2017年 09月 09日 ( 1 )

b0122502_1221144.jpg


一昨日の雨天から、
昨日はいいお天気、

今日は週末でお出かけの方も多いかと思います。
天気が大きく崩れることはなさそうですから
アウトドアも楽しめそうですね。



さて、一昨日、昨日と

「断熱・気密」

の施工指導をお願いし、初心に帰ってイチからやりました!


参加して頂いた皆さん、お疲れさまでした!
また、有難うございました!


常々、エヌテックで断熱気密には力を入れてやっていたつもりでしたが、
エンネでは、
より高い次元での快適性を目指し、
より高い性能を求めて行くにあたり
断熱・気密のあり方、施工方法を一から見直すことにしました。


2日間に渡って、
あらためての断熱気密の”大切さ”と



何故ここまでやる必要があるのか


の意味を、
実際に施工を手掛ける大工さんに理解してもらう必要があります。


施工における注意点と、入れ方のコツから指導がスタート。


b0122502_10021949.jpg

参加して下さった大工さんたちも、
分かっていたようで、
実は分かっていなかったんだなあと、
予想以上に丁寧さ、細かさが求められることに
最初は戸惑いながら・・・も、


b0122502_10022322.jpg

そこはさすがプロ!
あっという間にコツを会得し
慣れてくると、作業が早い!


この度、断熱材として選択したのは


「高性能グラスウール24K 120mm厚(壁用)」(熱伝導率 0.036)です。

b0122502_10083196.jpg

実物を触ってみればわかりますが、
相当な密度で自立するほどしっかりしています。


エンネでは、120mm角(4寸)を標準採用しているため
柱の径である


120mm全部に断熱材を隙間なく充填


します。


入れ方にコツがあり
それをきちっと守って”正しく”施工することで
本来持っている断熱性の十分な発揮と、
長い時間の形状の保全が確保できるわけです。


教えて頂かなければ分からないことってありますね!


地道な作業の連続ではありますが、
作業の効率性を高めるためには
道具の選定と
使い方も重要なポイントです。

これも一から教えて頂きました。

b0122502_10022639.jpg


もちろん、私も完全装備でやりました!


自分でやってみると、職人さんの仕事を改めて尊敬します。


ひとつひとつ丁寧に施工された断熱材は、壮観!

b0122502_10075495.jpg

b0122502_10080620.jpg


次の日は、断熱と同じく非常に重要な
「気密」
の施工の実施です!



続きます。





 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-09-09 10:19 | 特別な家作り | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko