<   2012年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

雨になったGW3日目ですが、

こんな日は、自宅でのんびりと読書でもいかがでしょう?

ということで、

家づくりを超!真剣にお考えの方におススメ本です。

「そうか、こうやって木の家を建てるのか。」(田鎖郁男著)
b0122502_9331466.jpg

この本は、ベストセラーになったそうですよ。

私がおススメするからと言って、これは、

工務店を推奨する本ではなく、見分け方の指南本と言っていいでしょう。

著者の田鎖郁男さんは、

「SE構法」で有名な「NCN」というネットワークの代表です。

元日商岩井の木材本部に在席されていた経歴を持ち、

材料供給側から建築業界を隅々まで知る方です。

工務店の経営者や建築実務者が書いた特定の工法だけを推奨したり

自画自賛の自薦本ではない、クールな視点がポイントです。

私が読んで、正直納得できない点も実はありましたが、

それでも、第3者的にちゃんと分析を交えて”感情に溺れることなく”

(ここ重要!)

家づくりを検討すると言うことは「どうすること」なのか、を

整然と書いてあります。

一番最初に出てくる、「車」を購入する際との違い。

これは必読!

もうひとつ、25のチェックポイントが出て来ます。

ヤバイ!と思った点もありましたが(汗)

ほぼ、なるほどね、です。

車の何倍も高いお金を支払う「家」。

(土地は、現物を見て(地盤の良し悪しの判断は難しいとしても)決められます。)

しかも、完成形が分からないモノをご契約頂く訳です。

マジでご一読をおススメします。


お知らせ:

「そうか、こうやって木の家を建てるのか。」

を、ご希望の10名様にプレゼント致します。

エヌテックまでお申し付け下さいませ。

TEL:082-509-5771

mail:info@ntecj.co.jp

資料請求フォームから





<「住まい手さんの家見学会」を開催のお知らせです。>

”共に暮らす。2世帯住宅の暮らし方、あり方。”

お施主様のご厚意により、

お引き渡し後8年目を迎えた、2世帯住宅の見学会を開催させて頂きます。

今、最も注目される暮らしのあり方として「2世帯住宅」があります。

一緒にいることでの安心感や、助け合い、にぎやかに過ごす家族の時間が

何よりのメリットです。

どのようなプランで、どのように暮らしていらっしゃるのか、

実際の暮らしぶりや、一緒に暮らそうと決められた動機、

気になる建築費や、ランニングコストなど、

なかなか他では聞けないお話も住まい手様に聞いて頂くことが出来ます。



開催日 : 2012年5月13日(日)

開催時間 : 午前10時~午後3時(15時)まで

場所 : 広島市安佐南区沼田

お住まいの情報 : 木造2階建て


※ご入居中のお住まいのため、事前のお申し込みをお願致します。

ご見学をご希望の方は、下記までお申し付け下さいませ。

現地までの地図を送付させて頂きます。

<お申込先はこちらです。↓>

TEL : 082-509-5771

MAIL : info@ntecj.co.jp

担当 : 佛﨑(ぶつざき)、松下 まで。
b0131012_10405354.jpg

b0131012_1041967.jpg










「省エネ」するなら面白くやろう!
b0122502_10331183.jpg







ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2012-04-30 09:34 | BOOK | Comments(0)

『補助金ラッシュ!』

今日はGW2日目、いいお天気でまさに行楽日和ですね。

お気楽庵(松下自宅)の太陽熱温水器も絶好調です!

さて、エヌテックの設計コンビtaniguchi&watanabeです。
b0122502_11143710.jpg

今、彼らは「省CO2先導事業」の書類と格闘中です。

エヌテックでは、今年平成24年が「ゼロエネ元年」ということもあって

ゼロエネ関係のいくつかの補助金にチャレンジします。

「ゼロエネ住宅」については、経済産業省、国土交通省併せて

2つの補助金が予定されており(経産省系は 上限350万円!ひえー!)

これは、どちらも応募が可能な仕様設定の準備がすでに出来ています。

およそのスケジュールですが、8月頃に着工のお住まいが該当しそうです。

もうひとつ、「地域型住宅ブランド化事業」(木のいえ整備事業の後継?)の公募も

も始まりました。

こちらは、毎年のことでもあり、ほぼお馴染です。

エヌテックも加盟している「広島県工務店協会」さんが応募されます。

「省CO2先導事業」は、初の単独チャレンジとなり、

採択されるかどうか分かりませんが、

大体の構想は出来ました。

あとは、まとめて行くだけです。

今年は、やはりエネルギー関連について補助金が多いですね。

時代は「減らす」方向で進んでいると言って間違いないです。

数年後には、当たり前になる「ゼロエネ住宅」。

大きな補助金がもらえるチャンスの今年、先立って取り組むことで

メリットも大きいですね。

エヌテックでは、ゼロエネ住宅や補助金に関するお問い合わせも、

随時お受けしております。

お気軽にお申し付け下さいませ!





<「住まい手さんの家見学会」を開催のお知らせです。>

”共に暮らす。2世帯住宅の暮らし方、あり方。”

お施主様のご厚意により、

お引き渡し後8年目を迎えた、2世帯住宅の見学会を開催させて頂きます。

今、最も注目される暮らしのあり方として「2世帯住宅」があります。

一緒にいることでの安心感や、助け合い、にぎやかに過ごす家族の時間が

何よりのメリットです。

どのようなプランで、どのように暮らしていらっしゃるのか、

実際の暮らしぶりや、一緒に暮らそうと決められた動機、

気になる建築費や、ランニングコストなど、

なかなか他では聞けないお話も住まい手様に聞いて頂くことが出来ます。



開催日 : 2012年5月13日(日)

開催時間 : 午前10時~午後3時(15時)まで

場所 : 広島市安佐南区沼田

お住まいの情報 : 木造2階建て


※ご入居中のお住まいのため、事前のお申し込みをお願致します。

ご見学をご希望の方は、下記までお申し付け下さいませ。

現地までの地図を送付させて頂きます。

<お申込先はこちらです。↓>

TEL : 082-509-5771

MAIL : info@ntecj.co.jp

担当 : 佛﨑(ぶつざき)、松下 まで。
b0131012_10405354.jpg

b0131012_1041967.jpg










「省エネ」するなら面白くやろう!
b0122502_10331183.jpg







ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2012-04-29 11:14 | お知らせ | Comments(0)
今日は、まるで夏のような日差しですね。

先程、車の中で日焼けが気になって仕方ありませんでした。

UVケアしなくちゃね。

今日からGWに突入されている方も多いかと思います。

山陽自動車道では、早速「宮島SA混雑」の案内が出ていました。

あのSAは、宮島が見えることに加え、独立したスタバがあって

気持ちのいいスペースなんですよね。

お出掛けの方は道中お気をつけて!

そのGWがあけた、5月13日(日)はエヌテックのイベントへどうぞ!

ってわけで、「2世帯住宅」のM様邸をお借りして

住まい手さんの家見学会を開かせて頂くことになりました。
b0122502_1430623.jpg

このブログでも何度かご紹介している2世帯住宅ですが、

案外と、その実際を拝見する機会がないですよね。

ご家族構成や暮らし方によってあり方も違う2世帯住宅ですが、

一緒に暮らすことをお考えのご家族様にとっては、

実際をご覧頂いてお話を聞いて頂く貴重な機会になると思います。
b0122502_14304841.jpg

2階は子供さん世代の住まい。↑勾配天井を活かした開放的な空間です。

よそのあり方を参考にして、

「うちはこうじゃない方がいいかな?」とか

「ここは取り入れたいね。」など、

リアルにご検討を頂けること間違いないです。

個人的には、とってもおススメの暮らし方なんでよね。

「共に暮らす」って、大変なところもあるかもしれないけど、

やっぱりいいもんだ、って思います。

仲良くたまにはケンカもしながら、にぎやかに過ごして頂きたい…

お子様の成長や、いろんな記念日など、

様々な節目を、ご家族皆さんで”大っきなテーブル”を囲んで欲しいな、

って思います。

あれ?テーブル?

そう、食いしん坊なんで、食べる席が一番楽しいと信じてるんですよ。(笑)

もちろん、エヌテックがご提案するのは、

「快適で省エネな暮らし」が出来る住まい、ですよ!





「省エネ」するなら面白くやろう!
b0122502_10331183.jpg







ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2012-04-28 14:31 | イベント | Comments(0)
今日は、まるで夏のような日差しですね。

お気楽庵の太陽熱温水器お湯取りに期待が出来そうです。ウヒ(笑)

さて、昨日の業界ニュースでも流れましたが、

ゼロエネルギー住宅に対する補助金が、いよいよ始まります。

5月中旬に案の募集が始まるので、実際には7月頃になるのでしょうかね?

(内容をよく確認して)エヌテックからも応募する予定です。
b0122502_15181637.jpg

ゼロエネ住宅とは、自宅で使用するエネルギーがネットゼロ(収支ゼロ)

になる家のことです。

全体消費量を減らしながら、創エネも加え、差し引きゼロに持って行きます。

躯体の断熱気密性能を上げることは必須ですが、

パッシブデザインの手法による暖冷房換気に要するエネルギー減も欠かせません。

全体が減れば、創エネ分も小さくて済みます。

いみじくも昨日付けの新聞で、太陽光発電による余剰電力買い取り価格が

42円/Kwで決まったとの報道がされていました。

エヌテックでは、現在東広島市で建築中のお住まいを「ゼロエネ」で取り組みます。

冷暖房はもちろん、家電調理も含めたゼロエネです。

パッシブデザインの効果も十分期待できる立地条件もあって、

快適性を損なわず、”ゼロエネ”の実現に向けて頑張ります☆







「省エネ」するなら面白くやろう!
b0122502_10331183.jpg







ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2012-04-27 15:18 | 取り組み | Comments(0)
先週末にお引き渡しが完了したW様邸こと、

「clover house」です。
b0122502_9173938.jpg

奥様にアイディアを頂いて出来上がったこだわりのキッチン。

アイランド型ではあるのですが、

島部分が”配膳スペース”になっています。

ま、大きさは違いますけど、

レストランの厨房などは、こういうスタイルですよね。

カウンターは”タモ”の無垢材、その他の部分は無垢の杉材です。

壁面のタイル(陶器)もそうですが、素材の持つ質感と色合いが決め手です。

タイルは滑らかな艶と光を持ち、無垢の板はマットな佇まいを、

取っ手のステンレスも鈍い光を放ちます。

アイランド部分の上空には、棚板(無垢の杉)。
b0122502_9203889.jpg

どんな風に使われるんでしょうね~?楽しみ☆

clover houseのキッチンは、今現在の何も無い完成時より

暮らしが始まってからの方が間違いなく断然ステキになりますね。

お手持ちの食器(器)たち、かご、リネン、ツール、様々な食品…

お引っ越し後がすっごく楽しみです。

こちらは階段スペースを利用した「本棚」。
b0122502_9191661.jpg

埋め込みダボレールは、taniguchiのアイディア。

本だけでなく、いろいろ楽しめそう☆

階段の昇り降りが楽しくなりますね。

もうすぐやって来る夏に、大活躍するであろう”屋根付きの縁側”。
b0122502_9192972.jpg

屋根による日射遮蔽と、ルーバー雨戸での通風・日射制御も

快適&省エネに向けて期待大です。

もちろん、「そよ風」クンの活躍もこれからのお楽しみ♪

お引っ越し後約1か月後にお伺いさせて頂く予定です☆





「省エネ」するなら面白くやろう!
b0122502_10331183.jpg







ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2012-04-25 09:25 | WORKS | Comments(0)
いや~、今日もいいお天気ですね☆

太陽熱温水器でバッチリお湯が取れそうです。ウヒっ。

東広島市八本松で「T様邸(杏庵)ご新築工事」が始まっております。

杏庵(あんあん)は、長期優良住宅の認定を受けたお住まいです。

性能評価で示すところの「耐震等級3」(最高等級)の構造を設定しています。

(ちなみに、温熱等級は4です。←こちらも最高等級)

家づくりをお考えの際に、見える部分について(つまり雰囲気の好み)

熱心にご検討をされる方が多いようですが、

それと同じくらい「構造」を重要に考えて頂きたいのです。
b0122502_9323671.jpg

こちらは構造の基本「基礎」の配筋。↑(同じく長期優良住宅clover houseにて)

いつくるか分からない災害に対して、ステキな空間は毎日のこと、

限られたご予算の中で”ステキ”に予算を振り分けたくなるのも分かります。

優先順位は何か、ということになろうかと思うのですが、

「家」は「人の命を守る場所」であることを決して忘れないで頂きたいのです。

(家に限らず、人が使う建築は全てその使命を帯びていますね。)

しっかりした構造を持ち、中に住まう人を守ること、

これこそが家づくりの基本です。

じっかしりた構造にしたから、雰囲気が台なしになった…ってことはないです。

ぜひとも、守ること、楽しむこと、2つを一緒に考えて欲しい。

ちゃんと守れてこそ、安心して暮らしを楽しめると思います。

構造計算をちゃんと行って言葉だけではない「裏付けのある安心」を提供する。

エヌテックの家づくりの基本中の基本です。

「杏庵」では、上棟後に構造見学会を予定しております。

また、日程などが正式に決まり次第お知らせを致しますね!







「省エネ」するなら面白くやろう!
b0122502_10331183.jpg







ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2012-04-24 09:33 | 取り組み | Comments(0)
私にとって初めての「村上春樹」本です。
b0122502_925181.jpg

この本を購入するきっかけは、

リンケンさんのお客様でもあるT先生の書評の中の1冊だったことです。

村上春樹と言えば、新作を出すたび超のつく世界的なベストセラーとなり、

ノーベル文学賞(!)の候補にもなっているというほどの

世界的な人気と実力を兼ね備えた作家ですよね。

なのにこれまで何となくスルーしていたんですけど、

T先生の書評を読んでふと手に取ってみたい気になりました。

インタビュー(インタビュアーはさすがにワールドワイド!)なので、

村上春樹本人の人柄と考えが垣間見える内容です。

いわゆる文壇とは無縁の立ち位置で創作活動を続けていて

暮らしぶり(?)もこれまでの作家のイメージと違って?あくまでも健康的。

つい最近朝日新聞で見かけた(ご本人の)写真は

さすがに日々走っているだけあって予想外に(失礼!)カッコ良かったしね。

「身体を若くしておくことは精神にとって大事なことです。」

確かに。

創作(特に長編)は相当な体力を必要とする過酷なものでしょうから、

現実的な問題として、不健康じゃ続かないよね。

あと、

「僕が求めているものは自然でシンプルな文章です。…」

に続く言葉も印象的(P149)。

今さらながら、村上春樹に興味を抱いた私は本屋へ向かい、

文庫として平積されていた超ベストセラー「1Q84」をGET。

GWに読んでみようと思います。






「省エネ」するなら面白くやろう!
b0122502_10331183.jpg







ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2012-04-23 09:26 | BOOK | Comments(2)
古いヤツだとお思いでしょうが・・・

(分かる方が何人いらっしゃるのでしょうか…笑)

私はこのブログでもしつこくい書いているように

「玄関」(&玄関ポーチ)の存在を重要に考えています。

こちらの写真は、昨日お引き渡しをさせて頂いた
b0122502_14151119.jpg

広島市佐伯区の長期優良住宅「clover house」の玄関内部です。

ちなみに、収納の内部はこんな感じで十分な収納量を確保してます。↓
b0122502_14155455.jpg

b0122502_14174918.jpg

壁に埋め込んだポスト口。郵便物は玄関内部収納へ入ります。↑

clover houseの真っ赤な玄関ドアを開けると、

真っ正面にはトーメイガラスの掃き出し窓がありたっぷりの日差しが入り、

縁側の向こうには、シンボルツリーの”いろはもみじ”が見えます。

”おもてなし”という言葉は好きではありませんが、

玄関という場所は、世間と繋がるフォーマルな部分でもあり、

ご近所様、宅急便の方、学校関係の方、ご友人…

玄関先でお迎えし、ここで用事を済ませることも多々あります。

ホールとプライベート空間を仕切る引き戸によって

”ハレ”(外面良く)と”ケ”(ダラダラOK)に分かれるわけです。

ここが”ケジメ”の部分です。

仰々しく飾り立てる必要はありませんが、

世間様と繋がる部分(ハレ)は、やはりそれなりに気持ちが良くしたいもの。

日常の使い勝手も考えつつ、ハレの部分としての役割も考える。

「家」って、個人様のプライベートな所有ですけど、

社会的な存在でもありますからネ。

シャキッとするところと、思いっきりだら~んと出来る部分、

ちゃんとケジメをつけた方が、カッコいいかなと思うし、

楽しいじゃないですか☆






「省エネ」するなら面白くやろう!
b0122502_10331183.jpg







ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2012-04-22 14:18 | WORKS | Comments(0)
今日の午後からは、clover houseことW様邸のお引き渡しでした。
b0122502_18405239.jpg

後ろ髪をひかれる名残惜しい気持ちはやまやまですが、

早く暮らしをスタートして頂きたい気持ちもホントです。
b0122502_18411141.jpg

ご家族総出(+butsuzaki)で作業して頂いた床塗りも完了!↑

各業者さんからの取扱説明の後、エヌテックからは

「そよ風」の説明と保証書などのご説明を。

社長からのご挨拶です。
b0122502_18403544.jpg

W様からも心温まるご挨拶を頂き、心より感謝です!
b0122502_1841282.jpg

いいご縁があっていい土地に巡り合われ、

木の温もりにつつまれたW様ご家族らしいお住まいが出来上がったと思います。

ホントに笑いの絶えない楽しいお打ち合わせの日々でしたね。

いろいろアイディアを頂いて出来上がったオリジナルキッチン。
b0122502_18414092.jpg

窓から見えるのは、オリーブの木。

玄関の中を入ったら見えるシンボルツリーは、いろはもみじ。
b0122502_18415387.jpg

ご家族と家と共に成長して行ってくれると思います。

お住まいに名付けた「四つ葉のクローバー」のように

地面の下の根っこがこの家であって、

そこから咲いた暮らしが幸せに満ちたものでありますよう…

スタッフ一同が心から願っています。

これからもエヌテックはW様ファミリーの後ろ盾となって

ご家族皆様の暮らしを支えて行きたいと思います。

何かあればお気軽にご連絡下さいね。

今後とも末長くどうぞよろしくお願い致します!







「省エネ」するなら面白くやろう!
b0122502_10331183.jpg







ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2012-04-21 18:43 | WORKS | Comments(2)
エヌテックブログにもありましたが

東広島市八本松にて、「杏庵」ことT様邸工事が始まりました。

地盤調査結果により、一部補強(改良)が必要と判明し、

現在その作業中です。
b0122502_856307.jpg

地盤補強や改良は、キッチンや設備機器類と違って

最後は見えなくなってしまうため、

何となくお金を掛けるのが楽しくない(?)部分です。

が、ステキな空間もうきうきキッチンも、降り注ぐ太陽の光も、

地盤というものにガッチリ支えられて初めて安心して楽しめるわけです。

建物を支えて行くに十分な地盤があってこそ。

地震による被害を最小限にするためにもしっかりした地盤が必要です。

地上に咲いた花は、地面の下の根っこがしっかりしているからこそ

幸せな暮らしという美しい花を咲かせる・・・

基礎工事も同じですネ。

地盤の改良の次は、基礎工事が始まります☆






「省エネ」するなら面白くやろう!
b0122502_10331183.jpg







ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2012-04-20 08:57 | WORKS | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko