2017年 09月 13日 ( 1 )

カシミアと家の断熱。

b0122502_1221144.jpg
朝晩はめっきり秋めいてきましたね。

日中は残暑がありますが、
それでも夏は終わったな・・・を実感します。


街に出ると、ショップのウインドーはとっくに秋物になっており
暑さが残った時点ではその気になれませんでしたが(笑)
そろそろ、気分的にも秋冬物ですね。


私の冬のワードローブは、
比較的薄いセーターが多いです。

コートやジャケットを羽織るので、
厚手のセーターはモコモコとしてスムーズでなく
また、日常的な動作においても薄い方が動きやすいです。


そこで、ヘビロテ(愛用)しているのは
「カシミア」
のセーターとカーディガンです。


薄くても暖かさが抜群、
軽くて肩コリとも無縁、
一度着ると他に手が伸びません。


しかし、ネックなのは、
「価格」
と、
「お手入れのしにくさ」
でしょうか。


最近、ユニクロ効果かカシミアもお手頃価格で出ていますね。


その価格差って何なのかな?
ですけど、
実際に手に取ってみると分かりますが、


まず、厚さ、
そして手触り=肌触り、
が違いますね。


高級品は、ふんわりと柔らかく、そして薄い。


なので、扱いがしやすい。
(着た時動きやすい)


家の断熱気密も同様です。
素材というより、
着た時=住んだ時の快適性が違います。


セーターが着てその温かさの違いが分かるように、
家も住めば住むほど、
温度ムラの無い快適さを実感頂けるでしょう。


”ふんわりと優しい温かさ、さらりと肌に優しい涼しさ”


単に暖かけりゃいい、であれば
高価なカシミアでなくても、重ね着すれば大丈夫。
(もこもこ、ごわごわ、動きにくく肩がこるかも?)



あと、一番違うのは


「気分」


ではないでしょうか?


良質な素材を使ったカシミアであれば、
実際に温かいだけでなく、見た目の質感も違います。


きちんとしっかり断熱気密がされている家であれば、
家全体での快適の質が違う上に(ストレスが格段に違う)、
省エネにもなるというおまけも付き、
そんな他にない快適な家に住んでいることって、
満足度が高いんですよ。
(ちょっと自慢も出来ますしね。←ここ意外と大事)


ストールもマフラーも、キャップも、
一度カシミア素材を使うと、
もう他のニット系は、肌触り、温かさ・・・
違和感があって使えなくなりますねー。


今年は、ヘビロテでくたびれてきたセーターを
薄くて軽いものに新調する予定です。


<おまけ>
メイドインジャパンの工場直結ブランドである
ファクトリエで、熊本の復興支援チャリティーがあります。


b0122502_11125992.jpg
素材も厳選されており、デザイン性も高い!
いいっ!!
(お値段もそこそこいいですが!)

セーターかワンピースが欲しい!

ストールもいい!(笑)



 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-09-13 11:14 | 特別な家作り | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31