2017年 08月 02日 ( 1 )

怠け者の家。その2

b0122502_1221144.jpg
曇りがちで蒸し暑い日が多かった7月ですが
8月に入った昨日から、
快晴ですね。

気温が高く
暑いのには変わりありませんが。(笑)

セミの鳴き声を聞きつつこれを書いています。


さて、前回の続きです。

モノを減らすと、
片付けるモノが減るため、
自然と出し入れの作業自体が減ります。

よって、
「ああ、片付けなきゃ・・・」
のストレスも軽減されますね。


特に、この猛暑の中汗をかきつつ片付けとか、
ホント、勘弁してほしい、
わけです。

ちょっとでも日々楽をしたいと考えた時、
モノを減らすのは一つの選択肢だと思うわけです。

床にモノがなけりゃ、掃除もしやすいので、
キレイをキープするのも楽、と。


ただし、個人のライフスタイルや
ご家族の事情によりそうもいかないケースもあります。
そんな時は、収納方法を考える必要が有ります。


基本的には、


シンプル、
スッキリ、
&ビューティフル


で、
家の中での余計なストレスをなくし、
気楽に暮らしそのものを楽しんで頂きたいわけです。


前にも書きましたが、
「とにかく収納をたくさん作ってください」
のご要望は、すなわち


「美しく暮らしたい」


ということですね。

みなさん、片付いていないモノが視界に入ることを
よしとされていないわけです。


もしかしたら、
自分の許容範囲を超えるモノの量による原因であれば
お住いを新しくする機会は絶好のチャンス。


必要量を見極めるか、
収納のあり方を注意深く検討するか、


です。


特に、
40代〜50代の方がお住いをリニューアルされる場合、
ここが最後のチャンス!くらいの気持ちを持って頂きたいですね。


片付けには
モノの選別、
配置の検討、
実際の処分、
などなど、
体力気力が不可欠。


しかも、
その結果清々しい暮らしが手に入るとわかっていても
作業自体は楽しいこととは言えず
場合によっては不機嫌を誘発してしまいます。


今あるモノの素文だけでなく、
新しくする際には
「捨てる面倒」
も、考慮すべきですね。


イマドキ、大型になるほど捨てる際に面倒であることは
よくご存知かと思います。


片付いた空間で
気分がスッキリするのは本当ですが、
高尚な精神論や
運気が上向く(と嬉しいですけど、笑)
からではなく




マメに片付けをしたいわけじゃない。
やらなきゃいけないからやるだけ。
本当は面倒くさい。
楽ができるモノならそうしたい。
その時間をできるならダラダラ好きに過ごしたい。
(怠け者の本音)




新築やリフォームのタイミングを
長く続くその後のために
ぜひ有効に活かして頂きたいと思うわけです。




 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-08-02 09:24 | 特別な家作り | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko