2017年 08月 31日 ( 1 )

贅沢な暮らし。その3

b0122502_1221144.jpg
昨晩から今朝にかけて、
涼しかったですね。

特に今朝は、窓を開けて外気を取り入れたら
室内の湿度がぐっと下がりました。

郊外の住宅地という立地条件もあろうかと思いますが、
空気が乾燥して来ました。

午後も風があって、急に随分凌ぎやすくなったなー、
です。

関東では台風の接近によって豪雨となっているところもあるようです。
どうぞご注意下さいませ。



今日は午後から「.38」の現場に断熱材メーカーさんにお越し頂きました。

b0122502_15121952.jpg
↑”SE構法”の現場シート


施工した断熱・気密部分についてチェックをお願いしました。

本気で高性能で超快適な家づくりに取り組むにあたって、

断熱気密は本丸、
一丁目一番地
、です。


ほとんど合格を頂きましたが、
少し手直しをした方がいい部分もあったため
その適切な方法を教えて頂き、これでバッチリOK!


「.38」
で私が選択した断熱材は、
「MAG 高性能GW(グラスウール)16K」
です。

未だにネガティブ情報もあるGWですが、
総合的に検討して選びました。


何度も書いているように、
断熱材に求めるものは、「結果」です。


一番の目的である温熱、
(GWのいい点は、”増やして行く”のが容易な点もあります)
火災の事、
シロアリの事、
防音効果の事、
長年の使用に耐えうる素材であるかどうか。


パーフェクト!という断熱材は存在していません。


どれも一長一短があります。

目的達成のためにはどこを”長”として評価し、
”短”=欠点をどう克服するか、
が重要です。


もちろん、コスト=費用対効果も重要です。


上に書いた克服すべき点は、
安心して家で暮らしを楽しむための
地味ながら裏付けとなる重要な事ばかり。


だから、選ぶ時も慎重に、
そして正しい施工をしっかりとやることが大切です。


現場監督はむろんのこと、
そして
主に断熱施工を担当するのは大工さんですが、
職人さんたちに断熱工事のやり方を理解してもらい
正しく施工をしてもらってこそ、
狙った結果が出るのです。


「丁寧確実に段階を踏む」

ことが大事です。



ストレスフリーな贅沢空間
は、問題意識を持つことから始まって
問題克服のための地道な作業によって作られます。





 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-08-31 15:37 | 特別な家作り | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko