カテゴリ:music( 38 )

「➗」エドシーラン

b0122502_1221144.jpg
うちの(小さな)庭でも水仙の花が咲きました。

黄色、ピンク・・・春の色ですね。


先日、エド・シーランの新譜が出ましたね!


b0122502_09040368.jpg


➕、✖️、ときて➗。
次は=では?という推測も見ました。(笑)

エドは、
当代随一の天才シンガーソングライターだと、
私は思っています。

一番すごい、天才!と感じるのが、
誰がいつ聞いても好ましい仕上がりになっている点ですね。

クセのない声、
尖りすぎず、
強い強烈さもなく、
すぐに覚えられる秀逸なメロディ、
しかもエドならではのオリジナリティがあるという。

じっと聴くも良し、
GMとして流すも良し、
優れたポップス。

世界中で(すごく)売れるわけですねー。

幅広く受け入れられるには
「好かれる」
ことが大切なんですが、
計算してできるわけでもない点が難しく、
エドの才能あってのことです。

多数の他のアーティストに曲を提供しているエドですが、
ほとんどがヒットしています。

人に提供する曲は基本的に、
「捨て曲」(失礼!)
なんでしょうけど、それでもヒットするのがすごい。

ということで(?)
私も繰り返し流して聞いています。

以前のアルバムも頻繁に聞いていますから、
飽きないって、すごいですね。

私的には今年のベストはこのアルバムで決まり!



 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-03-22 09:16 | music | Comments(0)

『MORNING PHASE』(by BECK)

b0122502_1648322.jpg

あちこちで満開の桜を見かけます。

春ですね〜。


さて、そんな春にふさわしい音楽をひとつ。

BECK(ベック)の「MORNING PHASE」です。
b0122502_9315654.jpg


BECKといえば、日本映画に同タイトルのものがありましたが、

タイトルの由来は、このBECKかららしいです。



久しぶりの復活で、グラミー賞(年間最優秀アルバム)を取りました。

授賞式の画像がこちら。↓
b0122502_9334148.jpg

余談ですが、BECKが着用している洋服は、

サンローランのもので、デザイナーはエディ・スリマン。

BECKは、以前サンローランのモデルも務めたことがあるみたいですね。

本人のスタイルもいいけど、

フツーに見えて、めちゃくちゃ素材とお仕立てが良さそうなものばかり。

特に色合わせがステキ。

さすがはサンローラン!

またまた余談ですが、

受賞式当日に起きたちょっとしたハプニングに対する

BECKの大人な対応も話題になりましたね。

インテリジェンスがあって素敵な人だなあ。



で、肝心のアルバムですが、

これは本当に素晴らしい出来栄え⭐️

実は、以前からBECKのことは知っていましたが、

なんだか、いわゆる本当の音楽ファン向けで難しそう・・・

アッチのの世界?へ行ってそう・・・・・

と勝手にイメージしていたため、

今回初めてちゃんと聞いた次第です。



「再生」

をイメージさせる美しい世界が全編を通して広がっていて

何度でも繰り返し聴きたくなるアルバムです。



むろん、コアなファンにはより深い意味で分かるはずですけど、

ミーハーな私でさえ、

確かな音楽性に裏打ちされた世界観、

後に引かない(重くない)憂い、

澄んだ品格、希望を感じる明るさ、

繰り返し聞いても飽きない。


今回の復活までに闘病などいろいろあったようですが、

悲しみ、苦しみ、辛さ・・・これらダイレクトに音楽に反映させるのではなく、

静かに底辺に沈ませ、

高い音楽性を維持しつつポピュラーに仕上げる、

って、相当の腕前と才能だと思います。

深いけど深すぎず、仰々しくもない。

個人的には、エンディングがカッコ良くて好きです。


BECKってすごい!


もっと早く聞けばよかった・・・・・。



というわけで、DEEPな音楽ファンでなくともOK、

休日の朝にオススメのアルバムです。






エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2015-04-04 09:34 | music | Comments(2)
b0122502_1648322.jpg

このところ、小雨がちな日が多いですね。

一雨ごとに春に血近づいているのかもしれません。

こんな日にオススメのCDです。

エド・シーランの「X」(エックス)。
b0122502_963048.jpg

エドの美しい声に彩られたポップアルバムとして楽しめる一枚です。

どこかもの悲しさが漂うのはUKポップらしいなと思います。

エドは、ソングライターとしても活躍していて、

1D(ワンダイレクション)他にも素敵な曲を提供しています。

1Dの最新アルバム「FOUR」の中で私の一番のお気に入りが、

「18」で、クレジットを見るとエド・シーランの曲でした。

残念ながら受賞はなりませんでしたが

先月発表されたグラミー賞の年間優秀アルバムにも

ノミネートされていましたね。

個人的には、ラストナンバーの「Afire love」がお気に入り。

重過ぎず、軽過ぎず、繊細だけどセンチメンタルになり過ぎず、陰鬱過ぎない・・・・・

のが、雨の日に聞くには丁度いいかと。

上質なポップアルバムです。

ドライブミューシックとしてもいい感じですよ。






エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2015-03-07 09:08 | music | Comments(0)

『”Chanderier”by Sia』

b0122502_1648322.jpg


皆様、新年明けましておめでとうございます。

2015年が始まりましたね。

皆様にとって、良い年でありますように!

新年は、八本松も雪でした。
b0122502_131918100.jpg



さて、本当は明日(1月5日)に新年最初の更新を

する予定でしたが、明日がちょっと難しそうなので

1日前倒しで失礼致します。


ミーハーブログらしい?ネタをお届けします。

お休み中に注文していたCDが届きました。

「Sia(シーア)」のアルバム"1000 FORMS OF FEAR"です。
b0122502_1310489.jpg

オーストラリア出身のシンガーソングライターのシ−ア(女性)は

去年(2014年)、「Chanderier(シャンデリア)」という曲が

大ヒットし、グラミー賞にもノミネートされています。

この曲は、私が2014年で最も好きだった曲です。

ハイム姉妹と同じく、とにかく彼女のセンスが大好きなのですが、

繊細でいてカッコイイ、でオシャレ。

元々、ソングライターとして多数のアーティストに曲を提供していたようですね。



今日、ご紹介したい本命は、

彼女のCD(捨て曲なしの素晴らしい仕上がり!)・・・ではなく、

(いや、このアルバムも超オススメですよ!)

世界中でものすごい評判となった「Chanderier のMV」です。

こちら→(シャンデリア:オフィシャルMV youtube

再生回数が4億2千5百万回(!!)を超えるのも納得の中身で、

ネット上でも超話題になったわけは・・・・・

美少女ダンサー「マディ・ジーグラー」ちゃんの

驚異的なダンス!

当時、11歳だったそうですが、

いや〜〜〜〜、目が釘付けどころか

私は目が点になったままポカーンと見入ってしまいました。


超殺風景な室内にマディちゃんが登場するところから始まって、

(ビックリの衣装にもご注目!)

最後まで一瞬たりとも目が離せません。

シーアも曲も文句無しにカッコいいけど、

それらをぶっ飛ばす?マディちゃんのダンスが凄すぎるっ!

個人的には、ムンクの絵をモチーフにしたのかな〜?と思われる部屋ですが、

ちゃんと、部屋の片隅に暖房用ヒーターがあるところがいいですね。(笑)

せつなく胸が締めるけられるようなラストも最高っ!



マディちゃんのダンスが驚異的な点は、

ただ、11歳の美少女が可愛く踊っているのと全く違う

ものすごいダンスのテクニックと

振り付け、表情、すべての表現力。

カメラワークも素晴らしい。



シーアがグラミーで曲を披露するのかどうかわかりませんが、

(なんでも、シーアって有名になりたくないらしい。)

マディちゃんも登場してくれるかな?

楽しみです⭐️


では、今年もよろしくお願いします!




エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2015-01-04 13:29 | music | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

蒸し暑い日は、

サラリとジャズを。
b0122502_9165130.jpg

先日伺った、参創ハウテックの清水社長の山荘で流れていたBGMです。

ステキだったので早速購入!

明日から「檪」でもデビューの予定です☆




エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2014-07-18 09:16 | music | Comments(4)
b0122502_1648322.jpg

GWも終盤ですね。

小雨模様のお天気ですが、午後からは上がるそうです。

FF最終日でもあるので天気の持ち直しに期待してます。

さて、今日はスタッフがほとんどGW休暇のため

事務所は社長と私のオジサン&オバサンしかいません。

あ、あとカメキチもいます。

社長は、現場確認に行ってしまったので今事務所は私だけ

ということもあって、BGMに「COLDPLAY」を流してます。

コールドプレイと言えば、5月19日(日本版は21日)に新しいアルバムが

出ますね。

新しいアルバム「Ghost Stories」↓(怪談?)
b0122502_1081336.jpg

ダークブルーの海と星空、浮かぶ天使の翼?のコントラストが素敵です。

先立ってリリースされた新譜を早速youtubeで視聴しましたが、

いや~、いいですねー!

広がる空間を感じさせる音作り、透明感と華やかさも変わらず、

より一層増した感があります。

コールドプレイは世界でも指折りの有名バンドかと思いますが

売れてくるとありがちな、実験的でよく分からない世界へ行ってしまう・・・

ようにならないことを切に願ってましたが、

新しいアルバムはそう(行っちゃった)ではなさそうな感じです。

ここまでBIGになると、リスナーの期待もさらに大きく、

前回を上回る音作りを要求されるプレッシャーは相当でしょうし、

ミーハーもOKなポピュラーさ華やかさも失わず、

うるさ型も納得させる高い音楽性のアルバムを作るって

大変だろうなぁと思いつつ、でも、やはり期待してしまいます!

さすがは大御所、6本だけ!予定されているワールドツアーで

日本(東京)にも来るみたいですね。

行けそうにないので残念ですが、

一度はライブを見たいバンドでもあります。






エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2014-05-05 09:46 | music | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

今年(2013年)一番!の出来っ!!
b0122502_9422770.jpg

『MIDNIGHT MEMORIES』

11月27日にリリースされた

大好きな、ワンダイレクションの3Dアルバムです。

いや、スゴイですよ!!

彼らはやはりイギリスのグループだ!を思い知らされる

ロックスピリットが充溢した素晴らしい出来です。

1Dと言えば、世界一(と言って過言でないと)の

ボーイズアイドルグループ。

踊らない、演奏しない、ちゃんと歌いきる、でも有名です。

単にチャライ奴らと思われがちですが

(いや、そのチャラさも好きだけど。(笑))

これは聞いてビックリ仰天!

一歩大人になった彼らの長足の進歩が形になっています。

今年の過酷なワールドツアー中(!)にトレーニングを重ね

肉体改造?にも取り組んでいたらしく、

確かに、外見もすっかりたくましくなってます。

アイドルとしてだけでなく、

ボーカルグループとして攻めの姿勢で作り上げましたね。

私は、14曲目ラストナンバーの

「BETTER THAN WORDS」

が超お気に入り!

ロックのテイストといい、彼らのヴォーカルも最高☆

ラストナンバーにバラードではなく、こういう曲を持ってくる

センスもいいっ!!

ハリー(大ファンです。(笑))が曲作りに参加した、8曲目の

「HAPPILY」

も素晴らしいっ!

超ハードスケジュールの中、よくこれだけ進化したなー、

と、素直に感動しました。

前2作に溢れていた「ウキウキHAPPさ」は姿を変えて表現され、

同じクラスに居るカッコ良くて面白くて歌が上手いヤツ

という親近感あるスターから、

ある意味ガールズファンを裏切るリスクを取って、

大人へ変化し、明らかに進化した1D。

やっぱり、彼らはスゴイ!カッコいい!!

彼らだけが持つ強烈な「華」(←これがないとスターではない。)

もよりいっそう輝いてます☆

攻めの姿勢が、ホントカッコいいなあ。

ますます彼らの大ファンになりました!!

今年もいろいろなアーティストのアルバムを聴きましたが

私的には、これが最高でした。

ロックがお好きな方はおススメです☆






エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-11-30 09:40 | music | Comments(2)
b0122502_1648322.jpg

今日の上棟予定が延期となり、

建築はやはり天候、自然の影響が大きいなあ、と

つくづく感じております。

さて、そんな秋雨に相応しいCDのご紹介です。

(前回の、1Dと違ってミーハー度は落ちます。)

「IN A PERFECT WORLD」(KODA LINE)
b0122502_11103423.jpg

ご覧のとおり、ジャケットの写真がステキです。

そこから入ったようなもんですが

(やっぱり、ジャケット写真って大切ですね。)

KODA LINE(コーダライン)はアイルランドのグループです。

Amazonのレビューで、

「U2やコールドプレイのような壮大な音楽空間。」

とあったのも購入のきっかけです。

早速聞いてみたら・・・・・

おおー!確かにそんな感じ!!?

だけど、その2つより透明感があって声もメロディも美しい。

「そうそう、私が聞きたかったのはこういう世界!」

が、感想です。

自分で音(と音が作り出す世界)を作り出せない私は、

好みの傾向はあっても、どういう音楽を求めているのか

実は聞いてみなきゃ分からない、

これこれこういう音楽が聞きたいんですけど、

と希望してズバリそのものでも、

う~~ん、やっぱりつまらない(と思う)。

何故なら、音楽のプロではない私が予想する世界など

所詮、自分が知っているものの中であって、つまんないわけです。

うわー、こんな世界があったのか、とか、

今回のように、そうそうこれよ!などが聞きたいわけですね。

これはドライブのBGMとしても、じっくり聞くのもOK。

心地良いステキなアルバムです。

あえて、言うならば・・・・・

コールドプレイやU2にあって、KODA LINEに不足しているかも?

は、

”華”

でしょうかね?

まだまだこれからのグループなので、期待してます!







エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-10-11 11:10 | music | Comments(0)
b0122502_1648322.jpg

ミーハーネタで失礼致します。<(_ _)>

ミーハーを名乗るからには、外せないよねー、

と前から思っていた、

1D こと、”ワンダイレクション”。

世界中で超大人気のためご存知の方も多いかと思いますが

これまでの総売り上げは、はCDやDVDを合わせて3200万枚!(驚!)

の驚異的な売り上げで、世界62か国?で№1を獲得した(らしい)

スーパーアイドル5人組ですね。

日本でも、さほどプロモーションはしてないと思いますが、

80万枚を突破したそうです。

ということで、遅ればせながらセカンドCDをGET!↓
b0122502_18441621.jpg

早速聞いてみました。

いやーーーーーー!!

いいっ!!!!!(笑)

どんなチャラい(チャラいけど)音楽なんだろうかと

想像していたら、

HAPPY!ウキウキ!!☆な曲ばかりです。

楽しい☆

いわゆる、キャッチ―なメロディなんですが、

音自体はプロフェッショナルな作りと感じました。

プロデューサーがキチンと狙いを定めて音作りをしてますね。

なので、狙いの10代Girlsだけでなくオバサンもすごく楽しめますんで

これは、世界中で超人気もナットクです。

もし、私が10代だったら、大ファンになってましたね。(笑)

私の一押しメンバーは、やはり?「ハリー・スタイルズ」。

11月にはいよいよ日本でも初公演が決まってますね。

これだけ超人気なんですが、いきなりドームとかでなく

幕張メッセってところが、好感度大!

ダンスをしないアイドル、1D。

イイネ!☆です。








エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-10-05 18:45 | music | Comments(2)
b0122502_1648322.jpg

昨日から、ちょっと蒸し暑いですね。

台風20号が近づいているためかもしれません。

秋の空気になると、夏とは違った音楽が

聞きたくなりますね。

といいながら・・・・・

そこで、今回はおススメ盤ではなく

GETしたもののワタシ的にはイマイチだったなー、

を2枚ご紹介します。
b0122502_9235450.jpg

左右共に(私として)イマイチだった一番の理由は

「センスが良すぎる。」

に尽きます。(笑)

多分、私が本当の音楽ファンじゃないからなんでしょうが

左はセンス良過ぎに加え、30分ちょっとした入っておらず

「短っ?!」

です。

右は、ほぼジャケ買いしたと言っていいのですが、

上手過ぎ、都会的過ぎ、こなれ過ぎ、洗練され過ぎでした。

余計なお世話と思いつつ、ミュージシャンも大変だな~と感じるのは、

粗削りでデビューし、売れ(成功し)、

徐々に上手くなり、ある一定以上のレベルに達してしまうと

粗野な部分が減り、破綻することはなくなりますが、

ある種の”輝き”のようなものが影を潜めてしまう・・・

気がします。

下手であり続けることを良しとするわけではなくて、

角を残しつつ洗練され過ぎず、パワーアップして行く

難しさを感じます。

一度作ったものをものを壊していくしかないのでしょうけど、

実は、これって建築の世界にも共通する事だと思うのですが、

一定のスタイルを確立し、評価されると

なかなかそれを壊して次に進みづらいんですよね。

ただ、

「自らスタイルを作るものだけが、それを壊して次へ進める。」

ことは、音楽も建築も同じ・・・じゃないかしらん

と思います。

また、アタリ!を求めてみまーす。







エヌテックのホームページ・イベント情報 ← はこちらから!
by ntecj-yoko | 2013-09-22 09:30 | music | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31