpg






「広島住宅総合館」にエヌテックも登場しています!

エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-03-28 18:14 | お知らせ | Comments(2)
b0122502_1648322.jpg

今日は、山口県下松市にて、

M様邸こと「Ginger House」をお借りして

SE構法の構造見学会を開催致しました。

広島市内から車で約1時間半の場所ではありましたが、

ご予約を頂いた皆様がご来場下さいました。

有難うございました。

お住まいをご提供くださったM様に改めて感謝です。

有難うございました。
b0122502_1640236.jpg

奥行5M×幅8Mに構造用の柱がない空間を体感して頂きました。

やはり実際に目の当たりにすると、圧巻です。

外部に貼られたSE構法とエヌテックのシートです。
b0122502_16404837.jpg

ご近所様にも数組様ご来場を頂いたようです。

皆様、耐震性の高さを構造だけでどうやって実現しているのかに、

関心が高かったですね。

山口県は、震度7を想定して防災計画を立てているとのことですが、

過ぎたるは及ばざるがごとし…ではなく、

長い時間軸のことですから、備えあれば憂いなし…ですね。

Ginger House1/100模型です。
b0122502_164131.jpg

本当の完成まで、あと3か月とちょっとです。






「広島住宅総合館」にエヌテックも登場しています!

エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-03-24 16:41 | イベント | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

今朝のエヌテック事務所のBGMは、「tico moon」の

「Raspberry」からスタートです。

さて、31日(日)オープン予定で進行中の新スペースですが、

仕上げの段階に入っています。

ここでは昨日ご紹介した、エコモザイクタイルなどの

「マテリアル」(素材)と、

洋服で例えれば「カッティング」を重視しています。

ちょっとしたラインで作る水平、面を重ねることで生まれる奥行感、

タテを作る家具類の高さ・・・などなどです。

良質さはつまるところ、素材の良さとカッティングだと思います。

そうそう作り直すことが出来ない「家」だからこそ、

「良質さ」にこだわりたいとの想いからです。

素材を活かすカテッィング(設計)でより上質な空間が出来る。

そこは、やはり洋服と同じですね。

先ずはいい素材、そしていいカッティングがあって

着た時に心地良く、着る人が映えるものになり、

シンプルであれば、時を重ねて着続けることが出来る。

そして時代の空気を少しトッピング(=インテリア)。

インテリアのキーワードは「リラックス」。

微妙な高さや幅にこだわった空間の完成まで、あと少しです!
b0122502_9202361.jpg







「広島住宅総合館」にエヌテックも登場しています!

エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-03-23 09:20 | Comments(4)
b0122502_1648322.jpg

昨日今日と、お天気はいいものの肌寒いですね。

今日は花粉もすごいらしく(byぶつざき)、

寒さ一辺倒の冬に比べ春先は一筋縄ではいきません!

さて、隣で進行中の新しいスペースはここへきて

俄然!追い上げて参りました。

今日は、左官さんが入って塗り壁の仕上げ中です、

う~~ん、毎度お願いしてますが村武さんさすがにうまいっ!

新スペースを計画するにあたり、「素材」を慎重に選びました。

デザインや形も大切ですが、それ以上に先ずは「素材」だな、って

最近ますます、つくづく感じます。

素材があって、それを最大限に活かす表現があり、

または、素材によって活かされる表現もあります。

それほど、素材(マテリアル)の持つ力って大きいなと感じるのです。

見た目の質感もそうですが、手や足で触った時の感触、におい、

日本人は、素足で床を歩き、寝転がりますから

素材に直接触れることが多いわけですよね。

こちらは、仕上がったばかりの「エコモザイクタイル」です。
b0122502_14223083.jpg

b0122502_14224183.jpg

b0122502_14225447.jpg

色ムラにニュアンスがあって気に入ってます。

表面も光沢と少しマットな揺らぎがあっていい雰囲気を出します。

思い起こせば、丁度一年前…、

東広島市西条町のE様邸こと「そらまめハウス」での

見学会にご来場された多数の方が、キッチンのモザイクタイルを見て

ビックリ仰天!

「えー!タイル!?イマドキありえないでしょ!」

と、かなりドン引きされましたね。

が、ここ最近、モザイクタイルを採用される会社さんも増えてきました。

扱いやすいのかもしれないけど、人工的でそっけないパネルより

そもそも焼き物で滑らかな表面を持ち、色々な表情が出せるタイルが

素材として見直されてきたように感じます。

日々のお手入れと言う合理性も不可欠ですが、

「好き☆」「いいな☆」と言う気持ちも大事にしたいですよね。

楽しい時ばかりじゃないキッチンでの作業、

だからこそ好きなものを使って気分よく。

そして、好きだからこそ、長く大切にしたくなると思負うんです。

気になる目地のお手入れもイマドキは進化し案外と手間いらずなんです。

私が大好きなブルーを中心に選んだタイルたち。

奥行を感じさせたい部分を狙って貼りました。

仕上がったら、また写真をアップしますね!

余談ですけど・・・

先月「E」というショップで購入したTシャツのようなセーター。

細番手の素材が薄く柔らかく、とびきり肌触りがいいんですよ。

あと、カッティングが良くて、着ると私でもスラリと見えます。

なので、心地いい、素敵に見えると、ついつい着てしまいます。

やっぱ、素材とカッティングだわ~~と、納得した一枚です。

某安売りショップで買ったTシャツは、扱いは楽と言え

結局、好きで買ったわけじゃないから大事にしてないもんなあ…。

「家」は、こうあってはいけませんね。

はい。





「広島住宅総合館」にエヌテックも登場しています!

エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-03-22 14:28 | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

今日は、熊野町のH様邸をお借りして

住まい手様の家見学会でした。

朝から雨天でしたが、ご予約でご来場を頂いた皆様、

熱心にご見学を頂き有難うございました。

ご来場の皆様とお話をして、H様とも近況など四方山話に

あけくれ、写真を撮るのをすっかり忘れていました…。

ご見学された方から、

「集成材は、9年経っても変化がなくていいね。」

と、の言葉がありました。

8年という時間が経過して、割れもひびもなくボルトも緩んでいません。

2年くらいで色合いが濃くなって、その後は色も変わっていません。

天井もなく構造材が見えているからこそ、確認をして頂けたわけです。

室内は見えている部分重視で天井(内装)ありきが多いかと思いますが

構造材が見えていると不具合が見つかりやすく補修もしやすいんですよ。

(H様邸では、おかげ様で不具合無し!ですが。)

雨が降り込んだ窓の近くの床(広島県産材の桧)はさすがに

雨のあともあり、紫外線でも痛んでいますが、

これもペーパーを当てて補修が可能なんですよ、と説明しました。

築年数がある程度たったお住まいは「経年変化」の確認が出来る点が

おススメです。

ご入居後は、メンテナンスの問題に直面することになるわけですから

ご自分の家作りの際の素材チョイスにおいても参考になります。

しかし、OMの家はあたたかい!

昨日の集熱だけで、今朝も(LDK部分が)22度あったそうで、

私達がお邪魔した午前9時半には、24℃!になっており、

正午には、25℃!!になってました。

床が温かく(冷たくないではなく)、足元が温かいとこんなに

楽なのね~~~☆を、まさに実感です。

「ホント、楽よ。」

と10年前から変わらぬ笑顔のH様。

お子様のこと、お仕事のこと、ご両親様のこと…

いつも話はつきません。

貴重なお休みにお住まいをご提供して頂き、重ねてH様に感謝です。

誠に有難うございました。

今週末の24日には、下松市にてSE構法の構造見学会を

予定しています。

一生に一度の家作り、「ご入居後のお住まいを見る」ことと

「構造の確認」なしに家作りを進められるのは、

私的には、驚くと言うか、ありえません!…です。

SE構法の上棟直後の構造を見る機会は滅多にありませんから

ぜひ足を運んで下さいね。

ご予約をお待ちしております。

ご連絡先 : 082-509-5771

担当 : 松下、ぶつざき







「広島住宅総合館」にエヌテックも登場しています!

エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-03-20 16:12 | イベント | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

明日、3月20日(水)は春分の日ですね。

昨日の春の嵐もそうですが、このところめっきり

春だな~~、と感じるようになりました。

そんな気持ちの良い季節に、お客様のご厚意により

住まい手様の家見学会を開催できることになりました。

H様に、心より感謝です。

有難うございます。<(_ _)>

H様邸は、2004年8月にお引き渡しをしたお住まいで、

今年は早いもので、9年目になります。
b0122502_1695843.jpg

お引き渡し時のH様邸です。↑

ご実家の隣の敷地に建築され、

建築時にはご両親様にも大変お世話になりました。

ご実家とも適度な距離でいい関係が続いていらっしゃいます。

1年、3年、5年、7年の年次点検が終わって、

次は10年目…なのですが、今年から毎年点検を行うため

4月に点検に伺う予定となっています。

H様邸はOMソーラー(空気集熱式床暖房換気システム・お湯取有)

を導入した、フォルクスハウス(集成材金物工法)です。

南には、熊野町のなだらかで穏やかな風景が広がり、

景色を楽しめる大きなデッキテラスがご両家を繋ぐ仕掛けです。

8年間でメンテナンスを行ったのは、去年の給湯器の故障の件と、

木製サッシ(マーヴィン)の鍵の補修くらいですね。

OMも今のところ、不具合無しで日々頑張ってくれています。

共働きをされているご家族の為、日々の動線に最も配慮し、

人やモノの居場所を定めることで、

動線が交差せず、モノも定位置に収まるようになっています。

外が気持ちいい季節になったら、広々テラスデッキで

たくさん集まっての「そとごはん」が楽しめます。
b0122502_16105190.jpg

冬には、日当たりの良さを活かしてOMが大活躍!

夏も南北に通り抜ける風によってエアコンの使用は最小限です。

これから家作りを計画されていらっしゃる場合、

一番参考になるのは、暮らしの実感がない完成見学会ではなくて

「住まい手様の家」だと思います。

完成時に素敵に見えても、モノが入り暮らしの実感が出てくると

「あれ?何だか違うなぁ。」

ということもあるんです。

モノの置場を決めていなかったらおかしなところにモノがあったり

するかもしれません。

最も大切な「住み心地」の実際は住んでみないと分かりません。

住んで確かめてから建てることができないのが、

注文住宅での家作りの難しい点ですよね。

実際にご自分が希望している暮らしではないかもしれませんが、

家で使われる家電家具類は、そう大きく違わないはず。

良かった点、反省点、どの程度まで希望して任せたのか、

あと、工務店とのその後のお付き合いも聞くことが出来ます。

顔見知りでもないよそ様の家に伺って話まで聞けるチャンスは

めったにないことです。

建ててからが本番であり、何十年も暮らしが続く家です。

出来るだけ実際の暮らしをご覧になられた方がいいと思います。

明日は、ご予約制となっており、まだ少し余裕があります。

ご希望の方は、エヌテックまで申し付け下さいませ。

電話番号 : 082-509-5771

担当 : 松下、ぶつざき





「広島住宅総合館」にエヌテックも登場しています!

エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-03-19 16:12 | イベント | Comments(0)

『小さなストレス。』

b0122502_1648322.jpg

今日は、予報通り雨になりました。

午後には止むようです。

上棟直後の現場が気になりますが、

棟梁の松林さんが朝から現場にいてくれるので

大丈夫でしょう。

よろしくお願いします。

さてCX-5に乗り換えて、丁度1カ月が経ちました。

東広島市~広島市の通勤往復や現場などに出掛ける際に

乗っていますが、今のところ2度しかGSで給油していません。

車に詳しくない私ではありますが、乗り心地も驚くほどよくて

文句なし!大満足です。

が、実はそれ以上に、GSに立ち寄る回数が減ることが

こんなにラクだとは思いませんでした。(笑)

燃費向上(燃料代激減)もとっても嬉しいことですが、

そこは購入前から期待していたこともあって、まあ予想通り。

GSの件は予想していなかったリアルなメリットです。

冬場、氷点下の寒さに耐えながらセルフ給油は結構ツライ。

こういう小さなストレスが減るって随分楽なんだなーと

つくづく実感しました。

家作りでいつも思うことは「見える大きなメリット」は

分かりやすいし、欲しいし、注目されやすい。

「小さなメリット、の積み重ね」は分かりにくく重視されにくいし、

取り立てて欲しいくない、ってことです。

パッと目を引く仕掛けは確かに分かりやすい。

目に見えないことは分かりにくいし、伝えにくいこともあって

どうでもいいじゃん、にカテゴライズされがちのように感じます。

しかし、実際、日々の暮らしは音もなく静かに降る雪のように

淡々と深々と人生として積み重なって行きます。

小さなストレスも、深々と静かに積み重なって行くことになります。

そしてまるでボディブローのように徐々に効いてくる

のではないかと、思います。

予想だにしない小さなストレスをひとつひとつ丁寧につぶすこと。

棚や椅子、テーブルの微妙な高さだったり、洗面ボウルや水栓、

タオルの位置、手摺の感触、とがった角をまるくしたり・・・

どれも「ちょっとしたこと」なんですけどネ。
b0122502_924146.jpg

分かりやすいガツンとでっかいメリット!の陰にある

そんなささやかな配慮が、小さなストレスを消していき、

はっきり意識されないけど、ふと気付いたら

「そういえば何だかラク。」

を作ります。

それがボディブローとしてじわじわと積み重なる日々のの暮らしを支えてる。

じわじわと積み重ねていくうち、

ある日、大きなメリットとなってかえってくるのではないかと。

だから「ちょっとしたこと」はあなどれない。

小さな丁寧の積み重ね「階段まわり編」。
b0122502_919594.jpg

いくつかあるのですが、お分かりでしょうか?↑

ご入居後一番喜んで頂けるのは、そういう小さな丁寧さだったりします。

人が暮らす「家」ですから。

でっかいメリットも、小さなメリットも、両方同じように大切。

今日もエコドライブを積み重ねて、運転向上に励みます!

燃費激減というでっかいメリットがかえって来ますからね。







「広島住宅総合館」にエヌテックも登場しています!

エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-03-18 09:22 | ちょっとしたこと | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

今日のハツイエセミナーも無事終了しました。

熱心に聞いて頂いたことに感謝申し上げます。

エヌテックが取り組む「パッシブデザインの設計手法」とは

どういうことなのか、についてが第1部、

「家作りとエネルギー」についてが第2部、

の2部構成でお話をしました。

実は、パッシブデザインのことを、

「太陽(光と熱)を取り入れて、通風する事でしょ?

そんなの当たり前だし、普通のことでしょ~~。」

と思っていらっしゃる方も多いようです。

確かに、ここに窓を付けて~光と風を取り込んで~・・・と、

何となく雰囲気で出来そうです。

(ホントはやっちゃいけませんが。)

が、問題はその先、です。

太陽熱(暖房)と光(採光)、通風(採涼)などの工夫により、

「快適さ」と「省エネルギー」を得ることが出来るわけですが、

この2つは、実は「数値」にすることが出来ます。

先ず、建物の性能を設定しエネルギー消費量が出れば、

ゼロエネルギーにするにはどのくらいの創エネ(PVなど)が

必要なのかも分かります。

実際に暮らしが始まった際に、予想を「検証」することで、

必要であれば「修正」も可能になります。

また家の性能は、究めればいいってもんじゃないことも

数値を出せばわかります。

(Q値を小さくすればするほど、冬は良くても、

夏の冷房負荷が増えてしまい快適にも省エネにならない。)

結局、バランスが重要なのね~~、も数値で確認が出来るわけです。

皆さん、車を購入される際にイマドキは燃費の表示があって

当たり前の時代で、そこを重視されている方も多いですよね。

車よりずっと価格が高く、耐用年数もずーーっと長い

家の性能や燃費を気にされる方が少ないのは、何故なんでしょう?

車の燃費より、はるかに家計への負担が大きいような気もしますが…

何故なのか、それは、私が思うにはですね・・・

つまり、「提示(表示)されていないから分からない」、

からではないでしょうか?

多分、暮らしのランニングコストが安い方がいい!は

皆さん共通のご希望だと思いますが、

性能や燃費が表示されていない為、

実際の家作りの際には、オール電化が安いんでしょうかね?

くらいしか思いつかないのではないかと思います。

(そういうご質問が多いですね~。)

でも、家は少なくとも30~50年は住むし使うご予定ですよね!?

であれば、自分たちが作ろうとしている家(建物)は、

どの程度(レベル)の性能があり、

性能から想定される燃費はどのくらいなのか、

を、知っておかれた方がいいのではないかと思いますよ・・・・

というか、家計&人生防衛のために知っておくべきでしょう!

家計だけでなく、家の性能が健康に及ぼす影響も”大”ですし。

性能も分からずに家のような超高額の買い物?をされるのって

ギャンブラーに思えますし、不安ではありませんか??!!

長期に及ぶローンによる家計の行く末は気にされても、

家の性能の違いによる家の行く末を気にされる方が少ないのは

(家の行く末は、家計に大きな影響を与えます)

金利の表示はあって分かりやすいけど、

性能や燃費表示はないから「知らないし、分からない。」

のが、実際なのかもしれませんね。

ただ、分からない知らない、どうであれ、

すでに国の方針は省エネルギー(近い将来ゼロエネ)に向かって

進んでおり、走り始めているのも、また事実なんです。

Ginger Houseはもちろん、性能から年間消費エネルギー量を算出し

年間ランニングコスト(目標値)も設定しています。

将来、ゼロエネにも対応できるよう想定済です。

給湯器のリモコンも、エネルギー消費量が分かりやすいことから

選び決定しました。

ご入居後にご自分で確認と調整が出来ますからね。

数字自体は、楽しいものではないのかもしれませんが、

「快適と省エネな心地いい暮らし」の実現は、

数値をちゃんと出すことから実現するのは、間違いありません。

エヌテックでは、可能な限りきちんとやりたいと思ってます。

案外、数値って面白くて楽しいですよ。(笑)








「広島住宅総合館」にエヌテックも登場しています!

エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-03-17 19:37 | 取り組み | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko