快適は建築から。その1

b0122502_1221144.jpg
蒸し暑い日が続きますね。

暑いだけでも、うわ〜・・・なのですが、
それに加えて湿度の高さで、ぐったりです。

お店などに入ると今度は冷房の効き過ぎで
肌寒かったり、
冬より夏の方が快適コントロールは難しいですね。


さて、先日の土曜日に上棟した
「.38」
は、南側の壁面を後退させた形になっています。

b0122502_08540513.jpg

東西の側面を張り出して日射を遮ろうという計画です。

南の軒(屋根部分)も同サイズで張り出しており
高度が高くなる真夏の日射を防ぎます。


この蒸し暑い季節に欠かせない”冷房”ですが、
効率よく(省エネ)、
しかも、不快感少なく涼を得ようとすると


「先ずは建築から」


が必須です。


高温になった外気(地面などからの輻射熱も含む)を室内に入れず、
設備が作り出す涼しさを”満遍なく”行き渡らせるには、


躯体(屋根・窓)、
をしっかりと作ることが大前提です。


それに加えて、換気による熱のロスを最小限にすること。


これもまた必須です。


せっせと冷房しても、
換気による排気と外気導入で
涼しい空気を捨て、高温高湿度の外気が入ってきてしまうでは
快適さもエネルギー的にも無駄が多すぎます。


高性能住宅が北のレアな存在だった頃からすると、
今は違います。


進化した多様な設備機器もあります。


住まうご家族の暮らし方やお好みで
チョイスが可能になり間ました。


しかし、くどいですが、
素晴らしい設備も建築が高性能であることが必須。



快適は建築の形から、です。




 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

# by ntecj-yoko | 2017-07-24 09:06 | 特別な家作り | Comments(0)

上棟の日。その2

b0122502_1221144.jpg

昨日の上棟の天気予報は、
「曇り夕方から小雨」
でしたが、

午前中は快晴のこれ以上ないお天気でした。

が、午後3時近くなると
空に雲が広がり・・・ポツポツと雨が落ちてきました。

さすがは天気予報?!

土井長の完璧な段取りと、大工さん達の的確な仕事ぶりもあって
雲行きが怪しくなった午後3時には、この状態に。

b0122502_16093074.jpg

予定意通り順調に上棟の一日を終えて、ホッと一息の土井長と大工さんたち。↑


b0122502_16093485.jpg

雨仕舞は完璧です。


幸い、今朝まで天気が大きく崩れることはありませんでしたが、
いつどう変わるか分からない自然への備えは大切ですからね。


やっと形が見えてきました。


これから足場が取れて全体像が現れるまで
着実にひとつひとつ進めていきたいと思います。




 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

# by ntecj-yoko | 2017-07-23 08:00 | 特別な家作り | Comments(0)

祝!上棟!(.38)

b0122502_1221144.jpg

曇りの予報が外れ、
強い日差しがまぶしい、快晴の上棟となりました。

おめでとうございます!

b0122502_13475442.jpg

土井長の万全の前段取りの上に、
大工さんたちの動きが素晴らしく
現場は、予想以上に順調に進みました。

b0122502_13475140.jpg

どんなにデジタル化しても、
現場の最前線は人の手ですね。

毎度のことながら、大工さんたちの仕事には感動します。


SE構法の構造設計担当の設定も素晴らしく、
無駄のない合理的な構造が美しい。

b0122502_13480686.jpg

b0122502_13480307.jpg

お昼は、定評のある「千鳥」さんにお願いしました。

b0122502_13480001.jpg

b0122502_13475753.jpg

社長と、監督の土井長の挨拶です。

二人とも、
この暑さですから体調管理に気を付けながら
やりましょう、の言葉でした。

お施主様にもご挨拶を頂きました。
様々なお心遣いに心から感謝です。
有難うございます。

また、無事の上棟、おめでとうございました。

現場の皆さま、
本当に有難うございます!
今日という日を迎えられ無事に棟が上がったこと、
皆様のお蔭様です。


私は現場を離れましたが
現場作業はまだまだ続行中です。
暑さも続きます。


お互い体調には気を付けつつ
引き続き今後ともよろしくお願い致します!



 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

# by ntecj-yoko | 2017-07-22 14:01 | 特別な家作り | Comments(0)

H様邸訪問、追記。

b0122502_1221144.jpg
明日は、いよいよ「.38」の上棟です。

現場は準備万端。
さすがはトコトンやる派(完璧主義に近い)現場監督、土井長。

b0122502_08534951.jpg

敷地内はシートで覆われ、
雨天でも土がはねない、
ぬかるまない、
材料や職人さんたちの足元を汚さないように、
なっています。

また、すでに搬入された”SE構法”の部材も
ブルーシートできっちり覆われており
これも、いざ様々なアクシデントがあっても大丈夫なように守られています。

私の方も、準備万端。
ちょっとしたサプライズも用意して
上棟という節目が、皆さんにとって良い日になるといいな、
と、考えています。


さてさて、本題のH様邸について追記です。

Hさんとは、同じ業界内ということもあって
同じ(建築)言語で話がサクサク進むため、
ついつい長話になってしまい、
先日も、長居をしてしまいました。

あまりにも空間も温度湿度環境も快適だったため
ストレスがなく
長い時間の滞在が可能だったこともありますけど、

話が楽しかったことも大きいですね。

で、業界が同じであれば話が通じ合えるというわけでもないんです、
これが。

目指すところの方向性が合っていないと
全く話がかみ合わないこともしばしばです。


これまで常識とされている暮らし方に対する疑問、

「本当にそれって良いと思う?」

が、一致することが多いんですよ。

実際、Hさんは自邸で
「いや、この方が良いと思うのでそうやってます。
で、実際こっちの方がいいです。」
を実現されていました。


私は、
”クリーン&ビューティフル”
な暮らしがストレスフリーには不可欠と考えているのですが、

そんな考えは私だけじゃない証に、
片付け本がベストセラーになっていますし、
片付けのプロも大人気ですよね。

そのために収納があるだけでは片手落ち、
日々の家事をどうやって回すか、
は重要なポイントです。


Hさんは、
「いや、今日は人(私のこと)が来られるから
片付けたんですよ。(笑)」
と、おっしゃっていましたが、


ま、それはあるとしても、
キッチンのあり方、
洗濯物のこと、
洗面周りのこと、
トイレの作り方、
ダイニング周辺に何もないこと、
ほぼ、文句のつけようがなかったですね。


b0122502_09164560.jpg

脱衣室に設えられた作り付け収納とその周辺。↑

日常を上手く回すには必須であり、
よく考えられています。


これらがあるから本当のリラックスを得ることが出来ている、
わけです。

もちろん、超高性能躯体に裏付けられて実現している
超快適な温熱環境も不可欠。


現在進行中のエンネのお客様とは、
暮らし方についてほぼ考えが一致しており
Hさんの暮らしはそれが具現化され現在進行形である、わけです。


半歩先を、すでに形にしてあった、
と言って良いと思います。




 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

# by ntecj-yoko | 2017-07-21 09:27 | 特別な家作り | Comments(0)
b0122502_1221144.jpg
梅雨らしさもさほどないまま、
梅雨明けが近い(ような)気がします。

毎日、猛暑が続きますね。

引き続き強い日射、高温にご注意下さいませ。


さて、昨日は大阪に行って来ました。
目的は、超高性能なお住いを”体感する”こと。

大阪の郊外にあるH様邸は某建材関係のスタッフのご自邸です。

ご本人のお仕事のこともあって
高断熱高気密にものすごく詳しく、
机上の空論ではなく本場ドイツにも足を運び勉強を積み重ねるなど
本当の高性能がどういうものであるか、を
身を以て知り尽くした方です。

そんなHさんが、ご自邸を見せて下さるとあって
お言葉に甘えて早速訪問してきました。

主な性能は以下のとおり。

Q値 = 0.96 W/㎡K
Ua値 = 0.34 W/㎡K
C値 = 0.3 ㎠/㎡

30坪弱のコンパクトでスクウェアなお住いです。

b0122502_09161394.jpg
木の外壁が印象的なシンプルで洗練された外観。

昨日の大阪は、午後3時頃には 36.5℃!(温度計での測定)と、
酷暑そのものでしたが、

室内空間は、2階にあるエアコン1台で
26.5℃ 湿度60%(前後)と、快適そのもの。

これは超高断熱高気密の躯体による効果なのですが、
壁からの”輻射熱”がほとんどなく
床から天井までの上下の温度差もほぼ1℃以内と

「足だけが冷える・・・」

冷房の不快感もありませんでした。

エアコン冷房を苦手とする方の
「風がイヤ」
も、弱運転と計画案による工夫(1階にはエアコンなし)
もあってさほどありません。


b0122502_09162417.jpg

ドイツ製の窓(FIX+ドレーキップ)↑

b0122502_09162837.jpg

こちらは内開き窓(外部に日射遮蔽部材あり)↑


b0122502_09171253.jpg

熱交換換気システムの吸気口↑ 適切に配置されています。


b0122502_09170876.jpg

日射遮蔽もバッチリ!↑


「家に居るのが好きなんですよ。」
とHさん。

好きだからこそ、快適に過ごしたい、
だから、快適のあり方にこだわってこういう家にしたんです。

私と同じ考えです!


ペールグレーを基調とした彩度を抑えた色調、
線を極力少なくしたデザイン、
インテリアも素敵です。


素敵な見える部分も、
目に見えない”快適な温熱環境”があってこそ。


「快適さの質の違い」


ですね、結局。


それ(快適さ)をどこまで求めるか、なのですが、
まあ、知ってしまうとこれが欲しくなるわけです。


だって、そりゃもう全然違うんです。


外が酷暑であるにもかかわらず
家中がほぼ
室内は最小限の設備機器で
適温・適度な湿度、
上下の温度差の無い状態、
不快な風を感じない状態、


なんですよね。



超高性能躯体+適切な設備



が実現する
ストレスフリーな室内空間。



夏が苦手な私。
(冬も苦手ですけど。笑)
私がご提案したいのは、これ、これ!!なんですよ。
と、実感。



Hさん、お忙しい中ご自邸を見せて頂き
本当に有難うございました。

長居をしてしまい失礼しました!
ホントに、超!快適でした。




 <インスタグラムを始めました!>

studioenne

です。
良かったらフォローしてくださいね!

# by ntecj-yoko | 2017-07-20 09:37 | 特別な家作り | Comments(0)

設計士yokoが主催する スタジオエンネのブログ


by ntecj-yoko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31