2017年 08月 27日 ( 1 )

b0122502_1221144.jpg

今朝、目が覚めたら涼しいじゃないですか!
というか、肌寒いほどでした。

アメダスで確認すると、

b0122502_09115695.png


午前6時で約18℃だったんですね。
もう秋の空気が張ってきているのかしらん?
と思ったほど。

予報では、今日の最高気温が広島市内で33℃とのこと。

が、徐々に湿度が下がってきているので
季節は確実に秋に向かっているようですね。

冷房不要の季節まであと少し!
ですね。


7月に訪れたイタリアは、強烈な熱波におそわれて
ものすごい暑さでしたが、
どうやらヨーロッパ戦隊が同じだったみたいですね。

ヨーロッパで少し北の地域でも同様だったそうで、
エアコンがない(!)住宅も多く灼熱地獄だったらしいです・・・。



日本の西日本の高温多湿の暮らす私たちには、
エアコン冷房は当たり前ですが、
同じく、暖房も必須ですね。


そんな必須設備である冷暖房について、
昨日、上棟を迎えた

「KM5」
は、躯体と主な設備はこんな仕様になっています。

① 構造 : SE構法(耐震等級3)

② 全館空調 : 第1種換気システム(全熱交換型)+エアコン(アメニティタイプ)

③ エネルギー : オール電化(給湯はエコキュート)


「.38」
は、

①、③は同じで

② 第1種換気システム(全熱交換型)+エアコン(ルームタイプ)

の、「機種選定」を変えています。
第1種換気であることは同じです。


これは居住される方のライフスタイルによる家のプランの違い、
によって選択しているからです。


具体的には、

個室化された場合と、
ほぼ一室空間の違い

です。


単一のシステムが全てではなく、
家の計画が住まう人の暮らしのスタイルによって
違うように、
暖冷房のあり方も適切に選択してご提案します。


リフォームの場合、
ご新築の場合、
2階建、3階建の場合と、平家の場合でも
選択肢が変わってきます。


冷暖房は暮らしに不可欠である以上、
どういう選択をするかが大切です。


これしかない!
ではなく、
いくつかの選択肢の中で暮らしのあり方によって最適なものをチョイスすること
をお勧め致します。




 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-08-27 09:36 | 特別な家作り | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko