<   2009年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

「ナガオカケンメイ」さんは、その名前がすでにブランドになっている

北海道出身の超有名デザイナーです。

彼のブログ、「ナガオカ日記」に、こんなことが書いてありました。

ちょっと長いんですけど・・・

「その土地にかっこいい石積みの壁をつくろうと考えていたとき、専門家にそれを言うと、

「石が出てくるんですか?この土地?」という。

もちろんも元は田んぼ。石など出てこないというと、

「じゃあ、石積みの壁なんて無理ですよ」という。

食い下がって「いや、いつか香川に行った時、よく道の横のノリがずっと石垣になっているの

あるじゃないですか、ああいう感じにしたいんです」。

そう言うと笑われた。

あの石垣は、道をつくっている時に石がごろごろ出てきてしまったのを横に積んでいるのです。

どこからか持ってきたかっこつけではありませんよと。

冬にスイカを食べ、田んぼを畑や道路にしてしまう人間の欲望。

石なんて出てこない道の横に、どっかからデザインを良くしようと持ってきてしまう私たち。

自分の土地の中にある山に生えている10メートル程の樹を、平らな土地に移植できないかと聞

くと、できるか、できないかはやってみないと分かりませんが、根回しをするのに4年くらいはか

かりますよ、と言われて、そこではじめて目が覚めた。

そんな不自然なことをしてまで、格好よくなりたいのだろうか。

冬は冬である。夏は夏だ。岩手は岩手だし、長野は長野だ。

日本はアメリカではないし、山は平地ではなく、田んぼでほうれん草はできない。

砥部焼は砥部の焼物だ。」

まったくもって同感。

さすがは、百戦錬磨だ ナガオカケンメイ。

不自然なカッコよさは、結局独りよがりだってことに気付いてないだけかもしれない。

自戒をこめて・・・無理はやめましょうね。
by ntecj-yoko | 2009-01-31 13:48 | ちょっと注目 | Comments(0)

『新しさから本質へ』

↓1月29日付、朝日新聞の記事です。
b0122502_11482338.jpg

ファッションの世界も、「本質回帰」が最先端?らしいですね。

今回のパリコレでは、デザインの新しさ自体を避けるような動きが目立っていたそう。

「もう、”新しさ”が人の夢や欲望を刺激する時代は、急速に終わりかけている」

「ディオール」「シャネル」「プラダ」「ボッテガベネッタ」・・・

今シーズンのテーマに”本質”や”プリミティブ”(根本的)を掲げるブランドが多く見受けられた。

そう記事にありました。

新しいものや斬新なものが好まれること、はこれからもなくならないと思います。

モノによっては、新しくて斬新な方がいいことだってあるし。

でも、それが本当に魅力的デスカ?と聞かれたら・・・

う~~ん、個人的には記事に、近い・・・かもしれないナ。
by ntecj-yoko | 2009-01-31 11:54 | ちょっと注目 | Comments(0)
さて、三越を出たワタシタチが向かったのは、「広島パルコ」。

H子隊長イチオシ!の「ROSEBUD」(ローズバッド)と「スナオなんとか」(忘れました・・・。涙)

先ずは、1階の「ローズバッド」に突入!

ここは、セレクトショップなので、単一ブランドだけで構成されていないのが特徴。

ショップのセンスで選び抜かれた商品が、そのショップのセンスを表現するというもの。

H子隊長曰く「BEAMSは、必ず行くんよ。チェックにね~。」

「BEAMS」(ビームス)はご存じ、セレクトショップの雄、いや、もう老舗と言っていいかな?

ワタシもファンなんですが、H子隊長が行ってるとなると、自分も合格したみたいでウレシイ♪

BEAMSでは流行りとオシャレなものチェックと、物差しにするんだそう。

セレクト眼の確かさがあるってことでしょうかね。

さて、「ローズバッド」では、Mちゃんが、欲しいと言っていた”マキモノ”をGET!

鮮やかだけど彩度はやや低めのオレンジが、ダークブラウン系の洋服にbestマッチ。

H子隊長からも、合格証が。

確か、マキマキしやすい薄いWOOL100%でありながら、お値段も、三越よりリーズナブル!

いいお買い物に、Mちゃん大満足。

すごく似合っていたんで、何だか悔しい。(?)

その後、ワカモノ系流行りを「ふーん」と確認のため2階を回遊してパルコは退散。

で、当日、H子隊長が持っていたBAGに注目していたワタシタチ。

「もしかして、それ、バネッサ・ブリューノ(vanessabruno)?」

懐かしの・・・と言いたくなるブランドもんですが、くすんだブラウングレーとシルバーっぽい

スパンコールが、今、新鮮じゃーありませんか!

「実は、今、半額になってるんよ~~。」えっ、ナント!

金座街にある、ショップ(こんなところにあったなんて知りまへんでした。)へ突入。

まず、H子ちゃんとお揃いをMちゃんが迷わずGET。

ワタシは・・・欲しいな~と思いつつ、色がどうかなぁ・・・と少し悩んで、保留。

一度、終わったはず?のブランドでも時を経て新しく新鮮に見えることがある、ってことね。

その後、「ZARA」で、さんざん試着し、ワタシはH子隊長におススメされた黒いセーターを

本日初のお買い上げ。

これが、この価格でー!?と驚く流行りを抑えたデザインと安さ。

けど、まーしゃーないんですけど、クオリlティは望んじゃ駄目ね~。

(しかし、好き好きはあろうと思いますが、ユニクロの質の高さには改めて驚き。)

1シーズンではやりモンを楽しむためのショップですな。

たぶん、H&Mもそーなんでしょうね。きっと。(実物見たことないけど。)

なるほど~~。

洋服版「IKEA」なんだわね、と勝手に解釈。

ジャケットなど格が欲しいもんはそれなりにして、インナーや流行りモンは「ZARA」で、かな。

家なら・・・躯体は200年住宅レベル、家具類(STUFF)などの変わる可能性があるもんは

IKEAで、ってとこでしょうか。

その後、そろそろ疲れたこととお昼時になったんで、ランチ(お好み焼き)へ。

「アンタ、自分だけで買っちゃダメじゃけんね!」と釘を刺されたワタシ。

ファッション有段者への道は険しいー!

ファッションクルーズ隊は、本日は、ここで解散。

その後、優柔不断なワタシは、もう一度「バネッサ・ブリューノ」へ行きました。

「いらっしゃいませ。あらっ?(微笑)」

ハイ、そうです、あのBAGをお願いします・・・。

↓これが、戦利品のBAGです!
b0122502_9404890.jpg

b0122502_9411377.jpg

キャンバス地ながら硬過ぎずで、大きさもほどほど、A4対応サイズ。

スパンコールのキラキラが日々気分をアゲてくれます。

やっぱり、ちょっと華やかさがあるとウレシくなるのはどーしてなんでしょうね?

最近、お仕事BAGとして毎日持ってマス。

ファッション大好き情報はバッチリ、でもセンスなし(涙)、のワタシ。

持って生まれたセンスの持ち主、H子ちゃんへの道は相当遠いけど、

今年はオサレおばさん目指して修行に励みますっ!
by ntecj-yoko | 2009-01-31 09:56 | ちょっとお出かけ | Comments(0)
さてさて、先日オバサン3人組で出かけた、「ファッションクルーズ」のお話です。

オシャレ番長H子ちゃんを隊長に、先ずは、「広島三越」に集合!

例によって、H子ちゃんチコク。

待ってる間に”Sセンセ”ことMちゃんと1階でマキモノ関係のワゴン(セール品)を捜索。

結構、エエものがありますな~、さすがは三越。

そこへ遅れること約20分、H子隊長登場。

先ずは、2階へ直行で、「ポール・カ」(PAULE KA)へ。

もちろん、普段なら絶対にに入ることはないハイブランド(ってほどでもないか)ショップ。

恐る恐る見ると、セール品と春物が半々といったところでしょうか。

H子隊長のおススメのワケは・・・「形と色がキレイ。よくコピーされてるんだよね。」

たま~に、買うそうです。スゲー!

キレイ色のステキなニットのアンサンブルもあったけど、他も見るためお礼を言って出る。

次に入ったのは、「アンテプリマ」(Anteprima)。

キラキラと美しく輝く”ワイヤーバッグ”が大ヒットしたことで有名。

かっちりとしてないハンドメイド感と素材のハイテクが融合した感じですね。

日本人デザイナーブランドと知り、ビックリ仰天。

えー、ブランド名からしておフランスかと思ってたワ。

そのワイヤーバッグも進化していて、いろんなデザインがありました。

欲しいな~と思ったのですが、当然セレブ価格のため、見学のみとさせて頂きました。

やや重いけど、ウキウキさせる華があります。

エヌテックがいつもお世話になっている司法書士のY先生、お持ちです。

これが、似合ってるんだな。悔しいことに。

次に、閉店が決まっているという「ザ・ギンザ」へ。

「ケイタ・マルヤマ」はじめ、ちょっと華やか系の小技が効いたセレクトが上手い。

「これ、印鑑とか入れて持つと、お客様におっ!と思われるよ、買いんさい。」

と、グロランと思わしき上品な光沢ある生地の小ぶりなポーチで早くもワタシに指令が!

思いもしないモノへの指令に、え?他も見たいじゃんか~・・・と、見送ることに・・・。

「もう~、だめじゃねー!」とここでまずお叱りが。

ここでは、他に、「セコイア」(SEQUIOIA)のバッグもチラ見。

う~ん、実用的だしいいけど、ちょっと味気ないかな~~?

でも、エナメルの質感には、ココロ惹かれるものがあるな。

そろそろ、次の目的地「パルコ」内の「ローズバッド」へ・・・・・続きます。
by ntecj-yoko | 2009-01-30 10:56 | ちょっとお出かけ | Comments(0)
1月28日(水)、29日(木)と、名古屋に行ってきました。

大尊敬する建築家「秋山東一先生」を講師に迎えての「秋山設計道場」なるものが

開かれたのです。

全国から26名の設計士が集結し、これから半年間月イチペースでビシバシ鍛えられます。

課題となった現地をくまなく下見する設計士軍団。↓
b0122502_9334010.jpg

名古屋の超売れっ子工務店、「コスモホーム」さんのお仕事も拝見。↓
b0122502_934041.jpg

この日は懇親会も開かれました。

会場となった広島では見たことがないほど超でっかいスーパー銭湯(さすがは名古屋!)で、

ワイワイガヤガヤ夜分遅くまで親交を深めたのでした。

一夜明け、いよいよ道場本番。

皆で現実的でシビアな条件の元、課題を仕上げ、順番に全員が発表。

秋山先生から鋭く厳しいお言葉も頂きながら、設計とは何か、から、非常に勉強になりました。

しかし、面白いなあ・・・みんな、個性的というか、どれ一つとして同じプランがなかったんです。

ヒトのお仕事を拝見する機会は、そうあるんもんじゃない。

どのプランも、いろんな考え方や地域の特性があって、興味深かったです。

これは自分の狭い殻・枠を取り外すいい機会だな、間違いなく!

早くも来月が楽しみです。☆
by ntecj-yoko | 2009-01-30 09:40 | 取り組み | Comments(0)
「マノス」さんは、ワタシが思うに、広島一センスのいい雑貨屋さんです。
b0122502_20141168.jpg

西区観音の表通りではない場所、しかも、2階にあるため、

通りがかりにふらりと入るって感じじゃありません。
b0122502_20143234.jpg

が、可愛らしさとは無縁の黒い鉄骨階段、ショップのドア、から、このショップが

どうやらタダものじゃない期待大!の雰囲気は漂ってます。

実は、エヌテックのショップカード、名刺は「マノス」さんのデザインによるものです。

そのセンスの良さに惚れ込んで依頼をしました。

マノスが、他のショップと違うな~と感じるのは、感度と意識の高さ。

って言っても、気取ってるわけじゃなく、あくまでもマイペース。

商品を見るとお客に媚びてないのは、すぐに分かります。
b0122502_20145227.jpg

ここに来ると、ありきたりじゃないきらりと光る何かを見つけられそう・・・って思います。

ちょっと置いてあるものだって、「う~~ん」と唸るセンスの良さ。

流行は追ってないけど、思いがけず先取りしてしてしまっているものもありそう。

↓アイアンのフック。インド製だそうでお値段もリーズナブルで感激。
b0122502_20151220.jpg

これは、要チェック!

ようするに、見極める”目”ってことですね。

思わず、手紡ぎ手編みのステキなセーター、買っちゃいました。ハハハ。

ショップのお隣には、カフェもあり、こちらもちょっとまったりできておススメです!

追伸:そう言えば・・・ここのカフェでは、広島一センスのいいお花屋さん、

ドゥジエムさん』のお花の教室も定期的に開かれてます。

「MANOS GARDEN」…広島市西区西観音町11-7 TEL:082-294-5660
by ntecj-yoko | 2009-01-27 20:18 | ちょっと注目 | Comments(0)
えー、もう6年ほど前になるのでしょうか?

無印良品(MUJI)が、出した面白い本(雑誌?)です。↓
b0122502_11123858.jpg

「ビンボーくさくならないインテリアのコツを教えます。」ってコピーが泣かせる。(笑)

MUJIと言えば、シンプルで形もコスト的にも無駄を排除した製品づくりがコンセプトですよね。

確かに、全部MUJIにすると、ビンボーくさくなる可能性は大。

そのMUJIが、「ゴージャス」?というんで、こりゃ面白いさすがMUJI、と迷わずGET!

MUJIの製品を使って、確かにビンボーくさくなく尚且つアートな世界が展開されてます。

で、その中でワタシが「おっ。いいじゃん!」と思ったのが、このページ。↓
b0122502_10483471.jpg

そう、あの超売れっ子トップクリエーター「吉岡徳仁」の事務所なのです。

150年前の米倉を移築した構造体に、現代の工業素材を融合させてあるのです。

さすがに、現代日本を代表するトップクリエイター、ありきたりじゃないステキな空間。

ご本人の後ろに見える本棚が、MUJIの段ボール製なんですが、これがナイス。

「最初は、作り付けで棚を作ったんですよ。でも、すごく立派なものになってしまって・・・」

ということで、

「もっと、ラフな感じがいいな、と思い・・・」

で、その立派な棚を壊して(多分)、段ボールの衣装ケースを本棚として採用したそう。

(ただ、そこは吉岡徳仁。扉を取ったり通常の使い方じゃないことになってるみたいです。)

そう、僭越ながら、同感~~!

最近感じるのが、確かにちゃんと作ってあることは必要なんだけど、

全部じゃなくって、必要なところだけちゃんと作ればいいんじゃないかな?ってことです。

将来どうなるか分からない間仕切り、家具類は特に、軽く作っておかないと実際問題として、

変更する際に厄介なことになる可能性もあるし、

どーしても、職人さん、は当たり前にちゃんと確かに立派に作ってしまう。

そうなると、見た目的にも、重厚で立派すぎてしまって、ナンか違うなぁ・・・です。

「古さと新しさ」、「重厚さと軽さ」の融合(MIX)、がいいような気がします。

現在、あるお客様のリフォームを計画中です。

お客様のキャラクター、物件が”中古”(ユーズド)であるということをいい方向に生かして、

上記のMIX=融合オモシロ空間を作り上げるご提案を、iidaと共に考えてます。

ナカナカ難しいのですが・・・これが、とっても楽しい☆

あ、でも、そこはエヌテックの仕事。

南欧風とかヨーロピアンじゃないんですよ~~、古民家でもないけど、ネ。(笑)
by ntecj-yoko | 2009-01-27 11:10 | 取り組み | Comments(0)
昨日は、西区己斐大迫のKさまのご厚意により、

見学会を開かせて頂きました。有難うございます。

熱心なお客様にご来場を頂きまして、有難うございました。

しかし、Kさまは、すごい!

3年目に入ったようには、とてもじゃないですけど見えません!

キレイに使って頂いて、家も、ワタシも感激です。

キッチンのシンク、洗面化粧台のボウル、ピカピカに磨かれてました。

あと、すっかり暮らしと家がしっくりと馴染んでましたね。

嬉しいなあ。

Kさま邸は、「木造打ちっぱなし」のフォルクスなんですけど、エヌテックとして初めて、

大壁(柱を見せない)に挑戦させてもらいました。
b0122502_187883.jpg

合板打ちっぱなしで目にうるさくなりがちなフォルクスを、いかにすっきり見せるか、

にチャレンジしたのです。

ちなみに、天井は張ってません。

現場と大工さんは、目すかし部分、取りあい部分がものすごく大変だったそうで・・・

そういや、現場も大工さんも目がつりあがっていたよなぁ・・・すみません!

今見ても狂いもない丁寧な仕事ぶりは素晴らしいです。

オバサン設計士のわがままをやり遂げてくれた、現場と職人さんに深く感謝、です。

玄関ドアは、ワタシの大好きな色「ペールブルー」を提案させてもらい、OKを頂きました。

洗面所は、ご要望もあり、ニュアンスのあるタイル張りにしました。
b0122502_187535.jpg

大正解でしたね。いい感じ。

水はね、汚れの拭き取りやすさ、顔の洗いやすさを考えて、埋め込みにしてます。

どうなのかなあと、当初は心配しましたが、カビもなく、目立った汚れもありませんでした。

どれも、Kさまと作り上げた懐かしい想い出です。

時の流れによって、キッチンも、玄関も、洗面も、少しづつ味が出てきました。

昨日、ご来場の方の言葉です。

「無垢の床ってキズがつくのがいいよね。」

ワタシも同感です。

キズもつかないものって、大切にできないような気がするのです。

人も自然の一部だから自然の素材だとフィットするのかな?

やさしくされて・・・大切にしたいから、自分もやさしくなれる。

10年後も、楽しみなのです。
by ntecj-yoko | 2009-01-26 18:07 | 取り組み | Comments(0)
↓1月24日(土)の「中国新聞」の記事です。
b0122502_846271.jpg

2010年春に完成予定マンションは、なんと!電気自動車対応らしい!!

写真のように、駐車場に充電用電源を装備し、使用した分は各家庭の電気料金に加算される

という仕組み。

某デベロッパーさんと中国電力さんのコラボですね。

インフラ整備はちょっと先の話かと思っていたら・・・

う~~ん、早いうち劇的に変化しそうな予感☆

写真の車は某社のコンパクトカーですが、ぜひ、「MAZDA」に頑張ってほしい!
by ntecj-yoko | 2009-01-26 08:49 | ちょっと注目 | Comments(0)
今日の広島は、冷え込んだ寒い一日でしたが、

午前中に確定申告のご案内でお邪魔させて頂いた、2008年お引き渡しの

安佐北区のYさま邸は、山長の杉+薪ストーブ+OM+セルローズファイバーの断熱で、

こんな日も室温22度(暖房器具といえるのは薪ストーブのみ)、ヌクヌクでした。

それでなくても話が長いワタシは、快適さのあまり超!長居をしてしまい・・・

すみませんでした~~!!

あと、Yさま邸が、何故か”まったりできる”ってのも大きいです。

最近よく感じるのが、「繊細でキレイな美しい家」って、確かに”ステキ”なんだけど

どうも疲れるなぁ・・・ってことです。

ワタシ自身が、がさつな人間ってこともあるのでしょうが、

家って、「やさしくて強い」有機的なデザインであるべきじゃーないだろうかと。

↓まさに有機的。何だか不思議に落ち着くTさま邸(東広島市)。
b0122502_2021035.jpg

どうしたって、子供は元気です。

壁も汚すし、床にガンガンものを落とすしゴロンゴロン寝ころぶ。

時が経てば、ソファやテーブルの位置だって変えたくなるし、趣味も変わったりする。

そんな人の元気さや気まぐれや、状況の変化、を受け止められる家でありたい。

「よそゆき顔のキレイ」より、「馴染んだTシャツでゴロゴロ」が似合う家に暮らしたい。

お父さんが自ら釘を打って棚を付けてくれた、

お母さんが、壁にボクの(ワタシの)絵を押しピンで飾ってくれた、

お気に入りの時計を壁に(柱に)自分で釘を打って掛けた、

兄弟げんかをして壁にぶつかった、

悲しい時、こっそり部屋で泣いた・・・・・

構造材も全部丸見えの、ピカピカじゃないけど、何も隠してない家。

全然大丈夫だよ!って言ってくれているような、やさしくて強い家がいいと思うのです。

無機質に美しい(汚しちゃマズイのかしらん?って心配になる)のではなく、

有機的でしかも軽く、おおらかにありたい。

そんな家を、提案していきたいと思うのです。

しかし、”ステキ”って何なんでしょうね?

続きます。
by ntecj-yoko | 2009-01-24 20:07 | 取り組み | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30