2017年 08月 24日 ( 1 )

性能は、身体。その2

b0122502_1221144.jpg



今日もいいお天気!
最高気温の予想も、広島市で35℃!と、
8月下旬になっても、猛暑が続きます。

気持ち的には、もうすぐ9月なんだからちょっとは涼しくなるはず・・・
なんですが、
まだまだそうはいかないようですね。

特に、外にお出かけの方は
引き続き高温に気を付けて下さいませ。



外がこう暑いと、
ついつい、冷たい水分を取りすぎて体調を崩されている方も
多いのではないでしょうか?


家ももちろん、外気温の影響を受けています。

熱は「高い方から低い方へ移動する」性質があり
外壁、屋根、窓など、
外部に接している部分から室内へ熱が侵入して来ます。



b0122502_09075387.jpg
こんな感じですね。↑
右が夏の図です。

暑くなると、エアコン(冷房)で冷やすわけですが、
外から侵入する熱の量と
室温の差が大きいほど冷やすのにエネルギーを消費します。


現場の大工さんや、板金屋さん、給排水屋さん、基礎屋さんなど
外仕事の職人さんたちは、夏は


「長袖」


を着用して(外で)仕事をされています。
ずっと以前、この暑いのに大丈夫ですか?と聞いたところ、


「この方がいいから。」


とのことでした。
今となっては、当たり前ですが
日射を素肌に当てないようにしているわけです。

b0122502_09260363.jpg


長袖着用で高温+強い日射の中的確に仕事をされる大工さん。↑
頭が下がります。


家の外周部を身体と考えると
「外で熱をシャットアウトしてやる」
ことは、人と同じです。


最大の弱点である、「窓」

表面積が最も多い、「外壁」

直下に熱を受ける、「屋根」


生身の身体を長袖で守るように、
室内を守るために
これらを日射から防御してあげる必要があるのです。





 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-08-24 09:30 | 特別な家作り | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko