カテゴリ:ちょっとお出かけ( 69 )

b0122502_1221144.jpg


早いもので9月も半分が過ぎ、
今日から後半ですね。

友人から、ある情報を得て出かけてきました!

その情報とは・・・


あの「重富酒店」さんで、
ワインの飲み比べが9月いっぱいまで、というもの。


これは行かなきゃ、ってことで
行列を覚悟で行って来ました。

b0122502_10431417.jpg


超有名なので、
ご存知の方も多いかと思いますが、
知らない方のためにちょっとご案内です。


「重富酒店」さんは、飲食店ではありません。
酒屋さんの店舗の一角で(ほとんど倉庫ですけど・笑)
こだわりのビールをその場で注いでもらって
店主さんのうんちくを聞きながら、ビールを楽しむというもの。

注ぎ方に
その壱から裏メニューまであり、
全部、違ったビールの味わいを楽しめるとあって
連日行列必至です。


1杯 @500円(税込)です。


私たちが行った日も、早めに行ったにも関わらず
すでに15人程度の列が!


狭い店舗ですが、
ビールのみの提供とあって、長時間待つことなくお店に入れます。
(場合によっては待つことになるかも?)

入る前から期待が高まります!!


15分程度並んだのでしょうか?
ワイワイ言っているうちに順番が来ました。


目の前で丁寧に注がれたビール!(だけ)
友人3人で別々の注ぎ方を注文。


b0122502_10431676.jpg


グラスの持ち方、
飲み方を教えてもらってまずは期待の一口!
おー、これは美味しい!


店主さんのうんちく話を楽しく聞きながら
自分では出来ない注ぎ方でビールを楽しむ。


本当に美味しいものを頂きたい。
しかも、なんだか楽しい!


人気の程が分かります。


今回のお目当てだった、ワインの飲み比べ。
私は外してしまいましたが、
これも、微妙に違う味わいを説明を聞きつつ味わうのが
楽しい。


b0122502_10430675.jpg


ただ、ビール、ワインを飲むだけなんですけど
プロの技で見違える味わいになり、
それを楽しむ。


すっかり大満足して、ほろ酔い気分でお店を後にし
美味しいものを食べたいよね、
と、

「MOUGINS」(ムージャン)
”広島市中区立町5-2”ビルの3階です。

さんへ向かったのでありました!

b0122502_10432268.jpg


こちらも、さすがのお料理に大満足。

飲みすぎ、食べ過ぎの夜になってしまいました。
ま、たまにはいっか。
ということで・・・。


また行こう!



<断熱気密工事・現場見学会のお知らせ>

お施主様のご厚意により、
”断熱気密工事”をご見学頂けることになりました。

上質な快適を実現するために必須である高性能。
最も重要な”断熱気密”のポイントは、
断熱気密の意味を正しく知ること
そして現場での正しい施工にあります。

完成後は見えなくなってしまう部分をご覧頂きながら
詳しくご説明致します。

見学をご希望の方は、
ご希望の日時を下記までご連絡の程よろしくお願い致します。

「KM5 断熱気密工事現場見学会」

場所 : 広島市安佐北区 

① 9月16日(土)13時~15時

② 9月20日(水)10時~12時

③ 9月24日(日)13時~15時



お申込み:mail   studioenne@ntecj.co.jp

電話  080-4379-4426(松下)


※工事が進行中の現場のため「事前お申し込み」をお願い致します。

 お申し込みを頂きましたら、現場までのご案内をお知らせ致します。

b0122502_09211055.jpg

「エヌテック超高性能住宅部門」
スタジオエンネ 代表 松下陽子



 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-09-15 10:00 | ちょっとお出かけ | Comments(0)

イタリア紀行。その2

b0122502_1221144.jpg

蒸し暑い日が続きますね。

熱中症にご注意下さいませ。
私も気を付けて過ごしたいと思います。


さて、イタリア紀行の続きです。


イタリア(ヨーロッパ)は何といっても歴史が長く深いのが
魅力です。

各国の歴史が複雑に絡み合い、
文化が形成されていった道を理解しつつ辿るのは
容易ではありません。

特に宗教(主にキリスト教)の影響が強く、
基本的な情報を知っておくと、理解が深まります。


かねてから、
塩野七生さん、中野京子さんのファンだったこともあって
少し知識を持って建築や絵画に触れたのは良かったな、
と思いました。


時代によって様式が異なる建築を見るのは
面白く、楽しかったですね。


これぞゴシック建築!の大聖堂(ミラノのドォーモ)
b0122502_14402059.jpg

近くに寄ると、華麗な装飾、複雑な大理石の色合いが本当に美しい。
残念ながら今回は中に入れませんでした。


b0122502_14401717.jpg

b0122502_14401322.jpg

二つの違う種類の回廊は、ベネチアのサンマルコ寺院。
ヴィザンチン様式なので、装飾が黄金のモザイクタイル張りで
エキゾチックな雰囲気です。
(日射が強くて完全逆光になったため画像を載せられずすみません。)


回廊 = 日本でいうところの”廻り縁(半外空間)”
に当たるかな?と思いますが
これが日差しを遮ってくれて、室内は涼しい!


現代では、回廊部分にテーブルと椅子を出して
”カフェ”として利用されていましたね。


b0122502_14402345.jpg
こちら↑は、フェラーラのエステンセ城。

敵を防ぐため外部は要塞のようですが、
中庭がある作りになっています。
(ここにも回廊がありました)

b0122502_14400880.jpg
最後は、キリスト教の総本山であるバチカンのサンピエトロ寺院。

強烈な午後の日射の中、
今回のお目当ての一つである、
ミケランジェロの”ピエタ”を見るため
大行列に並びましたが(汗)
中に入ると、これまた涼しい!

ご存知の通り、
ヨーロッパの建築といえば”石造り”ですね。
(構造材が木造の場合もありますが、主な部材は石です)

厚い石の壁が外気をシャットアウトして
涼しいんですよね。


時代が古いほど、構造上の問題を回避するため
窓部分が小さくて暗いのですが、
明るい陽光の外から、ひんやりと薄暗い中に入った時の
コントラストが落ち着きをもたらすような気がしました。

日本の寺社建築も、似たところがありますね。


あと、エンネ的には、

「湿度」

って、やはり快適性に大きな影響があるな、
と強く感じました。


イタリアで外気温は強烈に高くても
上海(乗り換え)に着いたとき
空気にものすごい湿気を感じて、


うわ、全然違う!


がリアルな実感でした。


その昔には”エアコン”なるものはなかったわけですから
中世の人々にとって
冬には火で暖を取ってしのげても、
夏の暑さは、
日射を遮ることが最も有効だったのではないでしょうか?


やはり、
建築は自然に従う
が基本だな、
です。


全くの余談ですが、
一日平均、約20,000歩超を歩いたにもかかわらず、
何の変化もなく(笑)、
やはり美味しさにつられた飲食がてきめん!
ってことですね。


特に、
ベネチア(街中に商用車以外は入れず)
、フィレンツェは街がコンパクトで
ちょっと頑張れば徒歩で回れるため、
ここは!とチェックしたところは全て訪れることが出来ました。


イタリア紀行はこれで終わりです。

また明日からは建築ブログに戻ります!




 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-07-14 15:10 | ちょっとお出かけ | Comments(0)

イタリア紀行。

b0122502_1221144.jpg

ご無沙汰しておりましたが、
昨日から仕事に復帰致しました。

お休みを頂いて久しぶりにイタリアへ行った報告?を
ちょっとばかり・・・


いや~、暑かった!(笑い)
真夏のイタリアがあれほど暑いとは予想しておらず・・・

外気温表示が「40℃」になったのも見ました。
とにかく日差しが強い!
だけど、湿度が低くてベタベタ感が少なかったですね。

また、ヨーロッパはバカンスシーズンとのことで
各地から多数の観光客が押し寄せて?
名所はどこもすごく混雑していたことと、
このところの事情を反映してか
どこも警備が予想以上にすごかったです。

警察はもちろん、軍隊が警備に当たっていて
ものものしい空気感がありました。
(空港でのチェックもかなり厳しかったです)


今回行った中で印象的だったところをご紹介します。


フィレンツェの街並み

b0122502_11521785.jpg

ウフィツィ美術館(フィレンツェ)

b0122502_11521433.jpg

超有名な絵画がこれでもか!と盛りだくさん。


b0122502_11515308.jpg


b0122502_11564656.jpg

b0122502_11522002.jpg

美術館から見えるベッキオ橋。↓

b0122502_11520927.jpg

熱波をかわしつつひたすら歩いていると
忽然と現れる、「サンタマリア・デル・フィオーレ」↓

ブルネレスキが設計した天蓋が有名ですね。
(長い行列を耐え忍んで実際に見ると、これどうやったの?と
驚愕でした。)


b0122502_11564911.jpg
外部にふんだんに使われている大理石の複雑な色合いが美しく
思わずひれ伏したくなる存在感に圧倒されます。


ウフィツィ美術館は、
これ知ってる!の宝庫ですが、
やはり、レオナルド・ダ・ヴィンチは別格。
特別室になってしましたね。

どこも、基本的に写真撮影はOK。
(フラッシュはダメ)
なのも、ちょっとビックリ。

ただし、バチカンのあのミケランジェロの天井画は
撮影禁止でした。
(システィーナ礼拝堂にあります。
予約していってもお目当ての礼拝堂までたどり着くのがかなりの難行。)

b0122502_11523688.jpg
こちら ↑ は、バチカンのラファエロ。


b0122502_11522474.jpg
これって、美しくすごいけど
どうやって組んだの?・・・の
パンテオン(ローマ)の天井ドーム。


b0122502_11565236.jpg

今回の目的の一つだった、
「フラ・アンジェリコの受胎告知」 ↑

念願のご対面を果たした実物は
写真で見るより色が非常に美しく、静謐で、神秘的、
本当に素晴らしかったです。

階段を上がっていくと
目の前にこの絵が現れます。


b0122502_11522667.jpg
夕食を取った”フードコート”(フィレンツェ)
今回は、ここが一番のあたり!
何もかも美味しかったです!

地元の人や観光客も入り混じった
雑多な雰囲気もとっても楽しい。


長く深い歴史があるイタリアのほんの一部を垣間見た旅でした。

地震が少ないこともあり
古い建築を保存して現在も使用中であることが
即ち街の雰囲気を形作っています。

面々と続く歴史の時間軸は今も繋がっている、
そんなことを実感として感じられました。


猛暑の中にも関わらず(汗)
世界中から大勢の人が訪れるわけですね。


また行きたいです!




 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-07-12 12:32 | ちょっとお出かけ | Comments(2)

大阪の春。

b0122502_1221144.jpg
霧のような細かい雨が降っていますね。

天気予報によると、午後には上がるようです。



昨日は、久しぶりに大阪へ行ってきました。

こちらは、大阪駅の風景。

b0122502_09002166.jpg

セミナー会場となっていた
梅田スカイビル 36階」からの風景。

b0122502_09002529.jpg

梅田スカイビルといえば、
写真の上部に写っている”空中庭園”が有名ですよね。


花曇りの大阪は上着がなくてもOKでした。


ご無理をお願いして参加をさせて頂き感謝です。
満席の盛況ぶりに今後の方向性を強く感じました。


大変有意義な1日でした。




 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-04-07 09:04 | ちょっとお出かけ | Comments(0)
b0122502_1221144.jpg
今日は底冷えがしますね。

気温の低い曇った日は、蓄冷効果?でしょうか、
しんしんと冷える気がします。



昨日は、神戸市北区にお出かけし、

里山住宅博

b0122502_10113122.jpg

にお邪魔して来ました。
建売住宅に近い形で、お披露目された後は購入できます。

関西の多数の会社さんが参加されており
中には、著名な建築家とコラボされた物件もあります。


この度、お住まいを見せて頂いた
お施主様、
フクダ・ロングライフデザイン様
パッシブ冷暖の体感会を開催された、
参創ハウテックさんに、感謝です。
有難うございました。


今回は、建築見学というより
パッシブ冷暖の体感感が主目的です。


午後1時頃で外気温が、5℃という条件の中、
エアコン1台で、室温は24℃(来訪時)でした。


パッシブ冷暖の最大のポイントは、
床下に送られたエアコンの暖気で
1階部分がほぼムラなく温まっていることです。


床下エアコンでの暖房は、
このところ取り組んでいらっしゃる会社さん、
建築家の方も多いです。


いかにして、ムラなく、リビングなどの居室以外も
暖かくできるか、
に、様々にチャレンジされています。


広々空間のご希望に対し、
冷暖房をどう選択するか、は
基本計画時からの重要な課題です。


これさえやれば(あれば)OK!
という、汎用なものは残念ながら存在しておりませんが、

目指すべき理想的空間に近づけるために、
課題を持って検討し、
住まい手様に最適なものを選択するため
情報収集は欠かせません。


今回も、リアルな物件での体感だけでなく、
来場されていた方々との情報交換も出来て
有意義でした。


上記に書いたように
著名な建築家も設計として参加されており、
建築としても見応えがある物件もいくつかありました。


ちょっと目に付いたのが
駐車スペースと、仕切りの”柵”?です。

b0122502_10113798.jpg

コンクリートの土間にするだけでなく
こういうやり方もいいですね。


やっぱり、現場でなければ得られないものは多いです。


また気になるところへは、
積極的に出掛けて行きたいと思います!



 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-02-01 10:41 | ちょっとお出かけ | Comments(0)

エルメス。

b0122502_1221144.jpg
昨日(1月11日:水)、
去年訪問し、お願いしていたスカーフの受け取りで
京都のエルメスに行って来ました。

祇園花見小路の町屋を店舗として、
2017年7月31日まで期間限定オープンしています。

こちらが店舗の外観。
(通行人が多すぎて撮影が難しく、画像はお借りしました)
b0122502_10345415.png

エルメスといえば、ハイブランド中のハイブランド。
すでに、高級ブランドの”記号”と言って過言ではないですね。

実は私が愛用している手帳もエルメスのもので、
レフィル交換のため
年に一度だけ(笑)、広島店(そごう新館)に伺います。


で、たった一枚だけ(!)持っているスカーフを
この度、染め直しサービス(ディップダイ・無料!)を利用して
生まれ変わらせました。

出来上がったのが、こちら。↓

b0122502_10223011.jpg
ウン十年前のものが、
ブルーに染められて、違ったいい雰囲気になりました。

ヴィンテージ感、カジュアル感が増した感じですね。

ずっとタンスの奥に眠っていたスカーフでしたが、
これからは活躍させてあげようと思います。


エルメスは大好きなブランドなのですが、
何せ高級(笑)。
身近な存在ではありません。

しかし、広島店も祇園店も同じく、
スタッフの皆さんは非常にフレンドリーで話もしやすい。
好感度が高いんですよね。

むろん、敬語使いを始め接客もさすがにソツがない。


また行きたいな、と自然と思う雰囲気作りは
毎回、行く度に感心します。


高級ブランドは多々ある中で、
歴史を重ね続けることは並大抵ではないと思います。
エルメスの持つ独特の「華」「品の良さ」、
高級だけどどこかカジュアルで、
チャレンジし続けるアグレッシブさもある。


エルメスには、
すでにスタンダードとなっている商品もたくさんある中で
何を変えて変えないか、
の選択はブランドが生き残り続ける重要なポイントです。


この春は「ピンク」がトレンドカラーだそうです。


エルメスの店舗、カタログにも
ピンクを基調とした商品がすでに並んでいました。


看板商品である「カレ」(スカーフ)は
毎年新しい柄が登場します。


私も新しいカレをワードローブの仲間入りさせようかな?


と、お店に行くとついつい思わせるところが
さすがに商売上手!
上手い!(笑)



 < お知らせ >NEW!

「住まい手様の家見学会 + 説明会開催決定!」
b0122502_15420780.jpg

お客様のご厚意により、
居住中のお住まいをお借りして
13年が経過した伸びやか空間のお住まい見学と、
最高の暮らしを提案するエンネの家づくりの説明会を開催致します。

●開催日時 : 2017年1月14日() 14時~16時

●開催場所 : 廿日市市 ご入居後13年が経過したお客様邸(設計:松下陽子 施工:エヌテック)

●居住中のお住まいのため、事前にお申し込みをお願い致します。

●お申込み方法 

電話 082-530-5482
携帯 080-4376-4426     
メール studioenne@ntecj.co.jp

担当 松下

●お申し込みを頂いた後、ご住所を含めた詳しいご案内を改めて送付致します。

●参加費 : 無料

●駐車場 : 台数に限りがございますので、ご来場のお時間をお知らせ願います。
b0122502_15421464.jpg

b0122502_15421722.jpg



 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-01-12 10:49 | ちょっとお出かけ | Comments(0)
b0122502_1221144.jpg
雨も上がって、今日は晴れそうです。

今年は何だか気のせいか、雨天が多かった一年のような・・・

天気予報を見ると、年末年始はいいお天気みたいですね。



昨日は、ご多忙の中無理を聞いて頂いて、

かねてから是非訪問させて頂きたい!
と願っていた会社様を訪問してきました。
b0122502_09033651.jpg

アーキテクト工房pure」(松山市)さんです。
b0122502_09424358.jpeg

パッシブハウス(ドイツ本部の認定を受けた正真正銘の本物)の証が輝いています。
すごいっ!
b0122502_09032772.jpg

打ち合わせ室は、無暖房でしたが
人が集まると、20℃になりました。


ほとんど温度ムラがなく、
非常にまろやかでストレスが全くない温度環境に
建築物の精度の高さを実感です。
(体感ハウスの性能 Q値=約1.0W/㎡k  C=0.2㎠/㎡)
b0122502_09031224.jpg
LDKには、小型のエアコンが一台。
ほとんど気流を感じない程度に緩く稼働していただけでした。
b0122502_09033058.jpg
理想的な寝室空間。(エアコンなど冷暖房機なし)
もちろん、マイルドな温度環境でぐっすり眠れること間違い無し。


高岡社長様自らお時間を取ってくださり、
ここぞとばかりに投げかけたいろんな質問にも
丁寧に詳しくお答え頂き、
本当に有難うございました。
感謝感謝です。
b0122502_09032512.jpg
木製トリプルガラス窓。(ドイツ製)
冷輻射が全くありません。
空気層がスゴイ!です。


私がpureさんに注目したのは数年ほど前です。


超高気密高断熱に取り組みたいと考え始め
検索をしていたところ、
設計施工ともにレベルが高い会社さんが目に止まり、
それが、「アーキテクト工房pure」さんでした。


昨日、高岡社長様にお話を伺うと、
相当前から”目標を定めて”取り組まれていらしたことが分かり
先進的な考え、問題意識とそれを解決しようとする意思、
を持った方はスゴイわ、と
感銘を受けましたね。



高気密高断熱をうたう会社さんが増えてきている中で
真っ当に真摯に高い目標を持って取り組まれている会社さんは
やはり全然違いますし、特別に光っています。


工務店の特徴である、
設計と現場が一体になった強みも感じました。
設計、施工、共にレベルが高い
という会社さんは(こう言ってはナンですが)案外少ない。


どんなにスゴイ設計をしても、
現場が付いてこないとダメですから。
設計・現場、職人さんも含めて全体で一体で取り組まれていること
もっとも重要なことがキチンとできていることが
素晴らしい。


ただの海外礼賛ではなく、
地元の気候を把握し、地域にあった取り組みを実践されており
そこも素晴らしい。


年末で何かとお忙しい中、
ゴリ押し(汗)のようにお願いしまして、
大変失礼致しました。


素晴らしい取り組み、お仕事を拝見できて
ものすごく有意義な松山訪問となりました。


重ねて感謝です。
有難うございました。


うーーーーん、私も頑張ろうっ!




 < お知らせ >NEW!

「住まい手様の家見学会 + 説明会開催決定!」
b0122502_15420780.jpg

お客様のご厚意により、
居住中のお住まいをお借りして
13年が経過した伸びやか空間のお住まい見学と、
最高の暮らしを提案するエンネの家づくりの説明会を開催致します。

●開催日時 : 2017年1月14日() 14時~16時

●開催場所 : 廿日市市 ご入居後13年が経過したお客様邸(設計:松下陽子 施工:エヌテック)

●居住中のお住まいのため、事前にお申し込みをお願い致します。

●お申込み方法 

電話 082-530-5482
携帯 080-4376-4426     
メール studioenne@ntecj.co.jp

担当 松下

●お申し込みを頂いた後、ご住所を含めた詳しいご案内を改めて送付致します。

●参加費 : 無料

●駐車場 : 台数に限りがございますので、ご来場のお時間をお知らせ願います。
b0122502_15421464.jpg

b0122502_15421722.jpg



 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2016-12-27 10:10 | ちょっとお出かけ | Comments(0)

ロームシアター京都

b0122502_1221144.jpg


さて、今日は先日行った京都のお話を少し。

今回、京都旅行の最大の目的は
「若冲」
を見ることでした。

予想以上に人が押し寄せていてびっくりでしたが、
さすがは若冲!
期待以上の面白さでした。

人が多すぎて絵に近づけなかったのがナンでしたが(笑)

その若冲展が開かれている「京都市美術館」のすぐ近くに、
ロームシアター京都
があります。
b0122502_1035548.jpg

あの有名な企業である”ローム”の名前が付いているので、
マツダスタジアムのような感じですね。

もともとは、著名な建築家である前川國男設計の
”京都会館”であったものを、リノベーションしてあります。

ここに、1階部分が蔦屋+スターバックス(基本セットですね)
2階部分に、京都モダンテラスとしてレストランが作られています。
b0122502_10353321.jpg

モダンテラスに行くのもお楽しみのひとつでした。
(ランチは激混みでした!行かれる方は前日までに予約される方が無難。
あと、ここは椅子のチョイスがナイス!座りやすい!←ここ重要)

このロームシアターですごくいいなあ、と感心したのが、
もともとの建築物の外形をほぼ残したまま、
原型を損なうことなく今にフィットすべく手が加えられていることです。

残し方が上手いなあ、と。

内部は、大人がゆっくり出来る大人な空間に仕上がっており、
やはり、大人が多かったです。

亀甲をモチーフにした天井や床、マークも素敵でした。

老朽化した大規模”名”建築をどうするかは、
なかなか難しい問題ではありますが、
状況が許せば、こういう形で残せるといいな、と感じました。

京都は歴史のあるところですから、
古いものを生かしつつ、
新しいものとの共存を目指して欲しいですね。




 ⚫️ < お知らせ >
STUDIO ENNE 家づくり説明会開催決定!

エヌテックで新しい家づくりの部門がスタート!
新部門の名称は
”スタジオ エンネ(N)”です。

エンネが標準とする広島で最高レベルの性能提案は、
広島の工務店として「一番最初」の取り組みになります。

超高気密高断熱の温熱環境が作り出す別世界の快適、
京都のデザイン事務所や、断熱の専門家、インテリアデザイナーなど
様々なプロフェッショナルとのコラボも予定。

第一回目のコラボは、
日本の高気密高断熱住宅の第一人者である
西方里見先生の”西方設計”様を予定しております。

「最高の家、最高の暮らし」の提案にご期待ください。

「エンネが提案する家づくり”SUITE 9(スウィートナイン)”説明会のご案内」

日時 : 2016年12月17日(土) ※午前10時〜12時まで

場所 : エヌテック「Gallery 檪」

ご参加 : 3組様限定(お子様用のスペースもございます)

参加料 : 無料

事前お申し込みによるご予約をお願い致します。
お申し込みは、メール、もしくはお電話にてお願いいたします。

mail : studioenne@ntecj.co.jp

tel : 082-530-5482

担当 : 松下まで

ご参加の可否も含め、
お申し込みを頂いた方全てに松下から返信を致します。

ご興味がおありの方でこの度のご参加が難しい方は、
別途個別にご案内をさせて頂きます。
松下までご遠慮なくお申し付け下さいませ。

※ エンネでは、基本的に日曜日をお休みと致します。


⚫️インスタグラムを始めました!

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!
by ntecj-yoko | 2016-12-01 10:50 | ちょっとお出かけ | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg



少し前になるのですが、

長年のお客様からお誘いを頂いて

ある講演会に行ってきました。


講演をするのは、

実は、私の高校時代の同級生で、



井田典子さん、とおっしゃいます。



同級生だった当時は旧姓でしたが、

彼女の活躍ぶりは同級生の間でも知れ渡っており

私もかねてより、チャンスがあれば講演を聞いてみたいと思っていたところ、

お誘いをいただき、飛びついたというわけです。



当日の会場は600人の満席!

ひえー!

噂には聞いていたけど、すごいっ!



まー、それにしてもすっごく面白かったです!

とにかく話が上手くて、よく通る声もいい。

映し出される画像も説得力があるというか

ものすごくわかりやすい。

これは、やってみよう!、って思うよね。



彼女の話の内容は、

「片付け」

についてでした。

ちょっと前に流行った「断捨離」とは少し趣が違うように感じましたが

モノを選別し、

スッキリさせることで見違えるようになる画像の

面白かったこと!



ただ単に捨てるということでなく、

「片付ける」ということが、

暮らしとにもたらす影響の大きさをつくづく実感しましたね。

特に、気持ちにもたらす効果は絶大ですね。



マジで素晴らしいわー⭐️



一番、納得というか腑に落ちたのは、

「収納はあればあるほど片付かない。」

というような意味合いのお話でした。

うんうん、同感同感、超同感。

私も長年、家づくりに携わって実感するのは、

収納が多すぎるとモノは増え、死蔵品となり、また新しいものが増える循環。

適切な量の収納と、適切な置き場所がキモだということも。



収納に関しては、

いつも悩ましいところなんです。

家づくりのご相談をいただくと、多くの方が

「収納がたくさん欲しいんです。」

そして、

「母からもそうアドバイスをされています。」

念押しで言われるケースもあったりと、

モノを整理してこの際スッキリしましょう!

と、なかなか言えない部分もあるんですよね。

しかも、モノがあることは別に悪いことでもないわけで。



で、大抵の場合、収納の”量”をご希望の場合、

ほぼ間違いなく、”モノの量”が多い。

新しい家を作るときは、

ホントに必要かどうかを見極める絶好のチャンスなんですが、

「収納はあればあるほどいい(善)こと。」

と、信じていらっしゃる方に

請負側としては、

お客様のご要望を「否定」することは、

なかなか憚られる一面があるんですよ〜〜。(汗)

持たないお気楽さと「経済的な効果」は、

体験をした者でなければわからないですし。

でもね、私は相当多数のお客様 = 暮らしを営む実際の皆様 に

接してきたリアルな実感として、

収納がやたら多いことは、決していいことではないです。



ただ、モノが多い方も気持ちの中で



「片付いていない状態をいいことだとは思っていない。

だから、今度こそ整理したい、スッキリ暮らしたい。」



があるのは確かなことで、

だからこそ、

スッキリ片付けて美しく暮らす適切な手段として、

収納の”量”をご要望されているんだと理解しています。



ということは、

収納が床面積として建築コストを押し上げているだけでなく

固定資産税(床面積に課税)も増やす原因であるということ、

(税金は、自分で減らしたり止めたりができず、生涯イタイ原因となる。)



モノを捨てることで床面積を減らし、

もっと家族全員に恩恵をもたらすことへ費用がかけられるか、

費用そのものを削減できるということを

理解して頂く入り口に立っていらっしゃる・・・

と思います。

皆さんが、いい方向へ向かって頂ければイイな・・・・・。




所用があって、途中で抜けざるを得なかったのが

非常に残念ですが、

最後まで聞きたかったなー。




私語、おしゃべり、寝たりしている人もなく

みなさん、楽しそうに熱心に聞いていらしたのがとっても印象的。



結構な有名人?になった彼女ですが、

決して、ご高説をのたまうセンセイ風でなく、

暮らしを営む普通の一主婦として、

ユーモアを交えながらのお話で、ホント良かったです。



講演の前に、特別にご挨拶をさせてもらったのですが、

昔と変わらぬ、いやさらにパワーアップした素敵オーラがありました。

いや〜〜、のんちゃん、素敵だったよ!

面白かったよ!!

また、今度は全部聞きたいなーーー!



私も、井田流を見習って、

ちょっとづつ実行しようーっと!!



お誘いを頂いた西区の素敵な奥様であるK様に改めて感謝です。

有難うございました。





エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2015-05-23 10:14 | ちょっとお出かけ | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

かねがね伺いたいと願っていたこちらへ
b0122502_9323626.jpg

行くことが出来ました。

写真は、朝食前のワンショットです。

参創ハウテックの清水社長様のご厚意により「集いの山荘」に1泊しました。

いろんな方から「素晴らしいよ。」と聞いていたのですが、

予想以上のステキな空間で、

空間作りはもちろんのこと温熱環境がすばらしい!

断熱気密性能を高めてきちんと計画された空間は本当に快適です。

上下左右の温度差がほぼなく、

足元が寒いとか、上部だけ暑い、といった不均衡がありません。

なので、ソファに寝転がってじっとしていても気流を感じることもありません。

こればっかりは体感しないと分からないところがナンですが、

いや、本当にすばらしい空間でした。

こういう体験をすると、もうあとには戻れませんね。

来年の夏もここに来ようと思います。(笑)

何から何まで大変お世話になりました。

清水社長、武田さん、本当に有難うございました!





エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2014-07-12 09:32 | ちょっとお出かけ | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31