ご存知ですか?(ホコリを溜めない方法)

b0122502_1221144.jpg
雨も上がって一安心です。

昨日は終日気温が上がらず、
ついに?キルティングのコートを着用しました。

コートはラベンハムのものですけど、
暖かくて何より軽い!

長時間着る場合は特に、”軽い”ってホントに大事です。

余談ですが、BAGもそうですけど、
とにかく軽いは重要なキーワードです。



さて、そろそろ仕上げ段階に入った

「KM5」(安佐北区)

です。


b0122502_08102358.jpg

逆光で見えにくいのが残念ですが、
外壁材として
ダークブラウンの”タテハゼガルバリウム”を採用して頂いておりいます。

一部下地が見えている部分は、
杉板を張ります。


APW430(トリプルガラス+アルゴンガス+Low-eガラス)に
青空がくっきりと映っていますね。


内部は木工事が最終段階です。
いろいろとややこしいことをお願いしており、
すみません!!


そのややこしいことのひとつが、こちら。↓


b0122502_08141310.jpg

この写真は、KM5でしゃなく、
私の自宅です。


右は枠※があり、
左は枠がありません。

※枠 = 建具や空間のふち(木口)を囲うもの


えー、この写真で
何が言いたいかと言いますと
お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、


右は枠の上にホコリがたまり、
左は枠がないのでたまりません。




KM5では、窓・建具の枠をなくし(一部は壁をふかすやり方)
手が届きにくいところに


そもそもホコリがたまらない作り


にしました。


「.38」


も、同様の納まり(おさまり)になっています。


美しく暮らして頂くことは
ストレスを減らすこと。


という想いがあります。


枠、桟(障子が代表的)、棚の上・・・
どうしたってホコリは知らず知らず積もるもの、


掃除がしやすい床と違って
建具の上となると、2メートルはありますからね・・・。


また、建築としても、
「視界に入る線を減らす」
事に繋がって、
すっきりシンプルにまとまります。


傷がつくんじゃないの?


はい、傷は木製だろうが、クロスだろうが
リスクは変わりません。


傷を避けるより、
補修が出来ること、



が大切です。


ああ、掃除しなくちゃ・・・
と、悩ましく感じることを少しでも減らしておくこと。


何せ、家とのおつきあいは
とっても長いのです。


しかし、
大工さんとクロス屋さんにはかなりの手間暇をかけてしまい
ちょっぴり申し訳なく思ってます・・・。


「.38」の金坂棟梁、
「KM5」の川口棟梁、
クロスを担当して下さる長尾さん、


面倒をお掛けしました。
丁寧なお仕事を本当に有難うございます。
m(__)m




<お知らせ>

スタジオエンネのHPが 2017年10月17日(火)OPEN!しました!


<インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

by ntecj-yoko | 2017-11-19 08:30 | 特別な家作り | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31