カテゴリ:WORKS( 491 )

b0122502_1648322.jpg



先週末は、佐伯区のN様邸をお借りして

完成見学会を開きました。

改めてN様に感謝ですね。

ありがとうございました。

ご見学にお越し頂いた皆様にはきっとご参考にして頂けたかと思います。

大きなコストを掛けて、やり直しができない家づくりだからこそ、

「確かなもの」

でありたいものです。

日曜日(5月17日)にこな割れた気密測定の結果は、

「1.3㎠/m2」

でした。

いい結果でしたね。

きっと、現場監督の土井長が一番ホッとしていることでしょう。(笑)

以下、完成したN様邸のご紹介です。
b0122502_20295059.jpg
b0122502_20293955.jpg
b0122502_20292993.jpg
b0122502_20291750.jpg
b0122502_2029625.jpg
b0122502_20285586.jpg
b0122502_20284453.jpg

追記:写真でお気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、

室内のいろんなところに「温度湿度計」を置いています。



見学会の後は、お引き渡しが行われました。

いよいよ新しいお住まいで新しい暮らしが始まりますね。

おめでとうございます!

きっと、N様らしい暮らしは変わらない、

でも、家に合わせる暮らしではなく、

N様に合った家での暮らしは、よりスムーズになるはずです。

ご家族皆さんが元気で過ごせる毎日であることを

たくさんの笑顔が積み重なる日々であることを、

心から願っています。



今回は、見学会にお越し頂いたご近所様から



「お宅(エヌテック)が一番まともな会社だったね。」



(小規模開発のため複数の建設会社が出入りしていたんです。)

と言われたそうです。

エヌテックにとって、何よりの褒め言葉です。



N様にとってもいい工事ができただけでなく、

ご近所様にとってもいい工事であったようで

嬉しく思いました。

自分ちの近所で工事が始まることは、

まあお互い様とはいえ、

ご近所様にとっては、そう嬉しいことばかりでもありません。

頻繁に出入りする車、

工事に伴う様々な音、

見慣れない人やいろんな材料や建材の出入り、

匂いや埃もあるかもしれません。

平穏な日常を妨げるこれらをやり過ごすには、

多少の我慢はどうしても伴います。



だからこそ、

工事には”小さな配慮”の積み重ねが大切なのです。



必要な際には”事前に”挨拶をすること、

節目節目できちんと”事前に”告知すること、

こうなったら嫌だろう、困るだろうを察すること、



家が完成するまでには、約半年という期間が必要です。



工事をスムーズに進めるにあたり、

お施主様であるN様へはもちろん、

ご近所様への配慮も同時に欠かせません。

当たり前の様ですが、

「マナー」

の、問題なんです。




N様がお引越しをされてご近所様にご挨拶に伺われた時、

「お宅はいい工事をされましたね。」

と言われることは、

新生活のスタートにあたって、とっても気分がいいことです。

ご迷惑をおかけしていたら、

N様の印象も決していいものにはなりません。

地域のメンバーとして、

末長くこの土地でこの家で暮らすわけですから

お互いが気持ち良くおつきあいしたいですよね。



現場(土井長&エヌテックワークス)の尽力もあり、

ご近所様のお言葉をお聞きしたことで

N様にはいいスタートが切って頂けそうです。



真新しい空間はガランとしていてちょっぴり殺風景ですが、

これから、少しづつN様らしさで彩られるのが楽しみです。



もう夏の足音も聞こえています。

パッシブデザインされた高性能住宅で、

ぜひ、「快適さ」を楽しんでくださいね!!




エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2015-05-18 20:34 | WORKS | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg



雨天から一転晴れ間が覗いた今日ですが、

曇り模様で、蒸し暑くなりました。

これから、気温と同時に湿度が高くなりますので

汗が乾きにくくなり、

熱中症の原因となります。

どうぞ、水分補給に心がけるなどしてご注意くださいませ。



さて、明日、明後日(5月17日:土、18日:日)の二日間で

佐伯区のN様邸をお借りして完成見学会を開きます。

重ね重ね、N様に感謝です!

ありがとうございます。



今回の、完成見学会の大きな見どころとして

「気密測定」

を、ご覧頂けることです。
b0122502_1836106.jpg



このブログで何度か気密のことを取り上げていますが

「気密」だけが、最終的に測定できる数値なのです。

耐震性能も、断熱性も、設計時に計算がされていて、

その際に出た数値が最終となります。

あとは、現場で設計通りに施工するだけです。



気密は、設計時には予測にすぎませんが、

完成時に”予測通りかどうか”確認ができます。



現場にとっては、ドキドキの瞬間なのですが、

お施主様がご自分のお住まいの出来具合を数値として確認できる

滅多にない機会です。



温かい空気も、冷やされた空気も、

室内にいかに留めておけるか、で、室毎温熱環境が決まります。


素晴らし暖冷房設備を導入しても、

気密性がイマイチだと、力を存分に発揮できません。



また、「隙間」は物理的法則により、

外気の侵入並びに室内からの流出を招いてしまいます。

冬場に、

「なんだか、足元がスースーする。」

夏場の、

「冷房を点けているのに、足元だけが冷える。」

これらは、隙間から侵入した外気が引き起こした現象です。



もう一つ、気密の大きな効果として

「遮音」

があります。

”シャノンサッシ”は気密性が特に高い工業製品ですが、

製品がいくらす素晴らしい性能であっても、

建築物自体の気密性が同じく高く(数値でいうと小さい方が気密性が高い)ないと、

外の音を室内への侵入を防げません。



「音は空気で伝わる」



からです。



大きなコストが掛かる家づくりだからこそ、

『確かなもの』 にしたい、

と、お考えの皆様は、必見です。

気密試験を実施することで、

現場に携わった全員が、

どれほど素晴らしい仕事をしたか、

(躯体の気密性能はて手仕事が成し遂げるんです。)

目の当たりにしてご実感を頂けることと思います。



アプローチから始まる「設計(プラン)の妙」、

暮らしを考えた設計とはどういうことか・・・、

温熱環境 = 省エネルギー性 を左右する性能※の他高さがもたらす恩恵と、

※断熱、気密性能

両方を、ぜひ、ご見学・ご体感ください。
b0122502_1843919.jpg

お待ちしております!


 <N様邸完成見学会(SE構法・認定長期優良住宅)>

この度の完成見学会は、事前にご予約をお願いしております。

お手数ではございますが、

お問い合わせフォーム

電話(082-509-5771)、

メール(info@netcj.co.jp)などでお申し付けくださいませ。




エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2015-05-15 18:44 | WORKS | Comments(0)

『座れる窓。』

b0122502_1648322.jpg



今日は、天気予報通り一日中雨が降りましたね。

終日、肌寒くて上着が手放せませんでした。

でも、明日は打って変わって晴れる予報で

気温も、26℃くらいまで上昇するようですから

気温の変化が大きいですね。

風邪をひかれている方も結構多いようです。

ご注意くださいませ!




さて、今週末の5月16日(土)、17日(日)は、

広島市佐伯区のN様邸をお借りして

ご新築のお住まいで「完成見学会」を開催します。

ご入居前のお住まいをご提供くださった

N様に心より感謝です。

有難うございます!



エヌテックブログフェイスブックでも、

N様邸が着々と完成に向かう様子が随時報告がされています。



見所がたくさんある中で、

ぜひここは注目してみてください、という点は

「窓」

です。

シャノンサッシ(樹脂サッシ)の採用により

家の性能を大きく向上させている点に加えて、

窓の”しつらえ方”

を見てもらいたいのです。



窓は「大きくしたい」という方が多いと思います。

確かに、明るさを左右する重要ポイントですからね。

ということで、つい

「掃き出し窓(外に出られる窓)」

を多く設定するケースを見かけます。

掃き出し窓は確かに大きくて便利ですが、

床までガラス部分のため”窓としてしか使えない”窓でもあるんです。

エヌテックでは、掃き出し窓を多用するのではなく、

ちょっとだけ”腰(窓下から床まで)部分”を残した窓を

提案して、オススメしています。



N様邸では、

玄関ホール・リビングに設定されています。
b0122502_19323279.jpg

b0122502_19325046.jpg

この設えの窓をエヌテックでは



「座れる窓」



と呼んでいます。

実際に椅子ほどの高さに窓枠があって座れるのですが、

実際の用途だけでなく、「視線を下げる」効果があるんです。

これは、実際に現地で体感してみてください。

こちらは、去年のK様邸(安佐北区)の場合。
b0122502_19331768.jpg

手前の窓が”掃き出し窓”、奥のコーナーが両方とも”座れる窓”です。
b0122502_19333346.jpg

実際に生活されると・・・

こんな風になります。



窓の設計は、配置や大きさ、上下の位置など

当初からよくよく考えて設計しなければなりません。

光、風などのパッシブデザインの要でもありますし

生活する上でモノとの関連性もあり、

視線の抜け、広がりを演出する効果もあります。



特に、「座れる窓」は、

事前によくよ ーーーーく考えて配置計画をする必要があり

座れるようにすればいいってもんでもなく、

なかなか難しい窓なんですが、



でも、うまく配置できれば効果は抜群!

一生の相棒として暮らしを楽しませてくれることでしょう。



「設計」

とは、性能数値や構造などの理科系部門と

広がり、明るさ、見せ方。見え方などの文化系?部門の

両方のコラボレーションが必要です。



もう、お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、

図面はあくまでも平面の2次元です。

それを立体(空間)として具体的にイメージをすることができる

「3次元」

が理解できないと、

設計はできないのです。




現地でぜひ、本ものを「3次元」でご体感下さい。




この度の完成見学会は、事前にご予約をお願いしております。

お手数ではございますが、

お問い合わせフォーム

電話(082-509-5771)、

メール(info@netcj.co.jp)などでお申し付けくださいませ。


<N様邸DATE>

⚫️ 木造2階建(SE構法)

⚫️ 長期優良住宅認定取得

⚫️ 設計施工 : 株式会社エヌテック




エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2015-05-12 19:52 | WORKS | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg


おはようございます。

今日(5月1日)は、いいお天気ですね!

5月に入ると、そろそろ夏を視野に入れる頃ですが、

しばらくは新緑と空の青の美しさを楽しみたいですね。



さて、4月の最終日だった昨日は、

廿日市市のN様邸のお引き渡しが行われました。

N様ご家族の皆様、

ご新居の完成にあたり誠におめでとうございます。
b0122502_8203086.jpg

エヌテックが重要に考える「家の顔=玄関」↑

ここで来客を迎え、

ここだけで帰られる方も多いですし、

傘を差したり、カッパを脱いだり、やることも多い場所です。

玄関がチンケな設計は問題外!をルールにしています。(笑)

どんなにカッコいいデザインがされていようが、

素晴らしい材料を使っていようが、

チンケな玄関だと、

あー、コイツ人の暮らしを何も分かってない設計者だわね、

と、判断しますね。

(私が上司ならその案は間違いなくボツにします。)

なので、身体を入れる方向(ドアの開閉)、

ポーチ(土間)の大きさを十分に取ること、

屋根の掛かり方、全て計算して設計しています。

郵便ポストは、住まい手様はもちろん、「配達の方へも」配慮してあります。

おっと、玄関LOVEは、このへんにして・・・(笑)




N様へ・・・

新しい土地に

ご家族の家が完成しましたね。

おめでとうございます!

新しい暮らしの始まりに楽しみがたくさん!

と思います。

お子様たちの嬉しそうなお顔が眼に浮かぶ様です。

ちょっぴり、いや、かなりうらやましい。(笑)




お引越しされて荷物が片付く頃には、

きっと暮らしも家と馴染むと思いますよ。

暮らし上手なN様のことですから

片付けもすぐに終わりそうですね。




N様が、家族の家を建て暮らしの基盤を築こうとされた土地は

市街化調整区域の田んぼでした。

最初に見に行かせてもらった時、

廿日市市の中心部からそう遠くないところに

こんなのどかな落ち着いた場所があるのね・・・

と、感心?したことを覚えています。



出会いってあるもので、

現地を視察に行ったその時、

土地の所有者様がたまたまその場にいらして

土地の情報を教えて頂きました。

お約束をしていたわけではなく

偶然の出来事でした。



建築にあたり、

最初にクリアしなければならない法規的な問題はありましたが

所有者様、仲介業者様、近隣の皆様、行政の皆様、

関係者の皆様に恵まれて、

無事に許可がおり、工事もスムーズに進めることができました。

設計として渡部と市川の尽力、

設計者である谷口の設計上の配慮(←これが近隣にとっては超重要!)、

現場で監督を務めた土井長のこれまで培ってきたノウハウ、

職人さんたち(エヌテックワークス)が重ねてきた会議での

意識の共有もあります。



関係者様について、

自分たちは、その方々を選ぶことができません。

N様にしても同様で、土地は選択ができますが

お隣様は決して自分では選べませんよね。



自分の選択とはいえ、

新しい土地に家族共々入居するのは、

多少の不安が伴います。



近隣はじめ地域の皆様に、

歓迎を受けることは

最初の幸運と言っていいのではないでしょうか。



「よく来てくれたね。」



と、言ってもらえるご家族のお人柄が最大の理由ですが、

申請から始まって、長い間に渡る工事中の配慮の結果でもあるのです。



お施主様はいい方なのに、

工事関係者の態度が悪くて・・・

では、

結果的にお施主様ご家族がスタートから嫌な思いをせねばなりません。

最初に悪いイメージを持たれると、

回復するのは大変です。



入居される住まい手様にとっては

新しい土地で始まる新しい暮らしに期待感もありつつ

どんな方たちがいらっしゃるのかな?という不安もあります。

また、一方、近隣様や地域の皆様にとっても、

新しい人が入ってくることは

嬉しさや期待もあると同時に

どんな人なのか?・・・という不安も必ずあるものなのです。




家づくりは、

土地の視察に行くところからすでに始まっています。

小さなことを少しづつ積み重ねて行き、

最後まで気持ちも手も抜けません。

たったひとりの配慮に欠けた行為によって

全てが台無しになることさえあるのです。

エヌテックスタッフだけでなく、

現場に関わる関係者が全て、

N様がここで新しい暮らしを築かれる意味、

「他に移ることは決してできない」

という家の持つ意味、を理解して仕事にあたるためには、

意識の共有は欠かせません。




家は、建ててから始まると、よく申しますが、

建てる前から始まっているのです。

建築が行うことは、

物理的な工事だけでなく

ご家族の新しい暮らしへの地ならしに他ならないのです。
b0122502_834449.jpg




N様ご家族が、

新しい土地・地域の新しいメンバーとして加わることは



「新しい風」



が、地域に吹くことでもあります。
b0122502_8325384.jpg



5月の風のように、湿度が少なくサラリと心地いい風。



N様ご家族皆様の新しい暮らしが

地域の皆様とともに

たくさんの笑顔で彩られることを心から願っております。
b0122502_8261966.jpg

b0122502_8322330.jpg


N様、地域の皆様、ありがとうございました!

そして、

おめでとうございます!



今後とも引き続き末長いお付き合いを

どうぞ、よろしくお願い致します。
b0122502_826535.jpg



エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2015-05-01 08:34 | WORKS | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg



廿日市市のN様邸では今日が見学会の最終日です。

先日、性能検査の最終工程である

「気密テスト」も無事終了。



「0.5㎠/㎡」



という素晴らしい結果でした。

国の基準では、5.0㎠/㎡ をクリアしていれば気密住宅とのことですから

0.5 がいかに高水準かがお分かり頂けますね。

現場に携わった全員に感謝をしたいと思います。

また、この結果によって、

お施主様のN様に自信を持って、

少ないエネルギーで快適な温熱環境が実現できます!

とご報告ができます。



N様とお約束どおりの高性能で省エネ&快適なお住まいが完成しました。

おめでとうございます!

そして、ありがとうございます。



エヌテックの目標数値は、

1.0㎠/㎡

を切ることですので、大きくクリアしたことになります。

実は、どんなに十分に断熱しようとも、

隙間を塞いでいなければ、

冬の冷気夏の熱気は、容赦なく室内に侵入します。

空気は、温度の高い方から低い方へ動く性質があります

この性質をちょっと考えれば、

夏は室内に侵入し、冬は室内から出て行くのが

容易にお分かりかと思います。

これは「自然の法則」ですから、

人間がどうにもできるものでなく、

空気の性質を理解した上で、対処することが必要です。

「気密」は温熱環境の設計には、必須事項なのです。



また、何度もここでも書いていますが、

気密だけは設計ができないのと、

気密だけが、完成した現場で実際に確認できる数値です。

また、「気密」を達成するには、

現場の細かい気配り、意識、がなければ達成できません。

もちろん、完成後に手直しはできません。

一朝一夕にできるものでもなく、

設計や監督が張り切っても、大工さん他職人さんたちが

なぜこういうことをするのか、どうすればいいか、を

考えて実行してもらわないと、気密はできません。



隙間を最小限として、熱の出入りを少なくし、

発生させた熱、

除去する熱、

など、熱の出入りをコントロールできることが、

最小限のエネルギーで適切な温熱環境を作る基本です。

気密試験で確認することが出来ましたので、

建築としての家の性能は、予想どおりに出来ました!



感性と理知、このバランスがあって初めて、

リアルな暮らしは心地いいものになります。

まさに、家は人生のベース(基盤)なのです。



N様と、設計の谷口、

そして申請や計算などを担当した渡部と市川、

現場を担当した監督の土井長、各種業者さんたち、

チームワークで作り上げたでは、

N様の新しい生活、人生が始まります。



家族が積み重ねていく暮らしが、

多くの笑顔で彩られるものであることを

心から願っております。

視線の抜けを計算したリビングの空間。
b0122502_1337185.jpg

壁の裏は、西に位置し、洗濯物干し場になっています。
b0122502_13373459.jpg

大きな屋根で雨を遮る洗濯物干し場。

西日が当たる位置にあり、洗濯物の乾きは抜群ですよ!

洗濯物干し場に欲しいのは、

「午後の日射」、「適度な風」であり、

欲しくないのは、「雨」ですね。

で、もう一つ、リビングから見えるのは避けたい。

N様邸ではこれらを兼ね備えた洗濯物干し場ができました。



西日は特に夏は厄介な嫌われものですが

強い日射は洗濯物を抜群に乾かします。

風が吹けばより早く乾きますね。

ただし、起動が確定している太陽と違って、

風は気まぐれ、積み重ねたデータがあてにならないのがナンですが、

風のキャッチ、通り道は考えてあります。



でも、リビングには(夏の)西日は入らない設計となっていて

これも、太陽の動きを計算したパッシブデザインの設計手法です。

自然の営み、人の暮らしの利便性、

これらを解決する設計ができていて、

「快適な家」と言えるのです。




エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2015-04-26 13:45 | WORKS | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg


やっと、本当に?春らしい気候になりましたね。

朝晩もすっかり過ごしやすくなりました。



今日(4月25日:土)、明日(26日:日)の2日間は、

廿日市市のN様邸をお借りして

完成見学会を開催します。
b0122502_912497.jpg

完成後ご入居前のお住まいをご提供くださった

N様のご厚意に心より感謝を申し上げます。

有難うございます。


ご予約不要となっておりますので、

ぜひお越しくださいませ。

現地の地図などご案内はこちらをご確認ください。



N様が家づくりのご相談に

エヌテックへお越し下さったのが、

去年(2014年)の夏ころだったかと思います。



ゆったりとそして丁寧に「家族の暮らし」を築きたいと

お考えでした。



良いご縁に恵まれて、ふさわしい土地との出会いもあり、

そう、土地って、

あなたを待っていました・・・という出会いがあるんですが、

N様の場合がまさにそうでした。


建築までにクリアしなければならない課題も幾つかありましたが

渡部が、N様と業者さんと一緒にひとつひとつハードルを越えて行きました。



N様がご希望されていたお住まいの形は、

「自分たちが自然体でいられる空間」

ではないかと、私は受け止めました。



日常は、どうしても時間に追われるのが現実です。

そんな慌ただしい日々の中だからこそ、

自分たちらしい空間で自分たちらしく暮らしたい。



澄んだ空気の中朝日の当たる頃、

子供達が寝静まった夜空に星がまたたくひととき、

山に沈む夕日から差し込む光、

夏は輝く緑、

秋には色づく木々、



恵まれた自然環境は、

反面、建築物が自然の厳しさを正面から受けることでもあります。

日当たりの良さは冬の暖かさの反面、夏の猛暑の直撃を受けますし、

風通しの良さは夏の採涼の反面、冬の冷気を遮るものがありません。

どんなに景色や空気が良くても、

夏に暑くて、冬は寒い、エネルギー消費量が多大(光熱費大)は

誰でも嬉しくないですよね。




パッシブデザイン」は、

厳しさを最大限防御し、恩恵を最大限受けるための

設計手法です。

自然という言葉が持つ素敵なイメージだけで

暑さ寒さを遮り、暖かさ涼しさを取り込むことはできません。

図面上に軽やかに踊る通風ラインはいつもあるとは限らないのです。

「安心と快適」

を備えるには、

感性(定性的)ではなく、

工学、理科&物理的なアプローチが欠かせないのです。

N様邸も、耐震性能、気密断熱に関わる躯体性能を備えています。

これらの性能は、表に現れずともN様の暮らしを支えます。

安心快適に支えられた建築(家)でこそ、

自然体で居られるのです。
b0122502_915615.jpg

雨、風、日射・・・自然に逆らわず、素直に作った形です。↑


N様らしい設えが素敵な空間になりました。
b0122502_8573652.jpg

ダークブラウンの窓枠の向こう↑には、多目的な”土間スペース”があります。

土間って、いいですよね。

土も泥もOK、濡れてもOK。

もちろん洗濯物の室内干しもOK! ← 暮らしを大事にするエヌテックの得意技。

b0122502_8575858.jpg

断熱のキモである外部サッシ↑は全て高性能なシャノンサッシ(樹脂サッシ)。

外部サッシに手を抜いては高性能は実現不可能!です。

だから全てのエヌテックのお住まいでシャノンを採用しています。

b0122502_8581416.jpg


完成したばかりの家には、

暮らしの時間が作る味わいはまだありません。

これから、N様ご家族様と一緒に家も育っていくと思います。

出来たばかりのガランとした空間より、

ご入居後の暮らしが始まった家の方が

断然イキイキして(まるで家も喜んでいるように!)いるんですよね。

景色を取り込む窓から光が差し込むオープンキッチンで、

皆んなが賑やかに作るお料理を囲んで

ワイワイとテーブルを囲む光景が見えるようです。

たくさんのお料理が並べられるでっかい木のテーブルが似合いそうですねー⭐️



自然体で安心して暮らせる家は、

確かな性能が支えています。



雰囲気の素敵さと合わせて

性能の確かさを確認にいらしてください。



現地では、エヌテックのスタッフがお待ちしております!

見学会のお問い合わせは下記のアドレス(HP)の「右上」にある

”お問い合わせフォーム”からも可能です。↓

エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2015-04-25 09:05 | WORKS | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg


昨日は、雨も上がっていいお天気でしたね。


先月にお引き渡しがあり、ご入居された安芸高田市のM様より

ご新居の完成披露パーティにお招きを頂いて伺ってきました。

まだ桜が望める山々に囲まれたM様邸です。
b0122502_1553527.jpg

バランスのとれたプロポーションが目を引きます。


あまりに美味しい食事の数々に写真を撮り忘れ(汗)

エヌテックブログから写真を借りております。
b0122502_1551316.jpg

こちらはそのうちの一品で、アジの南蛮漬け。

南蛮漬けって美味しいんですけど、手間が掛かる料理ですよね。

酸っぱすぎず甘すぎず絶妙の味付けが素晴らしかったです。



M様邸は、周囲はのどかながら比較的通行量の多い道路に近く

車の通行音は良く聞こえる立地で、

また、盆地特有の気候として、

夏は風がさほど吹かずに蒸し暑く、冬は底冷えで寒い、地域です。

昨日は、日差しはあったものの風が強く外気温上がらず

外にいると肌寒い日でしたが、


室内に居た間じゅう、

車の通行音も、外の肌寒さも、全く気にすることなく

「何も感じずに」

心ゆくまで食べることおしゃべりを楽しめました。

気密性断熱性の高さがもたらす「心地よさという贈り物」です。




”何も気にしないって、素晴らしい!”




パリでお料理を修行され東京では小さなお店をやっていらした奥様が

作業としての料理、収納、を考慮して作られたキッチンは、

本当に使いやすそう。

オープンキッチンは、見えるのがイマイチとおっしゃる向きもありますが、

個人的には、配膳がしやすくて片付けも楽、

そして、何より料理をしながら窓から見える景色を楽しめ、

日差しが入って手元が明るく、オススメですね。

窓台にちょこっとお花や雑貨を飾れるところも好き。



昨日、M様に振舞って頂いたお料理やドリンクの数々は、

自分では出来ないやったことがない(!)凝ったものばかり。

しかも、にすんごく美味しい⭐️

調理法や味付けを聞いたのですが、

聞くと簡単そうでも、実際同じような味が再現できそうにないなあ。

カナッペとして出たパンが美味しくて購入先を伺うと、

なんと!

「コストコです。」

えーーーーーーーっ!??!

すみません。

いや、全粒粉(HOLEGRAIN)ということかどうか、本当に美味しかったんです。

今度、コストコに行ってゲットしよう。

作り手次第で素材も活きるってことですかね?



春のちょうどいい日差しの中、

適切な室温(昨日は冷暖房機器は稼働しておらず)、

余計な騒音もなく、

ちょうどいい広さ、高さ、視線の抜け、

すぐに行けて視線も気にならないお手洗いの位置、

ぐっすり眠れて寛げそうな寝室、

洗濯機のすぐそばに計画された西日が当たる位置に設置された

気持ちよく干せる洗濯物干し、

日々の暮らしが過不足なくストレスなく送れる

ゆったりとした幸せに満ちた素敵なお住まいになっていました。

M様とエヌテックスタッフが楽しみながら話し合いを重ねたこと、

現場を取り仕切った監督、

そして現場でいつもの職人さんたちが的確に作業をしてくれた賜物ですね。


素敵な時間を過ごすことができました。

M様に心より感謝です。

有難うございました。

今後もエヌテックがお住まいとM様と支え続けます。

引き続きよろしくお願いいたします。





エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2015-04-12 15:57 | WORKS | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

8月が終わると空気がひんやりと肌寒いくらいで、

既に秋ですね。

今年は夏らしい夏がなかった夏でした。

そんなより過ごしやすくなってきた9月に、

中区千田町にて3階建2世帯住宅の工事が始まります。
b0122502_11374826.jpg

Y様、大変お待たせしまい申し訳ございませんでした!

3階建なら文句なしにSE構法(重量木骨)でしょ!ということで、

耐震等級3をしっかりり確保しつつ広い空間を実現、

木造ならではの軽さもあり、

かなり掛かりそうかな?と予想した地盤補強も予想外に安く済みました。

また、木造は熱が伝わりにくい性質のため温熱環境においても有利なのです。

もちろん、長期優良住宅の認定も取得済。

長期優良住宅に関する様々なメリットも最大限受けて頂きます。

この度は、防火地域という事もあって「耐火構造」となっています。

かなりの街中にあって広い南向き道路に面した立地条件を最大限に活かしつつ

ご家族皆様が和やかに暮らせる家を目指します。

平成26年度ZEHの補助金も確定し、建築確認も許可が降りました!

申請関係がかなり大変だったと思いますが、設計の渡部、市川の尽力で

着工に向けて準備が整いました。

快適設備として「光冷暖」もご採用頂いております。

Y様邸もパッシブデザインの手法によって日射取得遮蔽、通風は十分に考慮して

計画をしましたが、実は街中ほどパッシブデザインだけで通年を暮らせないのが実際です。

特に夏の冷房が最重要ポイント。

夏の過ごし方をよく考えておかなければなりません。

便利がいい地域であるほど交通量も多く空気が良いとはいえず通風※に適していません。

※通風(自然風利用)によって得られるメリット・・・・・採涼・換気

また、周囲にあるのは道路・ビルなど蓄熱材ばかりで、

通風によって外部の空気を室内に入れると逆効果になることが予想されます。

Y様邸では、夏は窓を開けずに過ごせるように考えてあります。

自然エネルギーは安定的に得ることが難しく、必ずバックアップが必要です。

何が何でも自然の力だけで通年を過ごす・・・ということでなく、

周囲にある自然の力は可能な限り利用し、エネルギーと快適の底上げをした上で

立地とご家族に合わせた適切な設備・暮らし方をご提案しています。

街中には街中の、周囲に豊かな自然があれば、そこに合った提案があり、

建築も設備も、答えはひとつではありません。

それぞれに最適解を検討してご提案するのが設計の腕の見せ所です。

我慢と無理の上に成り立つのは、「快適」とは言えませんよね。

欲しいのは「耐震性と広くて可変の空間」であり、

高性能躯体と適切な設備の採用によって作られる「快適な温熱環境」です。

Y様邸こと「FUTOH-House」の完成は年明けの予定です。






エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2014-09-03 11:37 | WORKS | Comments(2)
b0122502_1648322.jpg

春から打ち合わせを重ねてきた安芸高田市のM様邸の

工事が始まります。
b0122502_1040764.jpg

自然豊かな立地条件の中ですが、盆地特有の気候により、

夏は暑く、冬の寒さも厳しいことが予想されます。

周囲に建物が無い場合、風の通りは間違いなく良いのですが、

盆地ではそもそも風自体があまりないのが特徴です。

M様の敷地の場合、夏は日陰がなく東西南の日射を終日まともに受けて、

冬は下がった外気温の影響を建物全体で受けることになります。

ということで、

M様邸では、外皮(躯体+窓)を高性能にすることを第一に計画をしました。

暑さ寒さを軽減することは、快適な暮らしの基本です。

外皮(外部に接する部分)を強化すると暖冷房エネルギーを減らすだけでなく、

家の中の温度差(も少なくなります。

また、消費エネルギーを減らし不足分を太陽光発電+太陽熱温水器で補うことで

ゼロエネルギー住宅としました。

ただし、ゼロエネにすることが一番大切なのではありません。

温熱的に快適な環境にすることが第一です。

いくら電気を作っても、暑い寒いが解消されずに快適でなければ、

エネルギーを”上手く使う”省エネな暮らしとは言えませんよね。

我慢は最小限、エネルギーも最小限、が目標です。

来年の2月に完成を目指して、M様と一緒に進めて参ります。






エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2014-09-02 10:43 | WORKS | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

東区中山新町で工事中のN様邸こと「ぐりぐらHouse」は

もうすぐ養生の撤去です。
b0122502_925243.jpg

和室~納戸を備えた洗面所~脱衣室~浴室~キッチンへと繋がっています。

全て引き戸になっていることにもご注目下さい。

開けっ放しが可能ということもあって、移動も楽々、風の通りも良し!

ぐるぐる回れるようにもなっていますよ☆


<ぐりぐらHouse完成見学会のお知らせです。>

お施主様のご厚意により完成見学会を開催致します。

N様に心より感謝です。

道路事情及び駐車場の関係により”事前お申込”をお願い致します。

■開催日 : 9月13日(土) 1日限定

●開催時間 : 10時 ~ 16時(午後4時)

■開催場所 : 広島市東区中山新町(お申し込み後地図をお送りします)

■お申し込み先 : 電話 082-509-5771

            mail info@ntecj.co.jp

            お問い合わせフォーム

<建物概要>

SE構法(木造) 2階建て

■ゼロエネルギー住宅(PV+太陽熱温水器)

■長期優良住宅認定取得済

■耐震等級3 、省エネルギー等級4 (いずれも最高等級)

■平成25年度地域型住宅ブランド化事業補助金対象


「建物性能」

※性能値の()内は、6地域の目標値です。

数値は小さいほど性能が高いことを示しています。

■Q値 = 1.46W/㎡K (2.70)

■μ値 = 0.038 (0.07)

■Ua値 = 0.45W/㎡K (0.87)

■ηa値 = 1.8% (2.8)

■一次消費エネルギー量 = 537MJ/㎡年 (低炭素基準750)




エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2014-09-01 09:03 | WORKS | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko
カレンダー